『 中古本の消臭方法』においのブログ

日本デオドール株式会社
飲食店・工場・介護施設などの脱臭・消臭お任せください。

中古本の消臭方法

赤茶けた中古本

ネットを使えば中古品の売買が個人でも簡単にできる今。購入品の「におい」が臭くて困った経験はありませんか?

中でも本は水洗いもできず、かといって臭いままでは読む気もしないですよね。今回はそんな中古本の消臭についてご紹介します。

まずは陰干し

中古本のにおいには、湿気を含んだようなカビ臭、タバコ臭、家特有のにおいなど様々な臭気が上げられます。まずはカビや汚れなどを拭き取って、風通しの良い場所で陰干しすることをおすすめします。

新聞紙を利用する方法

新聞紙は吸湿力とともに吸着力に優れていると言われています。掃除や靴の消臭などに活用できますが、本に対しても有効に働きます。

  1. 新聞紙を本と同じくらいの大きさに切り、5~10ページ毎にはさみます。
  2. 大きい新聞紙で本全体を包み2~3日置きます。
  3. においが強い場合は、この方法を数回繰り返してください。少しずつ軽減されるはずです。

消臭ビーズを利用する方法

少し手間を省いて消臭したい場合には、日本デオドールの 消臭ビーズ をご利用ください。お茶出し用の不織布パックなどに消臭ビーズを入れ、本と一緒にビニール袋に入れて2~3日置きます。消臭ビーズは本1冊につき3~5粒程度でお試しください。

中古本と消臭ビーズを入れた不織布
【中古本と消臭ビーズを入れた不織布】

消臭ビーズには植物から抽出した有効成分「フィトンチッド」が含まれています。ビーズから発散した成分が、中和消臭をしながらほんのりとした植物の香りに置き換えます。

臭気別おすすめ消臭ビーズ

消臭ビーズ
  • カビ臭に:無香ブレンド
  • タバコ臭に:クリアシトラス
  • 家特有のにおいに:カンファーツリー

中古本が届いて封を開けたとたん「うっ」となってしまったら、これらのお手入れをお試しください。せっかく購入した本、不快なにおいをなくして気持ちよく読みたいですよね。

日時:2023年6月 2日
(更新日:2023年6月 2日)
お問い合わせはこちらをクリック
お問い合わせする