2012年3月アーカイブ ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「2012年3月」その

においのブログ
ゴミ集積場のにおい

私の住んでいる地域では、毎週 水曜日が燃えるゴミの回収日で、

ゴミ収集車が軒先に出したごみを集めてくれています。

その後、却場で燃やされるわけですが、

当然そのままそこに行くわけではなく

どこかに集めてまとめてから持っていくケースもありますよね。

そういうゴミ集積場が近所にあると苦情が出ることがあります。

今回、なんとかそのような苦情に対応するために、

消臭器でテストしております。

今までにはない新しい方法で行っています。

興味にある方は、是非ご連絡ください。

消臭室長 柿本がお伝えしました。

2012年3月29日
ゴミ集積場のにおい のページへ移動する
まだまだ春は来ず

脱臭エンジニア・たなPです。

今日は朝から森林浴消臭器のメンテナンス作業でした。

午前中はお天気も良くて、室内作業でも少し汗ばむ陽気でした。


今月9日の継続作業で、

森林浴消臭器『ミニフォレスト』が約200台設置されているうちの残り50台です。

設置場所は、

2012032601.JPG

『居室』


『便所』、


 

2012032603.jpg

『汚物処理室』


『食堂』、『廊下』、そのほか共用部にも設置しています。


作業内容は消臭剤の交換をメインに、

フィルターおよび本体の清掃、消臭剤発散量の調整、

電気部品に不具合ないかをチェックします。


9時から作業を開始して13時頃には作業完了しました。


午前中は陽射しも明るく、もう春だな~なんて思っていましたが、

作業を終えた頃には雲が空を覆い始め、

太陽がかくれてしまうと、空気もまだまだ冷たく感じました。

作業で汗ばんだ体をクールダウンするには丁度良い気もしたのですが、

暖かい春はまだかと思うと、すこし残念な気持ちになりつつ、

現場を後にしました・・・・。

2012年3月26日
まだまだ春は来ず のページへ移動する
線香の香り風景

ホームページ担当の小林です。
お天気の春分の日。少し遠いですが平和公園までお散歩してきました。

梅(平和公園)道すがら車の渋滞が続き、何かイベントでもあるのだろうか?と思いつつ、公園へ到着。ちょうど梅が満開で、とても素敵な香りを放っていました。

この公園はとても広いんです。目的地は公園の西側にある、池の近くの広場。
案内板を見るとちょうど反対側です。ぐるっと回ってとにかく歩くことにしました。

少し歩くとたくさんのお墓が見えてきます。
平和公園は墓地の公園としても有名。戦後の大規模な区画整理で、名古屋市内の多くの墓地が平和公園内へ移転したそうです。とにかくずっーとお墓。
(さすがに写真は控えました。気になる方は「千種区平和公園」で検索して、Googleマップで航空写真を見てください。きっと驚きますよ!)

お墓の周りを歩いているうちに、冒頭の渋滞の理由が分かりました。
今日はお彼岸の中日ということもあって、皆さんお墓参りに来られたようです。
お供え用の花を売る屋台なども出ていて、とにかく賑わっています。車で来る人が多いせいか、駐車スペースを見つけるのも大変なようでした。

お線香墓地のエリアへ入ると、すぐに線香のにおいが漂ってきました。花粉症対策にマスクを着けていたのですが、マスク越しにもはっきり分かります。(臭気強度3くらいでしょうか。)

線香のにおいを嗅いで、自家にあったお仏壇を思い出しました。香りが記憶と結びついているのを実感しつつ、墓地を見ながらひたすら歩きます。

線香の主なニオイ成分は、クマリン、バニリン、安息香酸ベンジル、ヘリオトロピンなど。最近は、ハーブやアロマとして有名な香りが使われている線香も多いようです。そのせいか、はたまた広大な墓地で嗅ぐせいか、昔ほどキツイにおいには感じませんでした。

墓地の周りを歩いている間中、線香の香りがしていましたが、マイナスイメージよりもどちらかといえばなんだか心温まる感じがしました。お墓参りといった、日本ならではの先祖を大事にする習わしを目にして、線香の香りも悪くないな~と思ったのです。

平和公園の線香の香り、私の「香り風景100選」の一つに加えたいと思います。

2012年3月20日
線香の香り風景 のページへ移動する
中和消臭器の点検です

脱臭エンジニア・たなPです。


だいぶ日の出時刻も早くなってきましたね!

冬の早朝出勤は辺りが暗いうちに家を出ると

なんだか寂しい感じがします。

でも今日は5時半頃に家を出ると辺りはすっかり明るく、

早朝出勤でも気分良くお仕事に向かえるような気がします。


さて、

今日は都内のホテルで厨房排気用中和消臭器の点検作業でした。

消臭器の台数は全部で14台です。

午前中目一杯掛けて行ないました。

前半は、消臭器が天井裏に設置されているので、

天井内に入り込んで行ないました。


2012031901.JPG

『VFD-1030N』


2012031902.JPG

消臭剤収納棚が3段です。

※一番下の棚が写っていませんが・・・。


2012031903.JPG

消臭剤収納棚を取り出します。


2012031904.JPG

使用済みの消臭剤ビーズを取り出します。


2012031905.JPG

消臭剤ビーズ抜き取り完了です。


2012031906.JPG

新しい消臭剤ビーズを消臭剤収納棚に充填します。


後半は、機械室内に設置されている消臭器の点検です。


中和消臭器は排気ダクトの負圧側に配管を接続しています。

排気ファンの誘引によって中和消臭器から消臭剤が混入されます。

中和消臭器は電機部品を内蔵していませので、本体が故障を来すことはまずありません。


本日も良好に稼働中でした。

2012年3月19日
中和消臭器の点検です のページへ移動する
フィトンチッドとは?

こんにちは!ホームページ担当の小林です。

さて、当社の代表的な消臭システム(中和消臭)は、植物が持つ消臭力にヒントを得たいわゆる「フィトンチッド消臭」となります。

フィトンチッド? と、思われる方も多いでしょう。

創業当時と比べるとフィトンチッドの認知度も上がっていますので、その言葉を聞くと木や自然を連想される方もいるでしょう。ですが、そんなの知らないよ~といった人のために、ブログを通して今一度説明していきたいと思います。


森林イメージフィトンチッドについて分かりやすく説明するとき、一番に例えられるのが「森林の香り」です。普段から森の近くに住んでいる方は、鼻が慣れてしまってあまりピンとこないかもしれませんが、たまに木々の生い茂った森へ足を運ぶと、空気が違うのがよく分かります。さわやかでおいしいですよね。甘みを感じることもあり、思わず深呼吸せずにはいられません。

この目に見えないさわやか物質の正体が、フィトンチッド なのです。

やや専門的にご説明すると、フィトンチッドは樹木が自分で作りだして発散する揮発性物質で、その主な成分はテルペン類と呼ばれる有機化合物です。
(これは狭い範囲で考えた場合で、ハーブや漢方薬に使われる草なども広い意味ではフィトンチッドを作り出しています。)

この森に揮散しているフィトンチッドを人間が浴びることを森林浴と言い、森林療法、森林セラピーとして健康のために取り入れられています。(当社でもそれにあやかって、室内用の消臭器を「森林浴消臭器」と名付けています。)


それにしてもフィトンチッドという言葉は、聞きなれないとおかしな感じがしますね。

もともとその存在を見つけたのは、ロシア(旧ソ連)の生態学者であるトーキン博士。
「植物が傷つけられると他の生物を殺す物質を発散する現象」として発見したので、植物が(フィトン)が殺す(チッド)と名付けたようです。ちなみに、ロシア語をローマ字表記に直すと「fitontsidy」、英語では「phytoncide」となります。

フィトンチッドは、命名以前から人間の暮らしに役立ってきました。経験的にその効果が認められ、現在も幅広く利用されています。

次回はフィトンチッドの様々な働きについてご紹介したいと思います。

2012年3月15日
フィトンチッドとは? のページへ移動する
森林浴消臭器の点検です

脱臭エンジニア・たなPです。

今日は神奈川県某所の介護福祉施設で森林浴消臭器の点検作業を行ないました。

設置している機種はミニフォレスト『PEM-01LF』です。

2012030904.jpg

設置台数が194台。

さすがに一日で終わらすことは出来ないので、二日に分けて行ないます。

今日は9時から17時半までぶっ通しで(もちろん昼食は取りまして)、

4分の3を終了させることが出来ました。

 

点検内容は主に消臭剤の交換です。

2012030905.JPG

①本体から消臭剤ケースを取り出します。

 

2012030906.JPG

②消臭剤はメンブレンタイプのニュートラルです。

 

2012030907.JPG

③消臭剤を袋から取り出します。

 

2012030908.JPG

④消臭剤ケースに消臭剤を入れます。

 

2012030909.JPG

⑤あとは消臭剤ケースを本体に戻すだけ。

 

消臭剤ケースには発散量調節用のツマミが付いていますので、

適宜調整可能です。

 

2012030910.JPG

点検作業の七つ道具です。

①消臭剤、②予備のファン、③ウエス、④ポリ容器(使用済み消臭剤入れ)、

⑤点検表、⑥脚立、⑦台車

 

2012030911.JPG

廊下や

 

2012030912.JPG

エレベーターホールや

 

2012030913.JPG

汚物処理室や

 

そのほか居室、便所、共用部各所に設置されております。

この施設は活気があって、

お兄様が入居されている女性が面会にいらしており、

『この施設はきれいですね。』

と、おっしゃっておりました。

職員の方々、そして清掃スタッフのご尽力によるものかとは思いますが、

気持ち良く面会にいらして頂いているということは、

ニオイのない空間を創造している当社の森林浴消臭器が貢献しているんだな~

と、自負しております。

 

天井面に設置しているので、二百回以上も脚立を昇り降りするので、

それなりに重労働です・・・・。

2012年3月 9日
森林浴消臭器の点検です のページへ移動する
そのマンションはペット可?

ペットイメージいまやペットは、2000万匹以上いるそうですね。

自己所有にお住まいの場合はいいのですが、賃貸となると問題がいろいろ出てきます。

しつけはもちろんですが、音やにおいの問題など様々です。

中古に入居される場合は、寒い時期に借りてしまうと、後で大変なことになるケースがあります。

においは暖かくなると(特に5月ごろから)、色々なところから発生してきます。

見に行った時が寒くて契約後に行ってみたら大変!というケースが多くありました。

他の犬の臭いがだめなんてこともありますので、においの問題は軽視しないでくださいね。

自分が賃貸物件でペットを飼っている場合も、後々のことを考えて日頃から気をつけることをおすすめします。こちらもご参照ください。

消臭室長の柿本元大でした。

2012年3月 6日
そのマンションはペット可? のページへ移動する
弥生の頃に君思う。

......( ゚Д゚)<ハッ!


いやいやいや、時の流れるのはまさに"非情の早さ"、、ちょっと信じられんことに、なんだか気が付けばいつの間にやら2月も終わり、3月になっているのです。

この事実、つまり2月が終わったって言うことはこの2012年も早1/6が終了してしまったってことですからねぇ。...ちょっと怖いです。

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル。。

あ、どーもー、こんにちは、、花粉舞う弥生、皆々様はいかがお過ごしでしょうか?日本デオドール技術室所属DAです。...実はご無沙汰しております。テヘ♪

ちなみに最近もう一つ、気が付いたことがありまして...どうやら肋骨が骨折orヒビが入ったようです。なんか呼吸するだけで痛いなーと思って病院へ行ったらそのような診断で。。エヘヘ♪

...んな話はどうでもよくてですね、、、そうそう、少し前から花粉、飛び始めましたよねー。この弥生、3月と言えばどうにもこうにも、スギ花粉のイメージが強くて...実は苦手感があります。

言うに及ばず私、DAも花粉症な訳ですが、花粉症歴が長く(ブタクサ歴36年、スギ歴12年です)、、それはもう1月初めから耳鼻科のお医者様に処方された薬を飲んでるので、さほどの症状も出てはおりません。

と、申しますか、むしろ「今年の症状軽くね?」なんて思ったりもしてるんですが、実は例年並みに飛んではいるらしいのです。

ところがどっこい、昨年と比べると今年はスギ花粉の飛散量は30~50%とか、、、去年がいかに多かったかっていう事ですよねー。楽に感じる訳だ。

兎に角!今年は楽と申しましても、やはりスギ花粉は飛んでいるのです!

そこでこれ↓

ユーカリマスク

★ユーカリマスクゥ!(てってれー!)

※説明しよう。これは一見ありふれた使い捨てマスクな訳だが、その実、天然100%のユーカリエッセンシャルオイルの香りがたっぷりついているのだ!

これを付けると、ユーカリの香りが花をスーッと通してくれます。気分もリフレッシュ♪社員一同で試しましたがナカナカの爽快感です。


付けるとまーさーに、、こんな感じ↓

変な人がいます

※写真はあくまで爽やかさや爽快感を表すイメージです。実際にはこうならないと思います。かなりの確率で。もしこのようになったら是非ご連絡を。


...ええ、皆さん仰りたいことは多々あると思われますが...そこは一つグッと堪えて頂いて、、でも個人的には気に入ってます。。

いろんな意味で、です。

2012年3月 2日
弥生の頃に君思う。 のページへ移動する