部屋の消臭ポイント

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
部屋の消臭ポイント

急に寒くなりました。本格的な冬がやってきそうです。
窓を閉め切る日も多くなって、部屋ににおいがこもるようになりますね。

お部屋の消臭法で一番のおすすめは「換気」ですが、
寒いとあまり窓を開けたくないし、
日中は留守で風を通すのが難しいご家庭もあるでしょう。

それに、いくら換気をしてもにおいの元が残ったままでは意味がありません。
また臭ってきます。においの元を絶つのが肝心!

わたしの経験もふまえながら、抑えておきたい消臭ポイントをご紹介します。


【その1】浴室・洗面所の排水口

洗面台においの発生源として、浴室や洗面所の排水口は意外と盲点。いつも水を流しているから、きれいにする所だからと、トイレに比べお掃除の回数が少なくないですか?

排水口には皮脂や髪の毛などが溜まりやすく、バクテリアが繁殖しやすくなります。バクテリアが繁殖するとぬるぬるして、水の腐ったような臭いがすることも。。。熱湯や市販のパイプ洗浄剤を使って、定期的にお掃除しましょう。


【その2】キッチンのガスレンジ周り

キッチンのガスレンジ台所でにおいの原因となるのは、生ごみ置き場と思いがち。ですが、生ごみは新聞紙などに包んで毎日こまめに捨てると、そんなに臭いは発生しません。

ガスレンジの周りはどうでしょう?
煮たり、焼いたり、揚げたり。。。
料理をすると、意外と広範囲に油や蒸気が飛び散っているんです。

壁や天井などは毎日拭いたりしませんよね。時間がたつと、飛び散った汚れが酸化してにおいの発生源になるのです。気が付いたときにでも拭き掃除しましょう。(私は煮込み料理中にきれいな雑巾で水拭きしています。蒸気で温まっているせいか、壁についた油汚れも落ちやすいですよ。)


【その3】寝室の枕やシーツ

枕毎日使う枕や布団、においを嗅いでみてください。意外と臭いませんか?染みついた汗や皮脂がにおいの原因になるんです。

平日は出勤だし、せっかくの休日は雨。あれ?しばらく洗ってないよ~なんてことも。枕カバーやシーツなどは、少なくとも1週間に1度はお洗濯したいですね。


いかがでしたか?
改めて書いてみると、臭わないお部屋にするには、

「お掃除や洗濯をしっかりやる!」

につきますね。

でも、一度に全部やるのは大変です。
においの発生ポイントを抑えてお掃除してみてはどうでしょう?
仕上げに自分の好きな花でも飾れば、素敵なにおい空間になるはずですよ~


(臭気判定士 小林)

日時:2013年11月13日