進捗確認ミーティング

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
進捗確認ミーティング

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。


4月に開催したキックオフミーティングの続きで、再び矢本先生にお越しいただき、社内全体会議が行われました。ミーティングは先生流のつかみから始まります。比較するなと怒られそうですが、私の単なるおやじギャグとは、雲泥の差です(笑)


社内ミーティング風景
【矢本先生をお招きしての社内ミーティング風景】


まずミーティング冒頭で、仕事でうまくいっていることを2つ発表しました。これは、矢本先生流の挨拶で、私はより円滑なコミュニケーションのきっかけになるこの挨拶が好きです。人間の脳は、欠けているものが気になる習性があるため、意識していい事にフォーカスするのです。それには、次のような狙いがあると教わりました。


  • (明るい)雰囲気作り
  • (発表者の)価値観を知る
  • (自らの)視点を変えるトレーニング

これは全員で行うことが大切です。時間は有限です。いい事は言うのをためらわず、みなで共有しましょう。


さて今回は、進捗状況の確認が主な内容です。どんなに素晴らしい計画を立てても、実行しなければ意味がありませんよね。


やるべき事
【本社窓に貼った総務Gのやるべきこと】


今回の進捗確認ミーティングで、私は次のことを学びました。

やることは手段であって、目標とか目的はその先にあることを再認識したことです。私たちの目標は、多くのお客様に喜んでいただいて、売上を上げること。そのゆえ気をつけなければならないのが、改善活動をやって終わりにしないということです。私が所属する総務Gは、活動内容を数値で計りづらい部門なので、特に気をつけなければなりません。

例えば、マニュアルを作ったら、最後の運用まで見届けて、改善が見られるまで工夫を続ける必要があります。やることだけを目的にせず、本当の成果を得るためには、軌道修正も大事な手段ということです。

一方、改善がある程度うまく行くと、だんだんそれが当たり前になってきて、また改善が必要となります。この改善のプロセスをぐるぐる回すのが、日々の活動そのものと言えると思います。だからそれに耐えうる心持ちが何より大切です。


全2回にわたり、矢本先生には社内全体ミーティングを行っていただきました。いい勉強になったと思うだけで、ここまで取り組んだことを無駄にしたくはありません。

先生のおかげで私たちは、課題を抽出して多くのアイデアの中から改善活動を決めて、実行計画を立てるプロセスを得ることができました。これからは、本格的な実行フェーズに入ります。やったことに対する品質の問題もありますが、例え大きくなくても、小さな成功体験を積み重ねていって、目標に近づいていけたら、きっと新しい世界が見える気がしてわくわくします。

私だけでなく、矢本先生からたくさんの気づきを与えてもらったと感じる人が多いと思います。2ヶ月間ありがとうございました。感謝しております。次も楽しみです☆Next Follow Up!


(おわり)


■重版決定
矢本先生の書籍が好評発売中です。アマゾンでは電子ブック化が、東京神田の三省堂では、POP付きで平積みされました。


矢本先生の書籍
【書籍:15分ミーティングのすごい効果】


矢本先生ってどんな人なのと思った方も、よーく知ってるよと言う方も、手にして読んでみていかがでしょうか。ビジネス本としてはとても読みやすいですよ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2018年5月11日