人工知能(AI)と成長☆

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
人工知能(AI)と成長☆

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。

先日、東京ビッグサイトで2年に一度の東京モーターショーが開催されました。華やかな雰囲気の中、次世代を感じるコンセプトカーなどを観るのは楽しいですよね。今回は行けませんでしたが、注目の話題は、エコや電気自動車、そしてAIだったのではないでしょうか。


今日は、AIのお話しです。巷でも、人工知能(AI)という言葉をよく聞くようになりましたが、その言葉からは、どのようなイメージを持つでしょうか?

私は、人間と同じような姿形のアンドロイド(ロボット)が、人間の生活圏に溶け込み、近未来的だけど、ちょっと不思議な印象を持ちます。なんとなく分かるようで分からない、というのが正直なところです。でも、これから人類が創り上げていく、未来のことだからワクワクしますよね。


ロボットのイメージ
【ロボットのイメージ】


私が学生時代の〇年前、"知能機械"という授業がありました。何やら面白そうということで、受講したのですが、恥ずかしながら内容はちんぷんかんぷんでした(><)

当時のコンピュータ(パソコン)と言えば、マウスから画面上のアイコンに対して操作するのではなく、コマンドと呼ばれる命令文を、キーボードから直接入力して操作するのが当たり前でした。そんな時代に、人工知能と言われても、ピンと来ません。概念はあっても、それを実現できるコンピュータ環境は、存在しなかったということもあります。

しかし昨今は、インターネットを始めとしたネットワークの整備が進み、膨大なデータを処理できるハードウェアやソフトウェアが飛躍的に進歩しました。ハイクラスの車には"人工知能搭載モデル"があり、よりAIが身近な存在になりつつあります。


ネット上でググると、ほかにもAIの実例はたくさん見つけられます。

例えば、「AlphaGo」
人工知能が、囲碁の世界チャンピオンに勝利した!というニュースは、AIを一躍世間に知らしめた出来事だったのではないでしょうか。

「ワトソン」
難病の症例患者の正しい病名をわずか10分で見抜くと言われています。症例が増えるほど、学習していく仕組みは、人間でいう経験値なのですね。

接客ロボット「Pepperくん」
設置しているお店が増えています。動きがコミカルで楽しくもっと試したいですが、店頭でひとり長い時間、ロボットと遊ぶ姿は寂しいのでほどほどにします。。


ペッパーくん
【ペッパーくん/そっぽむかれています(笑)】


AIは、人間が作ったプログラムです。

現在は、映画や空想の世界のように、意思を持ったり、自律したりすることはできません。ある使用場面に特化していて、過去の膨大なデータを活用(機械学習)することで、短時間に判断できる能力と可能性を持ち、産業分野などから注目を浴びています。しかし、技術進歩はドッグイヤーなので、いつ突然にAIに意思が芽生えるとも限らないですよね?!

当社のにおい・かおりソリューションは、飲食店、工場や介護病院など、においに敏感な場所などでご利用いただいております。将来、におい・かおり分野にもAIが導入されたらどうでしょう。

少し飛躍しますが、においを嗅ぎ分けて、あるにおいで記憶が想起され、過去を懐かしむロボットがいたら、人間くささがハンパないですね。AI技術の理想形が、人と同じように自動的に学習し考え判断し成長することだとしたら、そんな世界を想像すると冷や汗が出てきました。

生活が便利になるのは歓迎ですが、

少なくとも成長は、人間だけが持つ特権にしておいて欲しいと思います(^^)


(おわり)


■2017国際ロボット展 in 東京ビッグサイト
開催期間:11/29(水)~12/2(土)

iREX2017


※12/2(土)限定☆ 当社も(少しだけ)スペースを借りて出展予定です。遊びに来てね!


■AI化とは
人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようとする試み。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2017年11月10日