平成最後の隅田川花火大会

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

日々の出来事、においや消臭に関するブログ

においのブログ
平成最後の隅田川花火大会

こんにちは。
日本デオドール株式会社、経理担当の瀬田です。

取りつく島もないほど、今年は暑いですね。関東甲信越では、観測史上最早の6月下旬に梅雨明けしたり、埼玉県熊谷市では、全国の観測史上最高気温41.1度になるなど、"異常気象"と言えるほどの夏となっています~。

少し気が早いですが、年末恒例の今年一年のキーワードは容易に想像できますね。私が小学生の頃は、最高気温といっても、せいぜい30度を少し越えるくらいだったと思います。このままで大丈夫なのかな?、地球市民の一人として心配になります。


さて、夏と言えば、花火ですよね。私は先週末、今年初めての花火大会に行ってきました。


花火イメージ
【花火のイメージ】


隅田川の花火大会は、第1会場と第2会場にあわせて、毎年100万人近くが訪れると言われ、混雑ぶりにも定評があります。気持ちの一片では、行き帰りの混雑を避け、クーラーの効いた部屋で、ビールを飲みながらTV鑑賞するのも捨てがたいですが・・・(笑)


生ビールイメージ
【生ビール】


やはり生のライブ感はいいですね。会場へ行くと、"ドォーンと言う音や観客の歓声"、"ピカッと一瞬の輝き"、そして"火薬のにおい"などを、肌で感じることができてオススメ♪あー、夏が来たなあって気分を存分に楽しめます。

今年は、台風の影響を考慮して、もともと土曜開催が日曜日に順延されました。平成25年には、開始30分でどしゃ降りになり、大会史上初の中止になったことがあります。今回は早々に英断でしたね。楽しみにしていた多くの花火ファンも、予定を組みやすかったのではないでしょうか。

当日は、無事に2万発の花火が東京の夜空を照らしてくれました。息つく暇もないくらい連続で打ちあがり、平成最後の花火大会にふさわしい豪華さでした。


最後に、涼しく感じるような氷の写真をお送りします。まだ暑い日が続きそうです。

皆様に少しでも涼感が届きますように。 


氷イメージ
【ちべてっ!冷たーい氷を手のひらに】


(おわり)


■隅田川花火大会
https://www.sumidagawa-hanabi.com/

日本最古の花火大会。江戸時代に八代将軍徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とされる。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

日時:2018年8月 3日