人体展

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
人体展

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。

突然ですが、ヒトの仕組みって不思議だなぁと思うことありませんか?

私は、神秘に満ちた人体への関心に魅せられて、その歴史から最先端の研究に触れられると評判の「人体展」を見学してきました。


人体展
【人体展~私は何者なのか】


人体展は、「ダヴィンチものめり込んだ世界」、「ヴェサリウスの革命的な解剖図譜」、「観察することの進化、顕微鏡」、「精巧な復元の姿ワックスモデル」などについて、実物や模型、高精細な4K映像、分かりやすいパネルで、子どもも大人も楽しめる展示会となっています。

個人的に印象深いのが、ヒトの内臓標本を観たことです。本物というのは衝撃でしたが、心臓と胃など臓器を1~2個鑑賞すると、学校の理科室においてあったような錯覚がして、意外とすぐ慣れます。

また、『モナ・リザ』で著名なレオナルド・ダ・ヴィンチが、写実的に人体を描く理解を求めて解剖を行い、多くの人体解剖図を遺したことは秀逸です。原画が見れます!

タブー視されていることや、本当はよく分からないものをブラックボックスのままにするのではなく、あくなきダ・ヴィンチの探求心が、人体の理解を深め、今日の医学を発展させてきたことは、本質を知る姿勢が大事という意味で、私たち現代人も大いに学ぶところがあると感じました。


人体と言えば、当社が扱う"におい=鼻"も、大きくかかわりあります。

例えば私たちの鼻は、においを嗅ぎ分けることができます。花のいい香り、不快なニオイ、美味しそうな料理のにおい、近寄りたくないゴミのニオイなど。でもなぜ?

不快なにおいがする場所には、いたくないので移動するでしょうし、昼食時にカレーのいいにおいがしたら、ランチはカレーを食べるでしょう。鼻が捉えたニオイ情報が、人の行動に影響を与えるのですから、「鼻ってかなり重要」ですよね。そんな嗅覚を持つ鼻は、五感をつかさどる器官(目、耳、肌、舌)の一つに過ぎません。

これら器官の他に、臓器や骨そして脳など、見事に調和のとれた人体も、もともとは一つの受精卵から生まれたというのですから、興味が尽きることはありません。


人体の最新研究では、私たちの体内では、様々なメッセージ物質が各臓器との会話・・・「疲れた、しんどい」 「おしっこをしよう」「ご飯が来たぞー!」 、などの会話をすることが分かってきました。(NHKスペシャル人体神秘の巨大ネットワークより)

ヒトの設計図であるゲノム情報の解析が進めば、さらに人体を知ることになるでしょう。汝、自身を知るという、人類が挑み続ける永遠の謎に、あなたも誘われてみてはいかかでしょうか。

6月中旬まで楽しめますよ。


(おわり)


■人体展

http://jintai2018.jp/

2018年3月13日から6月17日
国立科学博物館(東京上野公園)
主催:国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2018年3月30日