厨房排気の消臭における現場や話題を日本デオドールが更新-1ページ目

サイトマップ
厨房排気消臭の日本デオドール
消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭は日本デオドールにお任せください

1

マンションにある飲食店

当社に寄せられるにおいのご相談。
相変わらず厨房排気に関するものが多いのですが、
中でもマンション1階にある飲食店から増えているように思います。


マンションの住民や近隣の方が不動産に苦情を言うのでしょう。
カレー屋というだけで、不動産から入居を断られるケースもあるようです。


マンションにある飲食店イメージ


ところで、どんなにおい対策があるかご存知ですか?
お店のオーナー様も、設備屋さんもあまりご存知ないと思うので、
ここで一旦おさらいしましょう。


厨房排気はそのまま出さない
換気扇からキッチンのニオイをそのまま出していませんか?
排気に含まれる油分や煙などが徐々に付着し、
その汚れがにおいの原因にもなります。
グリスフィルターや電気集塵機を取り付けましょう。


排気はダクトを通して出す
排気はダクトを通して出し、ニオイの出口をコントロールしましょう。
マンションの屋上や裏側に排気口を設置すれば、
住民から離れた場所にニオイを出すことができます。
(隣にもっと高いマンションがある場合は、そちらへニオイが行かないよう気をつけて!)


すでにあるマンションの場合、
ダクト工事などは難しいかも知れませんが、
こういった設備を整えることでニオイの苦情を抑えることができます。


厨房排気の臭い対策について、
わかり安くまとめた冊子もご用意していますので
興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいね。


(ホームページ担当 小林)


排気ダクトに直付けできる消臭器

厨房排気用消臭器の標準品 DCシリーズ。
その中でもDC-4SⅡはサイズが小さいため、排気ダクトに直付けできる消臭器です。
ダクトとスペースさえあれば、天井内でも屋外でも設置が可能。


厨房排気用消臭器を角ダクトに取り付けたところ
(DC-4SⅡを排気ダクトに取り付けたところ)


↑ このように排気ダクトが角ダクトの場合は、
ダクト側面に消臭器本体をビス止めするだけです。



さて、丸ダクトの場合はどうすればいいか?
通常は消臭器を床置きまたは天吊りして、ダクトまで配管を伸ばして設置します。
(こんな感じ ↓ )

消臭器を床起き設置する場合

ところが丸ダクトに直接取り付けた例もあります。
設置場所が合っていればこんなやり方でもOKですよ。 ↓

丸ダクトに取り付けた厨房排気用消臭器

分かりますか?
丸ダクトの途中に角型チャンバーBOX(オレンジ色の矢印)を用意し、
消臭器はそのBOXに固定しています。
スッキリ設置できていますよね!



吹出ノズルの設置位置

↑ この写真は角型BOXに挿入した吹出ノズル
消臭器を取り付ける前にノズルの位置を確認してください。
(※ダクト中心部にノズルの先端がくるのがベスト!)
消臭剤はココから出てきます。


排気ダクトの何処にどのように消臭器を設置したらよいのか、お店によって様々です。
ブログで紹介する写真や担当者が提出する資料を参考にしつつ、
工事が完了するまでしっかり打ち合わせしましょう。


※DC-4SⅡの標準的な設置方法は、『かんたん設置方法』のページで詳しくご紹介しています。
そちらもご覧くださいね。


(ホームページ担当 小林)


梅雨時は厨房排気も臭う?

5月に入ってにおいのご相談が増えてきました。


特に厨房排気のにおいに関する問い合わせが多く寄せられています。
とんこつラーメン、イタリアン、インド料理。。。
なるほど、よく香る調理臭が多いようです。


暑くなってきて、窓を開けて過ごすご家庭が増えたのでしょうか。
そしてニオイも風と一緒に運ばれて。。。


今の季節は、梅雨の湿気の多さも影響していると思われます。
気温や湿度が上がると、鼻はにおいを感じやすくなるんです。
いつもよりにおいに敏感になっているのかもしれませんね。


梅雨のイメージ
(梅雨時はニオイも気になりやすい・・・)


ならば今だけのこと、「ニオイの苦情が来ても放っておこう」と、思わないでくださいね。
苦情が来たらすぐに対応することが肝心です。


当社の厨房排気用消臭器は、季節に合わせて必要な期間だけ運転ができます。
また、一時期だけ消臭剤を多めにセットするといった使い方も可能。


ニオイ対策にお金なんてかけたくない。。。
これがお店側の本音かもしれません。


でも、においの苦情を放っておくわけにもいきませんよね。
続けられる方法を一緒に考えましょう!

まずはご相談ください。


(ホームページ担当 小林)


お店の入替えで消臭器が必要になったら

数年ぶりに街中の商業施設へ行くと、
お店が入れ替わっていてちょっと驚きました。


衣料品店がスーパーになっていたり、
エスニック料理店が紳士服のお店になっていたり。。。
景色が変わると新鮮で楽しいですよね。


でも、設備の入替えはきっと大変なんだろうな~と思います。
特に今まで厨房設備がなかった場合、
新しいお店が飲食店だったらその辺の設備が新たに必要です。
厨房排気のにおい対策に消臭設備が要るかもしれません。


そんな時は当社にご相談ください。
厨房排気用の中和消臭器は、
排気設備を変更しても後から簡単に取り付けることができます。

先日もペットショップだったお店にイタリアンレストランが入ることになり、
排気のにおい対策としてデオドールのDCシリーズが採用されました。


あっ! すでに当社の消臭器が付いていたら、それも一度ご相談くださいね。
料理の種類や規模が変わると、機種を変更した方が良い場合があります。


(臭気判定士 小林)


厨房排気用消臭器が入荷しました

厨房排気用消臭器のDC-4SⅡ、DC-6SⅡが入荷しました。


消臭器の入荷


当社の消臭器はオリジナルですが、自社工場を持っていませんので、
外部の製作会社に消臭器の製造をお願いしています。


今回は、昨年末からお願いするようになった
新しい製作会社から届きました。
商品管理センターで入荷製品の検査を行います。


取り付け部品の確認、パッキンのはみ出しの補正などを行い、
仕上がり精度を上げていきます。
最後にエアクッションシートで包装して発送に備えます。


これで、いつでも出荷OKです。


大きな機種(VFDシリーズ)はご注文をいただいてからの製作となりますが、
小型の消臭器(DC-シリーズ、DMDシリーズ)は常に在庫を持つようにしています。


お急ぎで臭い対策したい場合も是非相談してくださいね。
機種が合えば、すぐに対応できると思います。


(技術室 田中)


厨房フードと消臭器

飲食店の厨房排気、実はダクトを通じて排気させるのが理想的。
においの問題が起こった時、排気ダクトを延長したり、
排気口の向きを変えることで解決できる場合があるからです。


それでも解決できないときは消臭器の出番となるわけですが、
効果を発揮させるために取り付ける位置も大切です。


排気ダクトのある厨房では、
厨房フード(排気フード)が付いているところが多いと思います。
グリスフィルター付が標準でしょうか。


デオドール中和消臭器の場合、
本体はメンテナンスができる場所ならどこでも構いませんが、
吹出ノズルはグリスフィルターの後に取り付けて欲しいのです。
油煙を除去した排気に消臭剤を挿入しないと、消臭効果を発揮できないからです。


厨房フードと消臭器の位置


また、吹出ノズルの取り付け位置は、上図で言うと①が一番おすすめの個所。
②や③でも構いませんが、消臭剤がダクトに入った後
なるべく曲がりがある方がいいんです。
ダクトの曲がり部分で乱流がおこり、においと消臭剤がよく混ざるんですね。


最後に排気ファンでミキシングされ、消臭反応の仕上げとなります。
(気体の消臭剤なので、排出後も大気中で少しずつにおいを消していきます。)


厨房フードがある飲食店では、それに続くダクトのどこに付ければ
一番効果的か見極める必要があります。
遠方のお店で見に行けない場合、図面や写真をいただき相談に乗っています。
分からないことはどんどん聞いてくださいね。


(ホームページ担当 小林)


もうすぐ展示会

においのブログでも紹介しましたが、日本デオドールは
「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展 2013」に出展いたします。


日時:10月3日
場所:東京国際フォーラム
ブース:生活サービス関連 B-27



実はこの日のために、代表の柿本が冊子を作成したんです。


厨房排気におい対策の冊子作り


冊子作りのセミナーに通ったり、社員も巻き込みながら、
イメージ通り汗をかきかき仕上げました。



内容は、新しく飲食店を出店しようと考えているオーナー様向け。
意外と知られていない「厨房排気のにおい対策」について、
当社の経験から助言できることを精一杯詰め込みました。



限定30冊、早い者勝ち!

地域に溶け込み、長く飲食店を営もうと思っているならば、
ぜひ読んで欲しい一冊です。


展示会は無料。事前登録も必要ありません。


このブログを見たのがご縁かも。
お時間がある方は、どうぞ展示会場まで足をお運びください。


展示会の詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.cgc-tokyo.or.jp/fair/outline.html


(ホームページ担当:小林)


脱臭法その7「消・脱臭剤法」

厨房排気の臭い対策でよく使われる脱臭法。
シリーズ最後は消・脱臭剤法についてご説明します。


⑦「消・脱臭剤法」


消臭剤(脱臭剤)とにおい物質との化学反応や吸着反応によって、
においを除去、または臭質を変化させる方法です。
消臭剤(脱臭剤)をスプレーノズルから噴霧して臭気に混合する噴霧式と、
気化させて混合する気化式に大別できます。


(当社の中和消臭方式は、気化式の消・脱臭剤法に分類されます。)


※また、消臭剤をスクラバーに注入する方法もありますが、
そちらは洗浄法として紹介しました。(洗浄法を参照)


消・脱臭法の仕組み


【メリット】
①装置がシンプルで取り付けが容易
②イニシャルコストが比較的安い
③においが広範囲に広がっても対応できる


【デメリット】
①低濃度のにおい向け(高濃度臭気には不向き)
②消臭剤(脱臭剤)のにおいが問題になることもある
③原臭の発生量が大きく変動すると、対応が困難である



おいしそうなニオイは邪魔

落ち着いた雰囲気の中で講演を聞いたり、ヨガや瞑想したいとき、
おいしそうなにおいが漂ってきたら?
残念!集中できませんよね。


今日は、外から入り込んでくる厨房排気のにおい対策例をご紹介します。


ある宗教法人の施設なんですが、室内に飲食店のにおいが入ってしまい、
礼拝堂に集まった方からクレームが起こっていました。


空調機で取り込んだ外気がにおいの犯人。
備え付けのフィルターではニオイ分子まで取りきれません。


そこで、日本デオドールの登場。
室内用の中和消臭器でまずテスト。「効果あり!」で本設置となりました。


空調機に消臭器を接続
業務用空調機に消臭剤の吹出口を接続しています。
消臭器にもファンがついていますが、空調ファンの吸引力で消臭剤が吸い込まれる仕組みです。


ダクト内で消臭剤が厨房排気のにおいを消臭。
室内に給気されたときにはニオイが改善されています。


消臭器はタイマー運転
タイマー運転で、礼拝堂を使う時間帯だけ稼働中。
消臭剤は香りの残りにくい無香ブレンドを使用しました。


これで厨房排気のにおいに悩まされずに、お祈りに集中できますね!


(名古屋支店)


脱臭法その6「プラズマ脱臭法」

厨房排気の臭い対策でよく使われる脱臭法。
本日はプラズマ脱臭法についてご説明します。


⑥「プラズマ脱臭法」


高電圧放電などにより気体が電離した状態をプラズマといいます。
プラズマでは活性分子、ラジカル、オゾンなどが生成され、
化学的に反応しやすい状態になります。
これらの活性物質により臭気成分を酸化分解する方法がプラズマ脱臭法です。


放電部の後続にオゾン分解触媒を設けますが、
この部分でも臭気の酸化除去反応が期待できます。


排気の湿度が高かったり、放電部が汚れると放電力が弱まるため、
厨房排気では前処理として油煙の除去が必要となります。


プラズマ脱臭法


【メリット】
①活性物質はプラズマ放電で生成するので、薬品や燃料が不要。
②運転操作が簡単。


【デメリット】
①放電部は高額で電気消費量も大きい。
②放電部の定期的洗浄が必要である。
③触媒部の定期的洗浄または交換が必要である。
④引火性ガスが含まれる臭気には使えない。



排気風量はどこで調べる?

いつも厨房排気サイトをご覧いただきありがとうございます。
今までいろんなお客様から、厨房排気の臭い対策についてお問い合わせがありました。
そんな中、次のような質問を時々いただきます。


Q:排気風量が分からないんですが、どうやって調べたらいいのですか?


そこで今日は「自分でも分かる!排気風量の調べ方」をお教えします。


ダクトの排気風量は、排気ファンの性能で決まります。
店舗で使われている排気ファン(あるいは有圧扇・換気扇)の仕様を調べればいいのです。
確認するには大きく分けて二つの方法があります。


①設計図又は機器表から探す
お手元に店舗の設計図あるいは機器表などございますか?
そういった資料には、その店舗で使用している空調・給水設備などの一覧が載っています。
機器表の場合、記号の「EF-1」「EF-2」...で始まる欄をお探し下さい。
※EFで始まる記号は、一般的に排気ファンを表しています。


厨房排気の機器表


EFの記号を見つけたら、続けて書かれている「能力(仕様)」の項目をご確認ください。
ここにファンの排気風量が掲載されています。
時間当たりの風量が書かれている事が多いです。(単位はm3/h、又はCMH)
この数値をそのままご連絡ください。


②排気ファンに付いているシールを確認する
店舗の設計図や機器表なんて見たことないよ!という方もいるでしょう。
そんな時は、実際に使用中の排気ファンをよく観察して下さい。(確認できる場合)
ファンのメーカー、型番、能力などが記載されたシールが貼ってありませんか?
ここに排気風量も書かれているはずです。


排気ダクトのメーカー表


いかがでしたか?
二つの確認方法をご紹介しましたが、これでも分からなかったというお客様は、
遠慮なく当社にご連絡くださいね。
現場にお邪魔するか、お電話でやり取りしながら対応いたしますのでご安心を!


(ホームページ担当:小林)


脱臭法その5 「生物脱臭法」

飲食店のにおい対策でよく使われる脱臭法のうち、
今日は生物脱臭法をご紹介します。


④「生物脱臭法」


微生物により臭気成分を無臭物質に分解する方法。
厨房排気には、微生物が付いている固体に臭気を通過させる充填塔式や、
微生物を含む液体を臭気にスプレーするスクラバー塔式などが用いられます。


生物脱臭法は、水に吸収されやすく生物分解しやすい臭気向け。
飲食店の厨房排気の他、食品加工工場、生ごみ処理のにおいにも適していると言われます。


生物分解法イメージ


【メリット】
①定期的に微生物の補充が必要だが、長期間の使用が可能
②スクラバー式は、粉じん・ミストを含む臭気も処理できる


【デメリット】
①湿度・栄養剤などの管理が必要
②装置および設置面積が大きい
③排水処理が必要



カレーの臭い

においのご相談で最近多いのが、カレー屋さんのニオイ。
特に本場のインドカレーなどを扱うお店から増えています。


オーナー様やコックさんもインド周辺出身の方だと、
カレー臭で人に迷惑をかけるとは思いもよらず、対応が後手に回るようです。
(味噌汁の匂いが海外で苦情になるようなものでしょうか。。。)


こういったお店では、排気ダクトで調理臭を集めるとか、
グリースフィルターを設置する
こともなく、
換気扇でいきなり臭いを排出している店舗もあります。


当社で以前実施した臭気測定によると、
カレー調理臭で臭気濃度 4000 を出したものがありました。
この数値は、元の臭いを4000倍に薄めないと無臭にならないレベルとなります。
(一般的な厨房排気の約4倍)


厨房排気の場合、完全に無臭にするのは至難の業。
また、お店の看板代わりとしてある程度のにおいは必要かもしれません。
当社の中和消臭では、臭いを元の30%ほどに抑えつつ、
臭質も改善させる
ことで、厨房排気の臭いトラブルに対処しています。


カレー臭の場合、消臭剤はマイルドブレンド(YB)かシトラスミント(CM)がおすすめ。
強かったスパイス臭がやわらかくなり、不快な感じが緩和されます。


当サイトの厨房排気のにおいの苦情別アドバイスも是非ご覧ください。
ケース別対策例には、「焼肉店のにおいと煙」「ラーメン店のにおい」の項目がありますが、
こちらはカレー店にも有効な対策となります。


(ホームページ担当:小林)


厨房排気用消臭器モニター募集!

こちらの募集は終了しました。
地域に愛されるお店作り(消臭器無料モニターのお知らせ)

ありがとう30周年
日本デオドールは今年で30周年
日頃の感謝の気持ちを込めて、


「厨房排気の消臭器無料モニター」 を募集いたします。


~ 飲食店のオーナー様へ ~


お店を経営するにあたり、日頃から
 ☆美味しいものを食べてもらいたい
 ☆近所の人が気軽に立ち寄れるお店にしたい
 ☆ゆっくり過ごしてもらいたい

などの思いで、魅力あるお店づくりをなさっていると思います。


お店と近隣のにおい方の違いお店にくるお客様も扉を開けると、食欲をそそるような美味しそうなにおいが漂い、スタッフの対応やインテリアなど、雰囲気がよく、清潔感あふれる店内を期待していることでしょう。


しかし、お店の近隣の方はどうでしょうか?おいしそうなにおいも、毎日嗅がされている人にとっては我慢できない場合もあります。


換気扇やダクトから排出されたにおいは、あまり拡散することなく近隣を漂い、苦情がおきてしまうのです。飲食店からの排気の相談は全国的にも多く、一旦苦情が起こると早急な対応が求められます。


魅力あるお店をお客様に伝え続けるために、排気のにおい も見直してみませんか?


DMDモニター消臭器この機会を是非お見逃しなく!

初期費用(約20万円相当)は当社が負担いたします。
※消臭器の設置工事も当社がいたします。(電気配線などの特殊工事は除く。)
脱臭器の導入をお考えの設備業者様も、この機会をぜひお見逃しなく!


厨房排気用消臭器モニターとして「5名」様を募集。


以下、モニターの応募条件をよくお読みになりエントリーして下さいませ。

(応募はオーナー様だけでなく、設備担当の業者様でもOKです。)


■応募条件(下記の各項目を満たす方に限らせていただきます。)


  • ・食品を調理・加工している飲食店、工場など
  • ・排気ダクトで排出している所。(今回の機種は換気扇には取り付けられません。)
  • ・臭気測定、写真撮影が可能で、公表してもよい所。
    (測定データや現場写真は、弊社ホームページやカタログにて公表する場合があります。
     匿名をご希望の方は相談に応じます。)
  • ・簡単なアンケートにお答えいただきます。(アンケートも公表する場合があります。)

DMD消臭器設置例1【弊社負担の初期費用(約20万円)内訳】

  • ・中和消臭器 DMDシリーズ 1台
  • ・発散容器 1式
  • ・接続ホース 1式
  • ・消臭剤(初回分のみ) 500ml

●設置工事は右写真のように、排気ダクトに約2cmの穴を開け、配管ホースで繋げるだけ。モニター終了後の修復工事も簡単です。


※現場によっては電気配線、日よけ、機器架台などの追加工事が必要となる場合があります。
 その場合の追加費用は、お客様負担とさせていただきますので、ご了承ください。


■応募方法

お問い合わせページに移動して、問い合わせフォームに入力・送信するか、
お電話、Faxにて「厨房排気モニター希望」とご連絡ください。

ご応募の際は下記項目をお伝えください。


  • ①お名前
  • ②連絡先(電話番号又はメールアドレス)
  • ③飲食店・工場の所在地
  • ④調理している料理の種類(イタリアン、中華、焼き肉など)
  • ⑤排気のダクト風量

※ご応募いただいた後、詳細確認のためこちらからご連絡させていただきます。
※中和消臭器DMDシリーズでのモニター募集です。
 現場によっては、他の機種をおすすめすることもあります。
 その場合は、申し訳ございませんがモニター対象外とさせていただきます。


■応募締切 2013年 3月 31日(日)
 期間中に定員になった場合は、その時点で打ち切らせていただきます。


■モニター期間 約1ヶ月(初回の消臭液がなくなるまで)
        ※現場状況によって変わります。


■当選後の流れ

現場の臭気測定、モニター器の取り付けなど、弊社担当者とお打ち合わせの上、作業を進めさせていただきます。


設置したモニター器は、お客様の希望があればそのままお使いになれます。
(モニター終了後の消臭液はお買い求めください。)

一緒に排気の臭い対策しましょう。
たくさんのご応募お待ちしています!


募集は終了しました。


脱臭法その4 「光触媒脱臭法」

飲食店排気のにおい対策でよく使われる脱臭法。
今日は光触媒脱臭法をご紹介します。


④「光触媒脱臭法」


光触媒脱臭法は、光触媒に紫外線を当てその表面に生成する活性酸素類
(ヒドロキシラジカル、スーパーオキシドアニオンなど)を
におい物質に接触させて酸化分解する方法です。
分解速度が遅いため、比較的低濃度の臭気に適していると言われています。


ただし、触媒表面が汚れると脱臭性能が落ちるため、
厨房排気では前処理として油煙除去が必要となります。


光触媒脱臭イメージ

【メリット】
①紫外線を照射することで触媒は常時再生され、他に薬品や燃料を必要としない。
②洗浄すれば触媒機能を回復できる。


【デメリット】
①触媒部が汚れると脱臭効果が大幅に落ちるため、定期的な洗浄が必要。
②におい物質が光触媒に接触しないと反応しない。
③分解速度が遅いため、強い臭気の連続処理は困難である。
④紫外線光源の電力が大。
⑤定期的に紫外線ランプの交換が必要。



「居抜き物件」での注意点

居抜き物件という言葉をご存知ですか?
以前のお店の内装・設備を、そのまま引き継ぐ事ができる店舗不動産の事です。
前の設備を買い取ることから「造作譲渡」と書かれている事もあります。


厨房イメージ居抜き物件ではお店をゼロから作るより、電器・ガス・水道設備の他、冷蔵庫、シンクにガス台、客席のテーブルや椅子などもついていて、初期投資が少なく済むといったメリットがあります。

これからお店を構えて飲食店をやろうとした時、居抜き物件で探した経験をお持ちのオーナー様もいるのではないでしょうか。


ただし、契約する前に設備や条件をよく確認してくださいね。
自分のお店で必要な設備はちゃんとあるのか、不要な設備が多くないか。
(店舗撤退時には、スケルトンと言って店内を空にして大家さんに返さなければならない事もあり、不要な設備の処理費用も自分持ちになってしまいますよ。)


におい対策の面では、特に厨房設備の確認が大切です。
今ある設備は、以前の飲食店で必要だったものです。この設備であなたのお店は間に合いますか?
これから中華料理店にする予定、焼き肉店にする予定なら、
排気系統にグリースフィルターが必要です。
油煙処理をちゃんとしないと、見た目にも臭いそうな煙がお店から吐き出されることになります。


せっかくおいしい料理を提供しているのに、
においの苦情が発生してご近所とトラブルになっってしまった。
と言う事がないよう、必要な設備は必ずそろえてくださいね。


(ホームページ担当:小林)


脱臭法その3 「オゾン脱臭法」

厨房排気の臭い対策でよく使われる脱臭法を、順に紹介しています。
本日はオゾン脱臭法について。


③「オゾン脱臭法」


オゾン脱臭法は、強い酸化力を持つオゾンでにおい物質を酸化分解する方法です。
オゾンを気体のまま臭気物質に接触させる乾式と、
オゾン水と臭気物質を反応させる湿式があります。
(湿式の場合は洗浄法にも分類されます。)


オゾンは、放電又は紫外線を照射して空気中の酸素から作られるのが一般的です。
また、残留オゾンは安全のためフィルターなどで除去する必要がありますが、
オゾン分解触媒を通過させると活性酸素が発生し、
その活性酸素がにおい物質の分解に寄与しているとも言われています。


厨房排気では、前処理としてオイルミストの除去が必要となります。


オゾン脱臭法

【メリット】
①空気中の酸素が原料なので、管理が容易である。
②殺菌作用もあるため、微生物の繁殖を抑制する効果も期待できる。


【デメリット】
①残留オゾンを除去する設備が必要である。
②放電式では窒素酸化物(NOx)の発生を伴う。
③触媒部が汚れると脱臭効果が大幅に落ちる。
④オゾンが接する機器などへの腐食対策が必要。



脱臭法その2 「洗浄法」

厨房排気の臭い対策でよく使われる脱臭法。
本日ご紹介するのは洗浄法。


「洗浄法」


洗浄法は、臭気物質を水あるいは酸・アルカリなどの薬液と接触させ、吸収除去する方式です。
物理吸着である水洗浄式と、化学吸着である薬液洗浄式に大別されます。
厨房排気では、オゾンなどの酸化剤を一緒に使用する場合もあります。
前処理として煙を除去するグリスフィルターなどが必要となります。

洗浄法イメージ

【メリット】
①装置が簡単
②動力が比較的少ない
③高温ガスの冷却も可能


【デメリット】
①厨房排気の成分は水への溶解度が低いものが多く、除去効率が悪い
②油を含んだ排水が発生するため、その処理が必要
(グリストラップへ排水、またはオイルセパレータで除去など)
③他の方式より維持管理が大変(ノズル、充填材、水槽などの定期清掃)



中和消臭器「DMDシリーズ」モニター募集!

こちらの募集は閉め切りました。

イタリアン、中華料理店、焼き肉店、食品加工工場...
にんにく料理で近隣から苦情が来たことないですか? そんな飲食店様に朗報です!


にんにく料理イメージ1

厨房排気の現場でも活躍中の「中和消臭器DMDシリーズ」
このほど専用の消臭液に改良を加え、ニンニク臭に強い消臭剤を開発しました。
社内の簡易テストでは、来品と比べ臭気強度、快・不快度とも改善されています。※1)

実際に嗅いでみても、圧倒的に新しい消臭剤の方がにおいの質が良くなっていました。(下図参照)

臭気強度と快・不快度テスト結果

※1)臭気強度は、においの強さを0~5の6段階で評価するもので、0が無臭、5が強烈なにおいを表します。悪臭の規制値は、臭気強度2.5~3.5の範囲内で定められます。快・不快度は、においの質が良いか悪いかを表したもので、-4~4までの9段階で表現します。0が快でも不快でもなく、-4が極端に不快、4が極端に快となります。


そこで、実際の現場で効果を検証したいと思います。


DMDモニターとして「3名」様を募集。

DMDモニター消臭器「お店のニオイが臭いと言われている・・・」
「ほんとにニンニク臭に効果があるの?」

中和消臭器に興味のある方、是非ご連絡ください。


初期費用(約20万円相当)は当社が負担いたします。
※消臭器の設置工事も当社がいたします。(電気配線などの特殊工事は除く。)
脱臭器の導入をお考えのオーナー様も、この機会をぜひお見逃しなく!


以下、モニターの応募条件をよくお読みになりエントリーして下さいませ。

(応募はオーナー様だけでなく、設備担当の業者様でもOKです。)


■応募条件(下記の各項目を満たす方に限らせていただきます。)


  • ・ニンニクを使った料理を調理している飲食店、食品加工工場など
  • ・排気ダクトで排出している所。(今回の機種は換気扇には取り付けられません。)
  • ・臭気測定、写真撮影が可能で、公表してもよい所。
    (測定データや現場写真は、弊社ホームページやカタログにて公表する場合があります。
     匿名をご希望の方は相談に応じます。)
  • ・簡単なアンケートにお答えいただきます。(アンケートも公表する場合があります。)

DMD消臭器設置例1【弊社負担の初期費用(約20万円)内訳】

  • ・中和消臭器 DMDシリーズ
  • ・発散容器
  • ・接続ホース
  • ・消臭剤(初回分のみ)

●設置工事は右写真のように、配管に約2cmの穴を開け、配管ホースで繋げるだけ。モニター終了後の修復工事も簡単です。

※現場によっては電気配線、日よけ、機器架台などの追加工事が必要となる場合があります。その場合の追加費用は、お客様負担とさせていただきますので、ご了承ください。


■応募方法

お問い合わせページに移動して、問い合わせフォームに入力・送信するか、
お電話、Faxにて「DMDモニター希望」とご連絡ください。

ご応募の際は下記項目をお伝えください。


  • ①お名前
  • ②連絡先(電話番号又はメールアドレス)
  • ③飲食店・工場の所在地
  • ④調理している料理の種類(イタリアン、中華、焼き肉など)
  • ⑤排気のダクト風量

※ご応募いただいた後、詳細確認のためこちらからご連絡させていただきます。


■応募締切 2012年11月14日(水)


■発表方法 2012年11月20日(火)午後3時に、当選者のみご連絡させていただきます。

(当日中に連絡が入らなかった方は落選となります)


■当選後の流れ

現場の臭気測定、モニター器の取り付けなど、弊社担当者とお打ち合わせの上、作業を進めさせていただきます。


設置したモニター器は、お客様の希望があればそのままお使いになれます。

消臭器を無料で試すチャンスです。
たくさんのご応募お待ちしています!


脱臭法その1 「吸着法」

当社の消臭法は植物精油消臭剤を使った中和法になりますが、
脱臭方式は他にもいろいろあります。
厨房排気の臭い対策でよく使われる脱臭法を、
方式別に紹介していきたいと思います。


①まずは「吸着法」


吸着法は、におい物質を活性炭などの吸着剤と接触させて除去する方法です。
脱臭装置に直接吸着剤を充填するタイプや、メンテナンスを考慮して
吸着剤がカセットやカートリッジに収納されたタイプがあります。
前処理としてオイルミストの除去をした方が、脱臭効果が上がります。

吸着法の図

【メリット】
①装置が単純で運転が容易(動力は送風機のみ)
②維持管理が容易
③においの強さが変化しても対応できる


【デメリット】
①脱臭装置が比較的大きいので設置スペースが必要。
③活性炭は可燃物であるので、消防署へ相談が必要。
④臭気濃度が高いと頻繁に吸着剤を取り変えなければならない。


※吸着法にはフィルタータイプもありますが。。。
吸着法の脱臭装置より吸着剤の量が圧倒的に少ないため、
すぐに破か (限界に達すること)し、頻繁に交換しなければいけなくなります。
このような吸着フィルターは、低濃度で大風量の排気に適しますので、
当社では空調の給気やゴミ置き場の排気対策におすすめしています。


(ホームページ担当:小林)



マッチングテストで消臭プラン

お客様からお問い合わせ・ご相談があると、
排気風量やにおいのことなどから、現場を拝見し、
機器の選定、設置費用やランニングコストなど、
お客様に合わせた消臭プランをご提案しています。


その消臭プランの消臭剤の項目!ご覧くたさい。
私はなかなか、皆さんの現場には伺えませんが、
弊社スタッフが皆さんの現場でお聞きした、感じたにおいの情報で、
消臭剤の選定をしております。


大体は今までの導入・対策実績で、厨房排気の種類別に、
消臭剤の選定ができるようになってるんですが、
ちょっと悩むなって感じた時は、においを袋にとって持ちかえってきます。
そのにおいを弊社の消臭剤と混ぜてみて、
ベストな消臭剤を選定し消臭プランに組み込むわけです。


このマッチングテストでお客様に合わせた消臭対策ができるのが、
弊社システムの特長の一つなんですよ。


(臭気検査部:田代)


焼肉店のにおい対策

弊社に寄せられるお問い合わせのうち、厨房排気に関するものでは、
ずばり焼き肉のにおいが一番多いです。
これは、平成22年に地方公共団体で行なったアンケート結果とも一致します。


焼き肉はおいしいです。特に炭火で焼くとたまらないですよね。
自分がお客になって、さあ食べるぞ~って時は、
衣服に付いたにおいもあまり気にならなかったりします。
(最近では、消臭サービスと題して、お店を出る時に消臭スプレーを掛けてくれる店舗もあるようです。)


ところが、近隣の方、あるいは通行人にとってはたまりません。
煙はもくもく、甘い感じのしつこいニオイが、むしろ嫌なにおいと感じられます。


焼き肉のにおい対策で脱臭器を取り付けたいのですが・・・
といったお問い合わせに対し、ちょっと待った~をかけることがあります。
煙や油分を取るための前処理が施されていない店舗が多いのです。
弊社の中和消臭はもちろんのこと、吸着法、洗浄法、オゾン脱臭法など、
ほとんどの消臭・脱臭装置では、油煙を除去しないとしっかり脱臭できません。


油煙粒子は液体や固体状の粒から出来ていますが、
においは目に見えないほど小さなガス状です。
大きな油煙粒子が残ったままだと、
どんな脱臭器を取り付けても効果的な結果が出ないのです。
じゃあ、グリースフィルターだけ付ければ万全かというと、そうもいきません。
におい分子は小さすぎて、グリースフィルターをすり抜けるからです。


焼き肉のにおい対策には、①まず油煙除去装置(グリースフィルター)、
②次に消臭・脱臭装置とお考えください。
当社にお問い合わせいただければ、グリースフィルターの会社もご紹介しております。


(小林)


焼鳥店の苦情

某チェーン様より、臭いのご相談の電話が入りました。

お話を伺うと、煙がすごいとのこと。

実はこういったご相談、最近とても多いんです。


このような現場では、臭気の点からみると、

あまり臭いが強くないところもあります。


昔ながらのうなぎ屋さんのように、

煙をもうもうと出していると、

視覚的にも臭いを出していると受け止められ、

苦情になりやすいようです。


まずは、排気の見た目から対策するのも大切です。

(担当:消臭室長 柿本)


流行のお店ほどお気を付けください

ずいぶんとあったかくなってきました。消臭室長の柿本です。

先日 茨城県では大変な竜巻が起こりました。

被害にあわれた方々の早い復興をお祈りいたします。


弊社では機器の提案などは無料で行いますが、

気体の消臭なので前処理が必要になってきます。

煙や油などの除去です。


飲食店でたくさんお客様がいらっしゃるということは、

たくさんにおいがでます。調理すれば煙も出るでしょう。

現在は、家庭にもオイルミストを除去するフィルターが付いています。

しかし飲食店なのに、そのまま何もせず外に排気しているお店も

現実としてあります。


対策するグリースフィルターなどの機器は多くあるので、

ぜひ、お店が流行っているということを認識されて、

そういった機器を使用して欲しいと思います。


近所の人々の苦情にならないように...

自治体が定める規制値以下になるように...


「国民の生活を保全して、国民の健康を保護する」ために、

悪臭防止法といった法律もあるんです!


臭いのプロにお任せを!

消臭室長 柿本です。

弊社は、さまざまな臭気に対応するように、消臭器をラインナップしております。


この間、厨房排気から出る臭気の相談がありS県に行きました。

そのイタリアン店では、排気の出口にちょこんとボックスがついており、

中に消臭剤と書いたものが入っておりました。


排気の向きと機器の場所を考えたら、というよりこの排気量でこの機器か...

というように明らかに臭気判定士ではない、素人仕事のような箱が取り付けられていました。


当然メンテナンスは皆無でしょう。


箱の中は黒くなったオイル溜りになり、どろどろと液体が流れてきました。

どのような意図で取付されたのかわかりませんし、この箱がいくらするのかわかりませんが、

安かろう悪かろう以前の機器に唖然としてしまいました。


せっかくお店では良かれと思い、業者に勧められて採用したのでしょうが、

意味がないものにお金を投資してしまってはもったいないです。


このようになってしまう前に、まず、臭気判定士に相談ください。

弊社では、ご相談は無料です!


厨房排気消臭の特設サイトがオープン!

厨房排気消臭の特設サイトがオープンです!
いままでなかなか手が出せなかった消臭対策も、
かんたん・ローコスト・効果的な
日本デオドールの消臭器ですべて解決。
どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

1


消臭に関するお問い合わせ

厨房排気消臭の日本デオドール取り扱い商品一覧消臭の仕組み厨房排気消臭の導入メリット
かんたん設置方法導入事例お客様の声厨房排気消臭の料金よくある質問日本デオドールの会社概要
消臭に関するお問い合わせプライバシーポリシー悪臭防止法とは消臭アドバイス消臭剤の選び方