チャドクガ発生!!びくびくの駆除奮闘記

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
チャドクガ発生!!びくびくの駆除奮闘記

こんにちは、ホームページ担当の小林です。

タイトル通り本日お届けする内容は、チャドクガ駆除奮闘記です。毛虫の画像も載せていますので、嫌いな方は続き読まないでくださいね。


そーなんです。
先日、自宅の庭でチャドクガの毛虫を見つけてしまったんですよ!
今、思い出しても衝撃的。


我が家はお隣との境が狭い路地になってまして、普段はそこを通ることもなく草木も放ってあるのですが、窓ごしに、塀を乗り越えてツタが伸びてきたのが見えたので剪定に行ったんです。ツタが屋根に届いて瓦をずらしたら困りますからね、ツタは無事にハサミでカット。

やれやれと、ふとその傍らにあった椿を見ると・・・


椿の葉に何かいる
【椿の葉に何かいる!】


準備はいいですか? いきますよ。



チャドクガ発生
【毛虫!!(この時はチャドクガとは知らず)】


ギャー、どう見ても毛虫!
しかも群れてる。群れて葉を食べている。Σ( ̄口 ̄*)!


触らなきゃ問題ないでしょと、その時は何もせずそうっとその場を離れました。が、なんて毛虫なのか気になって調べたところ・・・


  • 名前はチャドクガ。
  • ツバキ、サザンカ、チャなどツバキ科の植物に発生します。
  • 毒あります。
  • 死骸にも毒あります。
  • 放っておくとどんどん増えます。(年2回繁殖)

えーっ、放置はダメなんですか!!

死骸を残してもダメなんですか!!

がっくしです。


家の中から椿を何度も眺めては考えました。
『駆除するなら今だよな~、家族みんな出かけてるし。見つけたからには、私がやらなきゃならないんだろうな~』


ネットで駆除方法を検索すると、やはり早めに退治するのがいいみたいです。チャドクガが飛散しないよう固めるスプレーもあると知り、一旦、ドラッグストアへ。探しましたが見当たらないので、家にあるもので頑張るしかない!と腹をくくりました。


長袖着て、ゴム手袋して、眼鏡やマスクもして、長靴履いて、害虫駆除のスプレー持って・・・いざ出陣!

まずはビニール袋を葉の下に広げ、チャドクガが群れている葉を枝ごとハサミで切り取ります。ハサミの衝撃でチャドクガが激しく動き回ったらどうしよう、とびくびくしましたが大丈夫でした。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

ビニール袋へ害虫駆除のスプレー(家にあったのはゴキブリ用)を吹きかけ、チャドクガを死滅させます。特に暴れることもなく安らかに眠ってくれました。(君たちに恨みはないのだけれど、ごめんね。)


そして、取り残しがないか再び椿の葉をチェック。

いました、いました。2匹。この2匹の距離感が微妙。一緒に処理できそうでできない。葉を揺らさないように、1匹ずつ慎重にビニール袋へ閉じ込めました。スプレーして駆除完了です。


チャドクガ駆除
【駆除した成果(それまで写真を撮る余裕なんてありません)】


チャドクガの幼虫は、外敵の鳥から身を守るために葉の裏側に隠れているそうなので、その後何度も下からのぞいて確認。1週間たちましたが、今のところ再び彼らの姿を見ることはありません。


チャドクガ駆除後の椿
【駆除後の椿(奴らはこの辺にいました)】


椿には豊富なフィトンチッドが含まれているだろうに、チャドクガには忌避効果がないんですね。

チャドクガを発生させないようにするには、冬の間に枝の剪定をちゃんと行って、葉の裏に卵があればそれを取り除いておくのがいいそうです。(卵も素手で触るのはNG)万が一、毛虫の群れを見つけてもあせらずに駆除すれば大丈夫。私でもできたのですから。╭( ・ㅂ・)و(最低限、長袖とゴム手袋は準備した方が安心でしょう。)


今年の冬は忘れずに剪定せねば!


以上、チャドクガ駆除奮闘記でした。


(小林)

日時:2017年6月20日