インターンで思い出す若かりし頃

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
インターンで思い出す若かりし頃

こんにちは!日本デオドールの小林です。今朝は冴えわたる青空のもと満開の桜が楽しめました。


今日の桜
【満開の桜お見逃しなく!】


花の中心部分が少し赤みを帯びているの分りますか?ソメイヨシノは、このくらいに色が変わると散り始めるそうです。そよ風ではらはらと舞い散る花びらに、しばらく見とれてしまいました。



さて、デオドールでは今年度からインターン生を受け入れ、業務の実体験をしてもらっています。若々しいですね~ (^O^) 私にもあんな頃があったのか・・・と思いつつ、昔を振り返ってみました。


デオドールに入社したのは、かれこれ○十年前。まだ、顧問が社長を務めていた頃です。大卒の新人を初めて採用した年ではなかったでしょうか?花の一期生ですね。

においを扱う仕事とあって同期は全て女性。女性の方が鼻が利くとよく言われますが、においを感じる部分の神経回路や脳活動の違い、あるいは女性ホルモンの影響で男女差があるのではないかと研究されています。


入社後1週間は、外部の新人教育セミナーで電話対応や名刺交換の仕方などを習いました。慣れないスーツを着て、一日中講習を聞くのはとても疲れましたが、『社会人になった!』『これから頑張るぞ!』というやる気だけはありましたね。


名刺交換のイメージ
【名刺交換・・・初めは緊張しました】


その後私が配属されたのは、設計事務所や設備業者からのお問い合わせに答える営業部門。消臭器の提案や見積もします。『相見積って何?』『仕切りって何?』最社は分からないことだらけ。忘れないように自分専用の日誌を毎日つけていました。

とにかく自社製品の事を分っていないと話にならない。カタログを作成したり、補充するのも新人の役目。そこで、カタログを手にするたびにうろ覚えの部分を読み返しては頭に入れる毎日です。

でも、一番勉強になったのは、社長や先輩社員の電話対応を聞くこと。当時の社内は、社長も営業も業務も同じ部屋だったのです。だから、話し中の声がよく聞こえる。どんなやり取りで状況確認をし見積につなげているのか、耳をダンボにして聞いていましたよ。


電話イメージ
【ワンコールで電話を取るのも当時の約束事】


そんな私も現在はホームページやSNSを編集するのが主な仕事です。


残念ながら、脱臭専門の仕事や会社が世の中に存在するとは、一般的に今でもよく知られていません。私もママ友にどんな会社に勤めているか説明すると、「へ~ そんな仕事があるんだ。」とよく言われます。

今の社長は、宣伝不足だ!SNSでもっと広めないと!という姿勢ですが、においに困っている人がそんなに増えていないとも言え、悪い事ではない気もします。


とはいえ私が入社した時とは違い今はインターネット、それもスマホがあたりまえの時代。何か調べたい時は、すぐにスマホで検索しますよね。(私は漢字をよく調べます。悲しいことに自分の頭で出てこなくなりました。)

どこかでデオドールを知ってもらうためにも、SNSで配信していくのは大切です。SNS以外の口コミも大事。今回参加してくれたインターン生や、納品先のお客様から噂が広まるかもしれません。


今後デオドールでは、当社製品をご購入いただいたお客様に、アフターフォロー用のお知らせハガキを送付する予定です。商品やスタッフに対するご意見・ご感想を遠慮なく返信して頂ければと思います。いい評判がもらえるように、デオドール社員みんなで頑張っていきますね!


あれ?最後は新年度のご挨拶みたいになってしまいました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m


(ホームページ担当 小林)

日時:2017年4月13日