水を運ぶ選手

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
水を運ぶ選手

こんにちは、消臭剤管理 Nin者です。

先週、消臭室長(Y室長)と、『今年はツバメどうかねぇ?』といった雑談していた矢先ですが、週が明けて早々、2011年度の下見でやってきました。このツバメのことです。

例年この時期に、順調に賑やかさが増せば巣立ちまでの確率も上がってきます。でも、ちょっと時期尚早、もう少し経ちましたら、ブログの写真率が低い私としてもナイスショットで掲載できればと思ってます。(ツバメは速いので結構難しいです。)

 

さて、タイトルはオシム語録の一つで、オシムさんの哲学には、「水を運ぶ選手」と「運ばれてきた水を活かす選手」があるそうです。前者は、地味ながら縁の下の力持ちとして精力的に動き回る守備的MFやDFのことを示すようです。

サッカーというスポーツは、相手よりゴールを多く決めることが全てなので、攻撃的MFやFWが花形でありスター選手も多いですが、私は、「水を運ぶ選手」の観察も好きです。相手のチャンスの芽を潰す動き、とか、どんな手で水を運ぼうとしているのか、とか、良い水運べてるか、とか。

 

会社の中で自分がどのポジションかと当てはめてみると、この、水を運ぶ選手に近いかもしれません。全国津々浦々、水(商品)を間違いなく運ぶ(お届けする)。水を活かす側の選手にとっておいしい(良い)水を運ぶ。

自分でゴールを決めることはありませんが、「良い水運んでくれたからゴール決まったよ」って言ってもらえるように毎日地道に頑張りたいと思ってます。

 

文頭の親ツバメは、雛が巣立つまでの間、運び続ける餌というのも累積すれば物凄い量だと思います。1~2ヶ月もの間、毎日毎日運びっぱなしで膨大なエネルギー。生命の凄さといいますか。(また、あらためて・・・)

 

 

 

日時:2011年4月19日