悪臭苦情 増加した県は?

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
悪臭苦情 増加した県は?

環境省から平成24年度の『悪臭防止法の施行状況まとめ』が発表されました。
(ページ最後にリンクを張っています。)

悪臭苦情件数は、前年度に比べ158件減り9年連続で減少したとのこと。
ちょっとうれしいですね!

ただ、苦情の内容別にみると

1位・・・野外焼却(全体の28.0%)
2位・・・サービス業・その他(15.3%)
3位・・・個人住宅・アパート・寮(11.1%)

と、例年と変わりありません。
ちなみに野外焼却に対する苦情は、
他のジャンルが減少しているのに比べ60件も増えたそうです。

これらの苦情のうち悪臭防止法の規制対象となるのは、
ニオイの規制基準が設けられている地域の
(あるいは規制地域にニオイが届いてしまう)工場・事業所となります。

一般家庭での焼却や個人宅から発生するニオイは、
規制対象外という訳ですが、悪臭は立派な公害です。

『事業所や国民には、近隣の人々の生活環境を損なわないよう悪臭の防止に努める責務があります。』

と、悪臭防止法にもうたわれています。
互いに迷惑になるようなニオイは出さないよう気を付けたいものですね。


さて、環境省のまとめでは都道府県別の苦情件数も公表されていました。
それを分かりやすく図で表してみました。


都道府県別悪臭の増減率
【都道府県別苦情件数の増減率(環境省発表のデータを元に作成)】


苦情が増えた所はオレンジ、減ったところは青で表しています。(10%刻み)

苦情件数が1000件以上の県もある一方、2桁で収まっている県もあります。
あくまで前年度との増減比で色分けしています。


パッと見て色の濃い部分が気になりますね。
全体的に増加傾向の関東地方で、ひときわ苦情件数を減らした栃木県や
63%も増えた佐賀県など。。。


あなたが住んでいる地域はどうでしたか?
時々ニオイのことを考えてみるのもいいかもしれません。


参照:環境省平成24年度悪臭防止法施行状況調査について(お知らせ)


(臭気判定士 小林)

日時:2014年2月 7日