簡易的においの判定法

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
簡易的においの判定法

こんにちは!
先日、自宅でタピオカドリンクを手作りした小林です。生タピオカなるものは初めてだったので、まず味見。きな粉テイストで香りはキャラメルでした~。茹でた後の蒸らし時間が短すぎたのかやや固めに仕上がりましたが、ココナッツミルクと紅茶で割っておいしくいただけました。また作ろう !(^^)!


さてさて、良いにおい、嫌なにおい。どんなにおいでも、それを鼻で評価する場合、必ず自分というフィルターがかかってしまいます。おのおの、そのにおいに対して今までの経験値が異なるからなんですが、同じにおいを嗅いでいるのに、周りと感想が違うな~と思ったことありませんか?


パクチー
【パクチーの香り:好みが分かれますね。わたしは好きです!】


そして、このにおい許せる、許せないというのも個人によりけり。判断が難しいところではありますが、ビジネスの間では『一般的にはどうなのか?』を知りたい時もあるかと思います。


  • 商品のにおいが問題になるけれど・・・
  • 商品Aと商品Bのにおいどちらがいいのか?
  • 賃貸の室内がにおうと言われるが・・・

などなど。


専門の分析センターに頼み機器分析にかければ、どんな物質が含まれていて、どれくらいの濃度出ているということを調べることもできます。でも、それだけコストもかかる。


そこで、簡易的なにおいの判定をして、本当に問題がありそうなのか目星を付けるのはいかがでしょう。


『簡易的においの判定法』
商品や室内のにおいを複数の人に嗅いでもらい、においの強さと好み、どんなにおいに感じるかを選んでもらいます。そして、臭気強度と快・不快度の数値を調べ、その平均値を出します。実施人数は多ければ多いほど、信憑性が増すはずです。


においの判定用紙
【においの判定用紙】


こちらの用紙は、カタログ一覧からダウンロードできます。
(3.においの質は、状況に合わせて違う記述がいいかもしれませんね。)


かなりアナログな調査法ではありますが、一般的にどう感じるかを知るにはベストな方法だと思います。大局的に見るとでも言いましょうか。(ちょっと違うか。。。)もちろん、においを嗅ぐ人は偏りがない方がいいですから、年齢、性別、消費者、製造者など、いろんな条件の人を集められるといいですね。ご参考までに。


(ホームページ担当 小林)

日時:2018年4月17日