2016年4月アーカイブ ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「2016年4月」その

においのブログ
脱臭器も劇的ビフォーアフター

匠が登場して問題のある住宅を全面リフォームする番組ありますよね。

そう、劇的ビフォーアフター
私この番組を見るの大好きです。

自分とは全く関係ないのに、終盤のビフォーアフターぶりを見ると
それだけでとっても幸せな気分になります。
まるで我が家がリフォームされたかのような・・・(願望)


実はニオイ対策の場面でもビフォーアフターがあるんですよ。
脱臭器や消臭器も時間の経過とともに古くなって、
新しい脱臭器と交換する必要が出てきます。


今日はこれぞビフォーアフターという現場をご紹介します。


ホテルや店舗、美術館などが入ったとある超高層ビル。
厨房排水は大量で、それを処理する厨房除害設備が用意されています。
そのニオイ対策として他メーカーの脱臭器が付いていました。

高湿度な場所なので腐食により老朽化。
(10年以上過酷な条件の元で使えば仕方のないことです。)

設備の維持管理をしている会社とお付き合いがあった関係で、
デオドールにリフォームのお声がかかりました。


それでは、早速その全貌をご覧いただきましょう。


脱臭器交換前
(交換前:かなり腐敗が進んでいます。)


下矢印

脱臭器交換後
(交換後:新しい!まだピカピカしています。)


「何ということでしょう!」
あんなにボロボロだった脱臭器がスッキリよみがえりました。
既存の排気ダクトと排気ファンはそのまま、再利用できるものは活用しています。


ちなみに上記脱臭器には吸着剤を充填したフィルターを付けて使います。↓

脱臭フィルター


こちらの現場では、設置場所や搬入ルートに制限があったため、
特別仕様の脱臭器を製作しました。


脱臭設備を見直した時、どこのメーカーか分からないよ~という現場でも、
条件が合えば今回のようにリフォームが可能です。


当社の匠に是非ご相談ください!


(ホームページ担当 小林)

2016年4月13日
脱臭器も劇的ビフォーアフター のページへ移動する
春の便り

最近春だなと思って桜を見ていたのですが、もう山は新緑の初夏に向かっていますね。

そんなことを考えながら仕事をしている伊藤です。

さて、最近気温も上がってきて臭いの感じ方も強くなってくる季節ですが、気温が高くなって湿度が上がってくるととたんに臭いに対するご相談が多くなります。これからどんどんお問い合わせも増えてくるのでは?と感じさせる季節でもあります。

また、最近新規オープンの飲食店では、マンションのオーナー様より消臭対策をしてくれと言われたといったご相談が多くみられます。消臭器を付けないと店がオープンできないこともあり真剣に私のお話を聞いてくださるので非常にうれしく思います。

お話だけでもかまいませんのでお気軽にご相談ください!!!

今年度もよろしくお願い致します。

日本デオドール株式会社 伊藤

2016年4月12日
春の便り のページへ移動する
保育士さんがんばって!

待機児童の問題を解消しようと、新しい保育園の開設が増えていますね。
需要があるのは人口の多い住宅街。
隣との距離も近く、子供の声に加え 給食の調理臭 にも気を使う時代です。

当社の 厨房排気用消臭器 を導入する保育園も多くなってきました。


保育園の調理室

(立派な調理室。働く親にとって給食があるってホント助かります。)


ところで、せっかく設備を完備しても、
保育士さんが足りなくて予定通り開業できない保育園もあるそうです。
低賃金が問題でなり手が少ないのだとか。


私も二人の子供が保育園でお世話になりましたが、
先生方の仕事はとても大変だと思います。

乳幼児だとおむつや食事の世話も付きっきりだし、
一人一人の個性に合わせて注意しながら、
集団生活に慣れるよう配慮しなければなりません。

季節の行事をこなしつつ、毎日親への連絡帳も書かなければいけない。
楽な仕事ではないですよ。

でも、皆さん明るくて優しい先生ばかりでした。


そんな保育士さんのお給料、もう少しでも上がればいいな~
と陰ながら期待しております。


(ホームページ担当 小林)

2016年4月11日
保育士さんがんばって! のページへ移動する
どんな春を迎えていますか?

みなさーん、こんにちは。

経理の瀬田(たなばた)です。
第5回目の投稿です。

春、本番!
新年度、入社、進学など新しいことが始まり、鼓動高鳴る季節ですね。

桜のつぼみ

("開花時期を探る桜のつぼみ"、皇居乾門の一般公開にて、撮影3月26日)

長かった冬を越え、ようやく迎える春の写真を、ご笑覧ください。


春と言えば、人事異動の季節ですが、
デオドールでは、これから出産を予定していたり、
4月から新卒社員が加わったりと、おめでたい話が続いています。


しかし世の中には、愛する家族もいるのに、
人事異動で転勤、しかも単身赴任で、気落ちしている人もいるのでは?!

人事は、ヒトゴトなんて、冗談を言われたりもしますが、
突然目の前にやってくるのが、人事なのです。


じつは、単身赴任するのは、ぼくの兄です。

近しい親族が集まった席で、(本人は不在)
誰が単身赴任って、決めたんだろうと、話題になりました。

奥さんと子どもたちの生活は、今まで通り。
父親だけが、遠く離れた場所(※1)で社宅に入ります。
※1:車で2時間くらいの距離


会社が、

「キミ、来月から単身赴任に行ってくれ」、なんて言うことはあり得ないですよね。

転勤は会社からの辞令ですが、単身赴任するかどうかは、
従業員とその家族側の問題ですから。


きっと本人が、家族のことを考えて決断したのかな、と
本人がいない時に、話が落ち着きました。


家族思いの人柄のため、単身赴任はとても寂しいと思いますが、
子どもは、手がかからない年令になっているので、
今が頑張り時だとも言います。

子どもたちは、部活に、進学に、また職場だったり、
父親は、昇進を伴う転勤と、それぞれの目標に向かって走り始めたわけです。


デオドールでは、基本的に転勤はありませんので、
前述のような体験をすることはないかも知れませんが、
前進し続ける人の姿って、いそいそしく感じました。

さて、あなたはどんな春を迎えていますか?!


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

瀬田(たなばた)のブログは、隔週火曜(+α)に更新予定です。


■お掃除のポイントや引越しに関するにおいのトラブルをご紹介
http://www.deodor.co.jp/sp-spring.html
春のにおい対策はこちら(日本デオドール)

2016年4月 5日
どんな春を迎えていますか? のページへ移動する