2019年3月アーカイブ ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「2019年3月」その

においのブログ
堆肥化工場内の消臭 ~春は別れもあるけれど出会いもあり!~

こんにちは!
中部地方も桜が一気に咲き始めた今日この頃ですが、まだ寒い日もあるので体調等気を付けて下さい!


桜(日進市)
<3/26現場周辺の桜-日進市>


少し前ですが、メジャーリーガーのイチローが引退しました。私も大大ファンなので日本での開幕試合をテレビでみました。いとも簡単にヒットを打って盗塁して、という様なイチローではなかったですが、それでも打席に立つ姿は感動でした。
2009年WBCの10回に打ったセンター前もしびれましたが、今回も本当にワクワクしました。現役引退は残念ですが、これも一つの別れなので仕方ありません。


そんな中、新しい現場がありました。落ち込んでいる暇はありません。御問い合わせ頂いた現場は堆肥化工場内の消臭です。


堆肥化工場イメージ
<工場内イメージ>


工場内では汚泥、木くず、廃油、動植の糞尿など撹拌して肥料化する工程で臭気が発生するので、工場内の作業環境改善とその後の排気にも良い影響を考えての試験になります。下記の様に拡散用ファンを使用して気体消臭剤(植物精油消臭剤)を工場内へ拡散します。

消臭剤を工場内へ拡散
<消臭剤吹込みイメージ>


試験開始後の様子ですが、強力な拡散用ファンをご用意頂いたので工場奥まで直ぐに拡散出来ました。工場内は強烈なアンモニア臭が充満していますが、拡散後は臭質が和らいだ他にも(工場内に入ると)直ぐに目が痛くなるのにしばらくは大丈夫になった等の変化がありました。

数日稼働して様子を見てもらう事になりました。(経過は追ってご報告したいと思います)


上記は屋内対策の1例ですが、このタイプ(DMD器)は屋外での臭気対策も対応可能です。是非ご検討お願いします。


<名古屋支店 西>

2019年3月28日
堆肥化工場内の消臭 ~春は別れもあるけれど出会いもあり!~ のページへ移動する
においはどうやって測るの?

日本デオドールの細川です。
私の業務は、依頼された臭気の濃度測定や、臭気判定士更新時の嗅覚検査、マンションなどで『におい』の発生場所を確認する臭気調査となります。お客様から『においの測定』ついてよく聞かれますので、2回に分けてご説明したいと思います。


においの測定を希望されるお客様は飲食店や工場の経営者が多く、「排気のにおいが現状どの位の強さなのか?」また、「消臭器を導入した場合、実際にどのくらいにおいが低減したか?」を確認し、近隣住民とより良い関係を構築するためにご依頼をいただきます。

ではそのようなご依頼をいただいた場合、どうやって測定するのかを紹介しますね。


■においを一括して評価できるのは「人の嗅覚」
においの測定というと、測定器を使ってその場で数値を表示させるのではないかと思われるかもしれません。しかし、弊社で行っているのは嗅覚測定法という方法で、複数人の鼻で測定します。

においは一つの成分でできていません。良い匂いも悪い臭いも何10種類、何100種類もの成分で構成されています。これらが混ざり合って一つの『におい』となるのですが、人がにおいを感じる最低濃度(閾値)が成分ごとに違うため、それぞれを確認しても正しく『におい』を評価したことになりません。まとめて品定めする必要があり、それには人間の鼻が一番良いのです。


そのために、まず『におい』を専用の袋に詰めて持ち帰る作業から始まります。


においの採取中
【排気口からにおいを採取する様子】


持ち帰ったにおい(原臭)は、6人以上の人(パネル)に嗅いでもらいます。原臭を無臭空気(活性炭でろ過した空気)で段々と薄めていき、各パネルが分からなくなるまで繰り返します。そして、最終的にどれくらいの希釈倍率で薄めたかでにおいの強さを表します。
強いにおいほどたくさん薄めなくてはならないので、当然値は高くなります。人が嗅ぎ分けるので原始的なやり方にも見えますが、人間の嗅覚こそが頼れるセンサーとも言えます。


■なぜ6人もパネルが必要なのか?
においの感じ方には、男女差や年齢差、においの好き嫌いなどによりバラつきがあります。においを客観的に捉えるには平均的に数値化する必要があり、そのため6人以上で行うことが望ましいのです。(簡易的にもう少し少ない人数で行う方法もあります。)


■器械で測る方法もある
他に『におい』を数値化する手段として、においセンサーといった測定器もあります。においセンサーはその場である程度、においの強さを把握できるという利点がありますが、同じ状況下での再現が難しい場合があります。
しかし、ある空間のにおいの強弱を比較するのに適しているため、人間の鼻では嗅覚疲労を起こしやすい臭気を現場で判断しなければならない時などに有効な手段です。


このように測定法は用途に合わせて選ぶといいですね。


次回は、においの数値化についてもう少し詳しくお伝えします。


(細川)

2019年3月 4日
においはどうやって測るの? のページへ移動する