コーヒーの香りに癒される

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
コーヒーの香りに癒される

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

先日、コーヒーを自分で淹れることを趣味にしたいと宣言しましたが、豆の準備から器具の後片付けまで、結構手間ヒマかかるものだなあと実感しています。でもあえて、自分の手で行うからこその価値があるとも思うのです。

私が思う一番の醍醐味は、コーヒーの香りを存分に嗅げることです。電動ミルなどの粉砕器で、コーヒー豆を粉々にしているときは、抽出しているときとは違ったコーヒーのいい香りを楽しめます。香りに乗って、美味しいよ♪と豆からのメッセージがダイレクトに届く感じです。深く濃いコーヒーの香りは、心を穏やかな気持ちで満たしてくれるんですよね。嫌なことがあって気分が落ち込んでいるときも、コーヒーの香りがそれらを和らげてくれるような気がします。


コーヒーの抽出まで
【左下から右回りで 電動ミル/コーヒー豆/中挽き後/抽出中】


今回は、エチオピア・イルガチェフェなるコーヒーを選びました。名称は地域名です。手に入れた豆は、「ウォッシュト」という精製方法で、水洗いを経て異物を除去してから乾燥させた後、「シティロースト」という中程度に焙煎されています。

さっそく電動ミルで中挽きにして飲んでみました。豆粒は細かすぎると、お湯に溶けやすくなり味が濃く苦味も出てしまうので、「中挽き」にしています。

味の印象は、コーヒー独特の苦味は感じなく、クリアーさが際立ちました。飲みやすいコーヒーとは、こういうものなのかなと思います。また、私には感じませんでしたが、本来は風味や甘みもあるコーヒーのようです。

舌はまだまだですが、これからもコーヒーライフを楽しんでいきます。


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2018年5月25日