フレッシュなこと☆大学で街の印象が変わる!?

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
フレッシュなこと☆大学で街の印象が変わる!?

社内のうれしいニュースに、あやかりたいと思っている、
日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。


新婚の伊藤
【フレッシュな新婚生活を謳歌している営業の伊藤氏】
※写真も結婚発表も、本人の了承を得て掲載しています。


いつも明るく人懐っこい性格で、お客様の信頼を得ている営業のホープ伊藤氏が、先月ご結婚されました!おめでとうございます~!本人からでなく私が代わりにお伝えするのは、本人の照れによるものです。こんな場面でも、人柄がにじみ出ていますね。

お二人の末永い健康とご多幸をお祈りしています。お幸せに~!!


おめでたい話は伝播すると思いますので、デオドール周辺にも、もっとハッピーが降り注ぐことを予感せずにはいられません(^^)


さて、フレッシュと言えば学生を連想しますが、会社の最寄地区に、新しく大学キャンパスができるそうです。
2019年4月、新宿区大久保エリアに大学キャンパスがやってくる! ※詳細は、下欄にて。

少子高齢化時代、大学側は学生確保のため、都心にキャンパスを新設したり、郊外から集約する都心回帰の動きがあるそうです。学生がいるだけで、その街は若返ります。学生主体で運営する食堂やカフェができるそうで、もし一般人にも開放されるようなら、学生気分に戻って、学食に食べに行ってみたいですね。


私の地元ですが、大学が出来て街の印象が良くなったお話をご紹介します。


荒川河川敷
【足立区の荒川河川敷】


そこは、東京の下町にあり、東京都内で住みたい区ランキングで、低迷した時期が長く続きました。立地としては、荒川が東西に横断しています。川を隔てるとそこで文化や人、モノの流通が滞ってしまうと言われるように、同じ23区内に数えられるのに、また都心にも1時間かからずに行ける近さなのに、ちょっとローカル感が漂うエリアです。私は、その味わい深い雰囲気が好きです。ハイ、地元愛です(笑)


でも、昔ながらの路地裏が多く、ごちゃごちゃと道路が入り組んでいて、道が分かりづらく、人によっては、あまりいい印象を持たれないようです。風評から、素行が悪い、教育水準が低い、所得が低いなど。。。こんな印象まで。

人は理解できないものには、怖いとか不安を抱くものですね。

ところが今は、大学のキャンパスが5つもあり、学生エリアとしての開発が進みました。学生が街にやってくると、学生を対象とした、小売業、飲食業、サービス業が盛んになりますよね。ターミナル駅には、通学者による人の往来が多くなり、街全体が活気づいたにおいに変わります。


会社近くの大久保エリアは、今は韓国街として有名ですが、大学キャンパスができると、どういい方向に変貌するのか、今から2年後が楽しみです。


(おわり)


<後記>
新宿百人町に、桜美林大学の新キャンパスが開設される予定です。
http://www.obirin.ac.jp/shinjuku-campus/

足立区の再開発が活発です。2017年4月現在、5つの大学(帝京科学大学、東京電機大学、東京未来大学、東京芸術大学、放送大学)がありますが、既に6つめの大学進出も決まっているようです。
https://www.city.adachi.tokyo.jp/hisho/ku/kucho/mainichi-20150326.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2017年4月28日