デオドールの臭気対策アドバイザー

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭い問題をアドバイスするプロ

臭気対策アドバイザー

臭気対策アドバイザーとは、臭気対策に関する専門的知識を有し、相談や処理の援助、知識の普及に応ずることができる者として、社会法人におい・かおり環境協会が審査を行い登録した人をいいます。
臭気対策の経験が10年以上で、対策技術を少なくとも3種類以上体得している人が対象になっています。

臭気対策アドバイザーの紹介

柿本 元(顧問)
臭気対策アドバイザー第012号
臭気判定士
臭気対策歴 33年

臭気対策関係略歴
1983.4 中和消臭システム開発
1984.5 森林浴消臭システム開発
1984.6 吸着脱臭+中和消臭のタンデム型脱臭システム開発
専門分野
中和消臭森林浴消臭吸着式脱臭システム
老人ホームなどの室内消臭、厨房排気などの中和消臭、印刷工場などの吸着システムに多くの経験がある。もともとエアコンメーカーに在職していた関係で、エアコンから出る臭気問題に詳しい。事務所、電車、ホテルなど。

はじめまして!創業者の柿本元です。悪臭対策を専門として31年。大手商社に勤めていた私が、なぜ消臭専門会社を設立したのかをお話します。

あれは昭和50年、35歳の時。
当時私は、家庭用エアコンを製造するアメリカとの合弁会社に赴任し、営業企画を担当しておりました。アメリカの会社からは定期的に技術者が2、3名やってきて、新製品の開発について工場の技術陣と打合せをしておりました。当時はまだ羽田空港だったのでその技術者達を迎えに行き、東京のホテルまで案内する役目も担当しておりました。

その日も社用車で羽田に迎えに行き、アメリカからの技術者3名を都内のホテルに案内しました。ホテルの前に停車してドアを開けた途端、「なんだこのニオイは?」と技術者たちが大声で顔を見合わせて騒いでいるのです。「日本は先進国の仲間入りをしたというけどまだまだだね。」

ニオイの原因は道路脇の雨水口から立ち上ってくる汚水臭でした。ちょうど梅雨時期で雨があがった直後で、ビルピットから排水された時のニオイが周辺に漂っていたのです。私はこの時に「においの問題をなんとかしなくては」と感じ、いずれは「日本から悪臭をなくす仕事をしよう」と心に誓ったのでした。 それからはニオイに関心を持つようになり、今までの技術、新しい技術など常にアンテナを張って知識を蓄えていきました。

昭和57年に合弁会社が事業を他社へ譲渡するタイミングに退社し、昭和58年に日本デオドールを設立。それまで蓄えていた新技術の中で気体の消臭剤を日本で広めようと思い、植物精油を利用したフィトンチッド消臭システムを開発していったのです。

臭気問題は、設備や脱臭技術の向上で以前より改善されてきました。しかし、時代とともに悪臭となるにおいの対象も変化し、より複雑になっています。当社は今後もにおい環境を改善すべく努力してまいります。