2018年7月アーカイブ ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「2018年7月」その

においのブログ
夏は生ゴミ早よ腐る

7月も最終日。予想外の猛暑が続き、エアコンなしでは過ごせない毎日ですね。(ノД`) 体温より高い日もあり、気温36℃でも涼しく感じる名古屋からお伝えしております。


暑い季節になると、特定の分野に皆さんの関心が集中するようです。7月に入って閲覧数が大幅に増えた記事をご紹介しますね。( )は前月との閲覧数比較



夏は紫外線も気になりますが、ご覧のとおり『生ゴミ臭』『下水臭』『汗臭』といったニオイにも関心が高まっているようです。


ゴミのイメージ
【外に放置したゴミ(夏はニオイにご注意!)】


さて、我が家のお隣さん、可燃ごみ(生ごみ入り)を出し忘れたと見え、しばらくゴミ袋が外に置いてありました。気温が高くなければ、次の収集日まで放置してもそれほどニオイは気になりません。しかしこの季節、しかも猛暑。あっという間に強烈な腐敗臭が発生し、我が家まで漂ってきました。


く、くさい・・・


何とかしたいけど、ニオイの発生源は余所のお宅。勝手に入って捨てるわけにもいかないし。けれどニオイは容赦なくこちらに入り込んでくる・・・


「会ったらそれとなく話してみようか?」

「でも、臭いって言うのも気が引けるな~」


悶々としながらも、お隣に面している窓は常に閉め切り、換気する時は消臭剤を窓辺に置いてやり過ごしました。ニオイって感情とダイレクトにつながっているから、相手にマイナスのイメージを持ち続けたらダメなんです。怒りだけが残ってしまう。

そんな時は気持ちの切り替えが大事です。『常時臭う訳じゃないんだから、ちょっと我慢すれば大丈夫。』そう思ってこだわらないようにしました。デオドールにはちょうどいい消臭剤もあるしね!


夏は臭いが出やすいです。そして、気付かないうちに加害者になっているかもしれません。いつも以上にゴミ出しや、スキンケアに気を使いたいですね。


(ホームページ担当 小林)

2018年7月31日
夏は生ゴミ早よ腐る のページへ移動する
今年のトマトできました

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

毎日暑いですね~。体温に近い暑さの中では、体から熱がカンタンに下がらないから、困ったものです。通勤途中にかく汗で上着は濡れてしまうので、私は着替えを2~3枚持って出勤しています。人は、年を重ねると、暑さ寒さに鈍感になっていくそうですが、その意味で私はまだまだこれからと解釈しています!単に暑がりなのではとご指摘いただくこともありますが・・・(笑)

においの会社で、不快なにおいを発していたら周りから嫌われますからね。私は着替えてすっきり快適に仕事をしています(^^)


さて、みなさんトマトは好きですか?私は、噛んだ瞬間にプチっと皮が破裂して、トマトの栄養が口いっぱいに広がる食感がとても好きです。水分もあるので、暑いいまの時期、ミニトマトなら一度に2~30個は食べられると思います。


今年のトマト
【新鮮な朝採れトマト/左下は買ったばかりの小さな苗/右下は150~180cmほどに育ったトマト】


私の実家では、毎年ゴールデンウィークに、家庭菜園をするのが恒例となっていて、今年も行いました。小さかったトマトの苗木も、たった2ヶ月半で食べられるほどに大きくなり、7月中旬から少しずつ収穫を始めています。

トマトを育てる過程で、土に触れ、苗に触れ、においをかぎ、汗をかく。そんな作業そのものも楽しいですが、収穫するのはもっと楽しいですね。そして、さらに楽しいのは、手間ヒマかけて作ったトマトを、誰かに食べてもらい、美味しいと言ってもらえたときなのです。


「○○のために行う貢献」は、その人自身の脳が良く働く上でのキーポイントになると言われています。その瞬間、私は脳がプルプルっと反応して喜んでいる、ということを実感するときもあります。



時として、おもてなしの押し売りにならないよう気をつけながら、ギブ アンド ギブを実践することは心がけていきたいです。テイクを得られるとすれば、あなたの笑顔が十分うれしいです。


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年7月27日
今年のトマトできました のページへ移動する
限定☆消臭剤ロードクロサイト販売中!

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

弊社は7/12、新宿NSビルイベントホールで行われた、昭和信用金庫主催の展示会に出展しました。同展示会は、年一回7月頃に開催され、より多くの企業の方に弊社のことを知っていただこうと、ここ数年は毎年参加しています。


ビジネスマッチング2018-1
【展示会の様子】


弊社は、においの消臭部門と、かおりの芳香部門があります。消臭部門では、2つの事例を紹介しました。

1つ目は、接着剤剥離工場の排気です。工業機器の部材を接合する接着剤を加熱して剥離する工場では、弊社の消臭剤ウッディーマイルドを使用し、接着剤の独特なにおいを低減しました。

2つ目は、厨房排気消臭です。某飲食店で素材を焼くときにでる甘い香りについて、近隣への配慮から、弊社の消臭器を導入していただきました。


さて、今回の目玉の一つとして、4~6月に一緒に働いたインターン生(現役女子大生)が手がけた可愛らしい消臭剤、"森のカプセル<ロードクロサイト>"の販売もありました!パチパチパチ~♪


ビジネスマッチング2018-2
【コーオプ実習生による、香りビーズを使った商品開発】


~~~~~
"森のカプセル<ロードクロサイト>"を使用した個人的感想ですが、私は自宅の部屋で使っていて、手のひらサイズなので置き場所に困らないのがいいですね。同梱されたマジックテープを使えば、簡単に壁掛け用にもなります。使用感は、そよふく風に乗って、ほんのりした大人の甘さの中にすっきりした香りがして心が和らぎます。「今日も一日がんばるよ!」女性らしいかおりが、使用する私の気持ちを後押ししてくれる気がしました。
~~~~~


展示会場での販売が終わった今、楽天サイトでご購入ができます。


ロードクロサイトミニミニ
【ロードクロサイト ミニミニ ※約1ヶ月ご使用できます】


2018年8月11日 9時までの期間限定・数量限定販売ですので、お早めにどうぞお試しくださいませ m(_ _)m


(おわり)


■ビジネスマッチング交流会2018
主催:昭和信用金庫 共催:興産信用金庫
http://www.shinkin.co.jp/showa/news/20180608.pdf


■インターン生が手がけた消臭剤 好評販売中! ※楽天サイトに移動します。
森のカプセル ロードクロサイト
ロードクロサイト ミニミニ


■インターンに関する過去ブログはこちら
https://www.deodor.co.jp/2018/04/131426.html
https://www.deodor.co.jp/2018/05/181330.html
https://www.deodor.co.jp/2018/06/071231.html


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年7月20日
限定☆消臭剤ロードクロサイト販売中! のページへ移動する
うな忠さんのひつまぶし

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

暑い日が続く東京です。梅雨明けは、例年通りなら7月に入ってからですが、今年はなんと6月末に梅雨明けしてしまいました。急な気温変化に驚いて、体がだるく感じる人いませんか?!

暑さに負けない体作りには、食事が基本です。今月7/20は、土用の丑の日。元気が出そうな食べものと言ったら、やはり"うなぎ"ですよね。濃い甘タレがたっぷりかかった、うなぎとごはんの相性は最高です。家族やがんばっている自分へのご褒美に、うなぎを楽しみにしている人も多いと思います。


さて先日、先輩社員について、名古屋の現場(7月10日に当日OPEN!の鰻屋さん)に同行させてもらいました。お客様が鰻屋さんと聞いて、少し顔がニヤけてしまったのは私だけでしょうか。

うな忠東郷店様では、近隣の方に対して調理中のにおいにも配慮するというお店の方針で、日本デオドールの中和消臭器DC-4Yを導入していただきました。DC-4Yは、小・中容量の厨房排気に適した消臭器です。

外にある排気口の近くに立つと、うなぎのにおいが、弊社の消臭剤マイルドブレンドと混ざり合い、良い感じに中和されておりました。現場を自分の目で見て、説明を聞くと、なるほどとても勉強になります。改めて消臭剤の効き目を実感できました。


うなぎ屋さん内装
【うな忠さんの建物外観/内装/排気口】


もちろん、うなぎもいただくことにしました(^^)

店内は、カジュアルで清潔感あふれる程よい広さで、こだわりの鰻料理をいただけます。カフェを思わせるオープンな内装は、居心地がとてもいいんです。コーヒーが出てきたら、友人と長い時間話し込んでしまうみたいな・・・(笑) 実際はメニューに珈琲はありませんが、これなら「高級料理の鰻をもっとカジュアルな雰囲気で食べたい」、という人にもいいですよね。親子で切り盛りするアットホームな雰囲気があるので、肩ひじ張らず、カップルも家族連れも楽しめると思います。


ひつまぶし
【うなぎが万遍なく敷き詰められた、ひつまぶし】


悩みに悩んだ挙句、二人とも、ひつまぶしを注文しました。

うなぎは、ごはんの上に万篇なく敷き詰められ、その量に圧倒されました。ちょうどいい甘さのタレが、うなぎとごはんに染みて最高に美味です。注文を受けてから、店内でさばかれるうなぎは、弾力があって身がぷりっとしているのが印象的です。


ひつまぶしの食べ方は、下記の様に3つの味が楽しめます。

  1. まずはお茶碗にうなぎをよせて食べる。
  2. お茶碗によせたうなぎに、薬味を乗せて食べる。
  3. よせたうなぎをお茶漬けにして食べる。

<私にとって新しい、第4の食べ方>
わさびをお吸い物にさっと溶かしてから、うなぎとご飯と一緒に食べる。


今回は、弊社の消臭器にお客様も満足していただけたようで何よりです。私たちも、新規オープン時にひつまぶしを堪能することができ満足しました。これからは、この笑顔の連鎖がもっと広がり、たくさんの人を喜ばせてくれるお店として繁盛することと思います。

皆様も、機会があったら、うな忠さんに立ち寄ってみてくださいね。


(おわり)


■うな忠 東郷店
創業50年!鰻・米・炭にこだわるうなぎ店
愛知県愛知郡東郷町北山台4-7-8 ※R153沿い

◎うな忠 本店HP
http://www.unachu.com/

ひつまぶし2


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年7月13日
うな忠さんのひつまぶし のページへ移動する
足袋履いて田んぼアート

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

6月中旬頃、埼玉県のとある水田で、昔ながらの田植えをしてきました。田植えと言っても、今のように田植機を操縦するのではなく、自らが泥水の中に入って腰を曲げながら、手で稲の苗を植えるという、たぶん多くの人がイメージするあの作業です(^^)

今まで田植えの話はしたことないですが、ランニング愛好家としては、この地に訪れない訳にはいきません。えっ、田植えなのにランニング?!

実は、私が参加したのは、ただの田植えではありません。みなさんは、「田んぼアート」って聞いたことがありますか。それは、水田をキャンバスとして、色彩の異なる複数の稲を植え付け、文字や図柄等を表現する取組なのです。


田んぼアート用の稲
【色彩が異なる稲】


ここ埼玉県行田市は、最大の田んぼアート(Largest rice field mosaic)として、2015年ギネス世界記録に認定されました。その時は、「はやぶさ2や宇宙をイメージした作品」でしたが、私は昨年の「陸王 ※1」とのコラボレーションによるアートに感化され、どうしても来たかったんです。行動パターンが単純ですね〜(笑)

足袋とランニングシューズをテーマにした池井戸潤の作品「陸王」のロケ地で、田んぼアートに参加する。昨年は行く機会がなかったのですが、今年は一つの夢が叶ってよかったです。小雨の中、地元フリーペーパーのインタビューも受けてしまい、少し興奮気味に受け答えしている自分が、客観的に見えて面白かったです^_^


足袋
【足袋の街で購入した足袋。丈夫で動きやすい】


田植えには足袋
【足袋を履いているので、水田での作業も安心】


泥はくさいか?、ですって。もちろん、土と水のにおいはしますが、むせるようなことはありません。作業中は、泥んこ遊びが楽しかった子どもの頃を思い出しました。もちろん、田植えは真剣にしましたよ!

ベテラン職員さんに教わった、田植えのコツは以下のようなものです。


  • 「苗は、5~6本を一束とする」 ※意外と少ない。
  • 「苗を持った手は、斜め上から泥の中に入れる」 ※横に押しつけてから手を抜くといいらしい。
  • 「苗は、泥の深さ3cmに植える」 ※水を求めて根が伸びるのかな。
  • 「苗は、30cm間隔で植える(種類により15cm間隔)」 ※ふむふむ。
  • 「立ち位置から、前方3箇所に植える」 ※理想的♪
  • 「後ろに下がりながら植える」 ※帰り道を確保しないとね。

6月に植えたので、時期としては少し遅い気がしましたが、順調に育つと、夏の日差しがピークを迎える8月頃に、稲の背丈は最も大きくなり、美しいアートが見られるそうです。秋に黄金色になった稲穂の頃も良さそうですね。

毎日の食卓でお馴染みのお米を巡り、こんな素敵な取組みをしている自治体があることに感動しました。

皆さんも機会があれば行ってみてくださいね。広々とした水田の光景を見るだけでも癒されますよ。


(おわり)


■行田市の田んぼアート
http://www.city.gyoda.lg.jp/15/05/10/tanbo27/images/2018tanbo.html

◎ギネス記録
「最大の田んぼアート」としてギネス世界記録(約2.87ha:27,195平方メートル)に認定される。

■陸王 ※1
池井戸潤作品の「陸王」は、老舗の伝統的足袋製造会社の二代目社長が、今まで築き上げた伝統の足袋を、これからはランニングシューズとして使ってもらおうと商品開発に奮闘する物語です。足袋の需要が年々先細る中、家族や社内、銀行や取引先、ライバル会社、そしてランナーと、たくさんの人たちと触れ合い、時にはぶつかりながら、夢に向かって行く姿勢に、私も夢中になってしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2018年7月 6日
足袋履いて田んぼアート のページへ移動する