ジアセチルと臭気判定士

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
ジアセチルと臭気判定士

先日マンダムが、30代、40代の男性から発する特有の体臭について、
主な原因物質と効果的な成分を発見しました。

シャンプーのイメージ
(しっかり頭を洗うのも予防の一つ)

汗のニオイでもなく、加齢臭でもない。
でも。。。「お父さん臭い!」
なんて子供に言われ、傷ついたパパもいるのかも?


その名も『ジアセチル』
使い古した油のようなニオイで、主に頭部から首にかけて発生するそうです。

しかも少しの量でにおい、加齢臭の原因物質である2-ノネナールより広がりやすいと言われています。厄介ですね。

我が家も旦那の枕カバーをしばらく洗わないとそんな臭いがします。
原因はジアセチルだったのか~


このニオイを突き止めるのに活躍したのが、マンダム技術開発センターの臭気判定士
年間100人以上の頭皮のにおいを嗅いで、においの快・不快度を判定したとか。
恐れ入ります。


臭気判定士は、

・嗅覚に異常がない。
・ニオイに対する専門知識がある。

といった資格を身につけていますから、
悪臭の現場だけでなく商品開発の分野でも活躍できるんですね。


さて、ミドル脂臭と名付けられたジアセチルですが、
カンゾウ、ケイヒなどの植物エキスがその発生を抑えてくれるそうです。
ここでも植物の力が役に立ちそうですね。


※ミドル脂臭の詳細はこちら → http://m-nioi.jp/


(臭気判定士 小林)

日時:2013年12月 9日