2013年10月アーカイブ ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「2013年10月」その

においのブログ
悪臭だけ鼻でブロック

新聞やWebニュースでご覧になった方も多いと思いますが、花王が「鼻に作用して悪臭だけを感じにくくする消臭技術」を開発したそうです。
皆さん、これは割と大ニュースなんですよ!


どんな消臭技術かを紹介する前に、
ニオイはどうやって認識されるのかを説明しますね。

まず鼻からニオイを吸い込むと、ニオイに含まれる個々の分子が、
嗅覚受容体というたんぱく質にくっつきます。

悪臭を鼻でブロックのイメージ
【悪臭だけなくなる!?】

ヒトの嗅覚受容体は約400種類あると言われていますが、ニオイ分子はどの受容体とも反応するのではなく、鍵と鍵穴が合致するように、互いに反応できる相手が決まっています。

ニオイ分子と受容体が反応すると電気信号が脳に送られ、「におう!」となるわけなんですが、この信号のいろんな組み合わせで、約1万種類もの様々なニオイを嗅ぎ分ける事が出来ると言われています。

良いニオイも悪いニオイも関係なく同じ仕組みです。


そこで、花王の研究者の方は、悪臭と合体する嗅覚受容体だけ反応させなければ、嫌なニオイを感じなくなるのでは? と考えたようなんですね。


鍵と鍵穴のようにニオイ物質と受容体が反応すると言いましたが、
先回りして「偽の鍵」で鍵穴を塞いでしまったらどうでしょう。
悪いニオイ物質は合体できなくなって、脳に信号が送れなくなってしまいます。

今回は体臭の元となる「ヘキサン酸」という物質を阻害する
偽の鍵分子(私が勝手に命名)を見つけたそうです。


全ての悪臭分子に対応するにはまだまだ時間がかかりそうですが、
嗅覚の一部をブロックするという新たな発想は、
今後の消臭剤ビジネスにも影響を与えそうですね。


参照元はこちら
http://www.kao.com/jp/corp_news/2013/20131028_001.html


(臭気判定士 小林)

2013年10月31日
悪臭だけ鼻でブロック のページへ移動する
消臭剤の市場調査

におい関係の情報をつかむには、他社が行ったアンケートや調査も役立ちます。先日、富士経済が行った「トイレタリー用品92品目の国内市場を調査」を読みました。大手の調査会社だけあって、客観的・大局的に捉えていてとても参考になります。


以下、一部抜粋

「室内用芳香・消臭剤はトイレ用、自動車用を含めた芳香・消臭剤市場で最も大きな規模である。12年は前年に続き"香り"訴求の商品の投入が目立った他、●●●が「お部屋の消臭力」の香調の追加やデザインリニューアルを実施し商品力を強化して需要を獲得した。種類別では液体タイプが好調に推移した。13年は●●●や■■■から付加価値性の高い液体タイプの商品が多く投入されている。森林の香りなど新たな切り口の香調や、季節に応じた限定香調などでさらに市場活性が図られており、今後も安定して推移するとみられる。衣料用消臭スプレーや柔軟仕上剤など家庭内の"香り"訴求の商品と関連性を高めた販売体制を強化して売場活性する必要性が高まっている。」

※社名は隠しました。全文を読みたい方はこちらのアドレスを検索してください。
http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/130927_13071.pdf


室内イメージこの調査報告を読むと、室内用芳香・消臭剤の世界では、まだしばらく「香り」重視な商品が展開されそうです。

昔と違って部屋がきれいなお家が増えたせい?
それとも、おしゃれの一環としてエアケアに気を使うようになった?

消臭というより素敵な香りをプラスしよう、と考える人が増えているのかもしれませんね。


そして、私がもっとも注目したのは、「森林の香りなど新たな切り口の香調」で市場の活性が図られているという部分。

ちょっと待った~
デオドールは以前から「森林の香り」ですぞ!

森の香りフィトンチッドに着目し、植物の消臭力で数十年やっています。
リフレッシュや香り専用など、
ハーブやフローラルなブレンドも扱うようになりましたが、
基本はフィトンチッド消臭

やっと市場が追い付いてきたか。。。なんて偉そうなことは言えませんが、
フィトンチッド消臭の老舗ということで、
皆さんにもっとデオドールを知って欲しいな~と思いました。

業務用だけじゃなく、お家で使える家庭用商品も扱っていますよ。


(ホームページ担当 小林)

2013年10月18日
消臭剤の市場調査 のページへ移動する
おでんの季節

皆さん、おでんの季節っていつかご存知ですか?

10月に入ってまだ日中は残暑が厳しいですが、朝晩は冷え込む日も増えてきました。
寒くなると温かいものが食べたくなりますね。

おでんはコンビニで手軽に買えて、食べると体がぽかぽか温まります。
からしをちょっと付けるともう最高!


さて、このコンビニのおでん、
実は 9月 が一年で最も売れるんだそうです。(本日の日経新聞より抜粋)
真冬より、寒くなり出したこの季節に購入する人が多いのだとか。
驚きですね!
体が寒さに慣れていないから、よけいに温かいものを求めるのかもしれません。

おでん

(今夜はもうおでんに決まり!?)


最近のコンビニは、店内で調理したお惣菜なども売っています。
「お店で揚げたて!」
と書かれたPOPと一緒にズラッと並んでいるのを見ると、確かにおいしそう。
忙しくてスーパーに行く暇がない時も便利です。

でも、その分店内に食べ物のにおいが充満し、
それを気にする人もいるのではないでしょうか。

当社にも以前からそういったにおいを何とかしたいと、
お店のオーナー様や設備業者の方からご相談を受けています。


いろんな人が利用するコンビニだから、
全部の問題をクリアするのは難しいかもしれないけれど、
これからも進化して楽しませて欲しいですよね。


(ホームページ担当:小林)

2013年10月 3日
おでんの季節 のページへ移動する