2015年6月アーカイブ ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「2015年6月」その

においのブログ
雨音は昭和ノスタルジック

こんにちは!

いやいや、梅雨です。当たり前と言えば当たり前なのですが、毎日毎日雨ですねぇ。さすがに少しうんざりしますが、これがないと夏には水不足と考えると、仕方がない気もします。でもここ数日のゲリラ豪雨のような雨は勘弁してほしいものですが...。

さてさて、ここ数日と言えば、私、割と都内を飛び出す仕事が多いのですが、ここのところは都内近郊での仕事に終始しておりました。

その一つに「タバコのニオイ」が問題の現場がありまして。完全禁煙のマンションなのですが...何故かタバコ臭がするらしく(不思議です)。

その不思議なタバコ臭の消臭目的で数年前にミニフォレストを導入して頂きました。

ミニ・フォレスト タバコ臭

当初はタバコ臭が供給されていた(?)らしく、消臭剤(タバコ臭用の秘密のブレンドです!)を交換した当初は効き目絶大!でしたが、やはり消臭剤の減りとともにタバコのニオイが...。

しかし、現在、、消臭剤がさわやかに香り、タバコ臭はほとんどありません。

どうやらタバコ臭の供給が止まったのと、消臭剤の効果で壁に染みついたタバコ臭が落ちてきたのです。現場に伺うたびにイイ香りになって嬉しい限りです。

ところで...東京の象徴と言えば

東京タワー

昭和生まれ世代には東京タワーですよね。

当社、全員昭和生まれなもので(笑)

技術室:島田

2015年6月20日
雨音は昭和ノスタルジック のページへ移動する
『オートサービスショー2015』へお越しください!

今日から3日間、東京ビックサイトで開催されている
『第34回東京オートサービスショー2015』 に行ってきました。

小雨が降るあいにくの天気となりましたが、
会場内は多くの来場者でとても賑やかでした。

オートサービスショー2015


私は、塗装ブースの排気対策に中和消臭システムをご紹介していただいている会社様の展示ブースへの訪問させて頂きました。

あまりにもすばらしい展示に感動しました。
実際の塗装ブースを再現した展示になっているので、設置スペースや導入イメージが分かりやすく、また消臭器のデモ運転もしているので、実際に見て、触れていただけます。

オートサービスショーで消臭器を展示


柿本室長も3日間展示ブースに説明員としておりますので、
是非お声かけください。


『第34回東京オートサービスショー2015』
開催日時 6月19日(金)、20日(土)、21日(日) 10時から17時(最終日は16時)
開催場所 東京ビックサイト東4・5・6ホール
株式会社三協リール 展示ブース 東618


(田代)

2015年6月19日
『オートサービスショー2015』へお越しください! のページへ移動する
消臭器は MADE IN HOSOKAWA

こんにちは、技術室の細川です。
今回は私の日々の業務と弊社の商品について少しご紹介しようと思います。

弊社で販売する消臭器の一部は社内で製作しています。
私はその一つDMDシリーズという消臭器を担当しています。

DMD製作中.JPG

上の写真は製作中の消臭器で、これから配線などを行い仕上げます。
お客様にいつまでもご使用していただけるように一つ一つ丁寧に製作しています。


しかし、初めのころは工具の名前も使い方もわからず、
ただ怪我をしないよう気を付けることが精いっぱいでした。
今ではお客様の目につかないところでも入念に作る余裕が持てました。

ちなみに製作した消臭器には製造番号が記してあります。
ご購入いただいたお客様のところへメンテナンス等で伺った際に、
自分の製作した消臭器が活躍しているのを見るとうれしい気持ちになります。


これからも心を込めて製作していきますので、
MADE IN HOSOKAWA よろしくお願いいたします。


技術室:細川

2015年6月15日
消臭器は MADE IN HOSOKAWA のページへ移動する
気づくことの大切さ

初めまして、技術室の細川です。

先日社員研修で自らを振り返り、お互いに意見交換する機会がありました。

その会場は


ディズニーランドホテル


東京ディズニーランドホテルです。
東京ディズニーリゾートではディズニーアカデミーというディズニーテーマパークで実践されているサービスを理解し、自社の企業理念を社員でお互いに再認識して共有するというセミナーを開催しています。


ディズニーアカデミー資料2


ディズニーアカデミーは2部制で、午前中はホテル内でのディスカッションです。
ホテル内の会場へ行くと、まずテーブルの上でミッキーたちが迎えてくれます。
ここでディズニーランドやディズニーシーで実践されているサービスを学びました。

ポイントはいかにお客様に満足していただくかです。
講師の方はディズニーリゾートで実践されているサービスの9割はお客様に"気づいて"いただけないそうです。しかし、そのサービスにお客様が"気づいて"良かったなと思うと印象に残り、楽しい思い出とともにいつまでも覚えているそうです。

そこで私たち社員は普段生活していて印象に残ったサービスや自社の企業理念に基づきどのようにお客様と接しているかをお互いに意見を出して、日々の業務を振り返りました。


ディズニーシー


午後はパーク内に移動して、講義での内容がどのように実践されているのかを、実際にキャストの方に質問したり、クイズ形式で社員全員で当てたりしました。


ディズニーシー1.JPG


その中で私の印象に残ったのはゲストリフレーションという施設で行われているスケールモデルというサービスです。これは目の不自由な方への配慮で、上の写真の奥に見えるアトラクションを忠実に再現した木製の模型に触れてもらうことによって乗る際の安全性と健常者と同じように楽しめるようにしたバリアフリーです。

ディズニーアカデミーを通して、私は日々の生活で受けた良かったサービス等に"気づく"ことが大事だと感じました。日本デオドールとは異なる業務でも良かったなと思ったことをフィードバックし、私たちの業務に活かすことができれば良いなと思いました。


おまけ
隠れミッキー

ディズニーシーで撮影した写真です。この中のミッキーに気づきました?


技術室:細川

2015年6月 1日
気づくことの大切さ のページへ移動する