東京マラソンボランティア

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
東京マラソンボランティア

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。

2月末の日曜日。天気くもり。最高9度、最低3度という冬らしい気温の中、冬の風物詩となった東京マラソンのボランティアに参加してきました。

私は、昨年に引き続いてのボランティア活動ですが、ランナー3万5千人のサポートのため、におい・かおり会社の社員として、みなさまの汗のにおいを感じます。

任務内容は、沿道での交通整理です。興奮した観客者が、沿道に出てしまい、ランナーの走りを妨げないように見守ります。


東京マラソンのボランティア
【ボランティア活動に向けて準備万端です(レース開始前)】


今年は歴史的な記録が出ましたね。設楽悠太選手が、日本最高記録を16年ぶりに更新、5位の井上大仁選手も、2時間6分台とすばらしい走りを魅せてくれました。

ボランティア目線でいうと、基本的に定位置にいる自分の目前を、3万5千人が走りぬけるのです。制限時間は長めの7時間と、走りやすく設定されているので、トップランナーが抜けてからが、実はボランティアとしての時間が長い・・・。スタートから2時間~7時間後までは、延々と人が途切れることがありません。

ここがボランティアのがんばりどころ。全体では、通勤・通学ラッシュ並みの人込みになりますが、上位選手だけでなく、選手一人ひとりにエールを送る気持ちがなければ、とてもつとまらないでしょう。


中には、本格的に仮装している人や、帽子にマスコットを取り付けている人もいます。そういうランナーを見かけたら、極力いじって差し上げますw

例えば、寿司ダネのエビの被り物をしている人を見かけたら、

「エビー、がんばれー」みたいに。

本人も自分のことだって分かっているので、大抵「ありがとー」って返ってきます。

不特定多数への応援ではなくて、「あなたですよ」という気持ちが伝わると反応しやすいですよね。でもこれで私は、気まずい思いをしたことがあります。

「いちごー、がんばれー」と言ったところ、

走り去るランナーから「さくらんぼだけど」とのご指摘が・・・(><)

ん?・・・見間違えた?!

ノリのいい方で笑い飛ばしてくれたので、こちらも救われました。恥ずかしいですね。


ここには、がんばっているランナーがいて、応援しそれに笑顔で応えてくれる、言葉を超えたコミュニケーションの楽しさがあります。だから私は続けているのだと思います。

みなさんも機会があったら、参加してみてはいかがでしょうか。

でも、採用倍率が上がっちゃうのでほどほどにお願いします(笑)


(おわり)


■東京マラソン
http://www.marathon.tokyo/

代表選考のためのトップ選手(エリートランナーと言うらしい)から、お祭り気分を味わいたい人まで、たくさんの人が走る日本最大規模の市民マラソンです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2018年3月 9日