旬のタケノコを毎年食べられる幸せ

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
旬のタケノコを毎年食べられる幸せ

こんにちは!デオドールの小林です。ここ名古屋では25℃前後の日が続き、湿度も少なくカラッと過ごしやすい毎日です。そんな季節の移り変わりは、肌で感じるだけでなく旬の食べ物から気付くことも多いですよね。

今が旬と言えばタケノコもその一つ。スーパーでも、時々掘りたてのタケノコが売られています。


竹林とタケノコ
【タケノコ(ここまで伸びると食用には向かないかな)】


子度の頃は、毎年自分でタケノコを掘ったものです。自宅の裏に竹林があり、祖父と一緒に探しました。まだ土から顔を出していないタケノコの方が、柔らかくておいしいんですよ。地上に5cmも出ていたら大きすぎるくらいなんです。

祖父はやはり探すのがうまい。ほんの少し土が盛り上がっているだけでタケノコの場所を突き止め、「そこを掘ってみろ!」と言われて掘ると、確実に丁度いい大きさのタケノコが出てきました。


懐かしいな~ (´∀`*)


残念ながらその竹林は、土砂崩れの危険があるとのことでコンクリート塀で覆われ、人が立ち入ることができなくなってしまいましたが・・・。


おすそ分けのタケノコ
【おととし頂いた土付のタケノコ】


そんなわけで、昔無料で手に入ったものをわざわざお金を払って買う気にもならず、しばらく旬のタケノコとは縁遠い生活をしていましたが、今の住まいでご近所づきあいが増えていくうちに、おすそ分けとして頂くようになりました。


ありがたいです。 (*´-`*)ゞ


今年は空手道場の先生と、近所のお友達から掘りたてのタケノコを頂きました。まだ土の付いたタケノコを見てそのにおいを嗅ぐと、今がタケノコの季節なんだな~と改めて実感しました。少しひんやりしてさわさわと風にそよぐ竹林が思い出されます。


保存中のタケノコ
【下ゆでしたタケノコ】


筍ご飯、今年は何度作ったかな・・・
そろそろ終わりに近づいております。来年も手に入ることを楽しみにしつつ、最後のタケノコをじっくり味わいたいと思います。


(ホームページ担当 小林)

日時:2017年5月16日