日々のことアーカイブ 10ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「日々のこと」その10

においのブログ
年末調整はじまっています☆

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。

11月30日は、平成26年度より厚生労働省が制定した「年金の日」です。ねんきんネット(※下欄)を活用して、高齢期の生活設計に思いを巡らす日とされています。


ねんきんネットのイメージ
【ねんきんネット(イメージ)】


若く元気なうちは、自分が高齢になっていくことを想像するのは難しいですが、年をとるということは、誰にでも訪れます。老後は、穏やかに暮らしたいと思えば、現役中にバリバリ働かないとなりません。私の心構えとしては、年を重ねるほどにより輝く人を目指していきます!やる気は、いつ出すんですか?〇〇でしょ(笑)


さて、年末が近づくにつれ、経理の仕事は慌ただしさを増してきました。年末調整をはじめとした一連の仕事があるからです。

会社員であれば、年に一度行っていることと思いますが、いきなり「年末調整とはなに?」と聞かれると、言葉につまってしまいますよね。

私たちは、毎月の給与受取時に給与から控除される形で、所得税を納めています。12ヶ月分の合計税額と、生命保険などの各種控除を考慮し計算し直した税額とに過不足額がある場合、会社が年末調整を行うことで徴収または還付を受けることができるのです。

何かと物入りな年末年始です。(徴収ということもあり得ますが)還付となり手取りが少しでも多くなるとうれしいですね。会社には、忘れずに書類を提出して、しっかり手続きしてもらいましょう。


(おわり)


■ねんきんネット
http://www.nenkin.go.jp/n_net/

アカウント登録すると、これまでの年金記録や、これからの年金受給見込額などを簡単に確認できるので、よかったら登録してみてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年11月30日
年末調整はじまっています☆ のページへ移動する
人工知能(AI)と成長☆

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。

先日、東京ビッグサイトで2年に一度の東京モーターショーが開催されました。華やかな雰囲気の中、次世代を感じるコンセプトカーなどを観るのは楽しいですよね。今回は行けませんでしたが、注目の話題は、エコや電気自動車、そしてAIだったのではないでしょうか。


今日は、AIのお話しです。巷でも、人工知能(AI)という言葉をよく聞くようになりましたが、その言葉からは、どのようなイメージを持つでしょうか?

私は、人間と同じような姿形のアンドロイド(ロボット)が、人間の生活圏に溶け込み、近未来的だけど、ちょっと不思議な印象を持ちます。なんとなく分かるようで分からない、というのが正直なところです。でも、これから人類が創り上げていく、未来のことだからワクワクしますよね。


ロボットのイメージ
【ロボットのイメージ】


私が学生時代の〇年前、"知能機械"という授業がありました。何やら面白そうということで、受講したのですが、恥ずかしながら内容はちんぷんかんぷんでした(><)

当時のコンピュータ(パソコン)と言えば、マウスから画面上のアイコンに対して操作するのではなく、コマンドと呼ばれる命令文を、キーボードから直接入力して操作するのが当たり前でした。そんな時代に、人工知能と言われても、ピンと来ません。概念はあっても、それを実現できるコンピュータ環境は、存在しなかったということもあります。

しかし昨今は、インターネットを始めとしたネットワークの整備が進み、膨大なデータを処理できるハードウェアやソフトウェアが飛躍的に進歩しました。ハイクラスの車には"人工知能搭載モデル"があり、よりAIが身近な存在になりつつあります。


ネット上でググると、ほかにもAIの実例はたくさん見つけられます。

例えば、「AlphaGo」
人工知能が、囲碁の世界チャンピオンに勝利した!というニュースは、AIを一躍世間に知らしめた出来事だったのではないでしょうか。

「ワトソン」
難病の症例患者の正しい病名をわずか10分で見抜くと言われています。症例が増えるほど、学習していく仕組みは、人間でいう経験値なのですね。

接客ロボット「Pepperくん」
設置しているお店が増えています。動きがコミカルで楽しくもっと試したいですが、店頭でひとり長い時間、ロボットと遊ぶ姿は寂しいのでほどほどにします。。


ペッパーくん
【ペッパーくん/そっぽむかれています(笑)】


AIは、人間が作ったプログラムです。

現在は、映画や空想の世界のように、意思を持ったり、自律したりすることはできません。ある使用場面に特化していて、過去の膨大なデータを活用(機械学習)することで、短時間に判断できる能力と可能性を持ち、産業分野などから注目を浴びています。しかし、技術進歩はドッグイヤーなので、いつ突然にAIに意思が芽生えるとも限らないですよね?!

当社のにおい・かおりソリューションは、飲食店、工場や介護病院など、においに敏感な場所などでご利用いただいております。将来、におい・かおり分野にもAIが導入されたらどうでしょう。

少し飛躍しますが、においを嗅ぎ分けて、あるにおいで記憶が想起され、過去を懐かしむロボットがいたら、人間くささがハンパないですね。AI技術の理想形が、人と同じように自動的に学習し考え判断し成長することだとしたら、そんな世界を想像すると冷や汗が出てきました。

生活が便利になるのは歓迎ですが、

少なくとも成長は、人間だけが持つ特権にしておいて欲しいと思います(^^)


(おわり)


■2017国際ロボット展 in 東京ビッグサイト
開催期間:11/29(水)~12/2(土)

iREX2017


※12/2(土)限定☆ 当社も(少しだけ)スペースを借りて出展予定です。遊びに来てね!


■AI化とは
人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようとする試み。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年11月10日
人工知能(AI)と成長☆ のページへ移動する
歯医者さんのにおいってどんな?

こんにちは、小林です。
世の中ハロウィンで盛り上がっているようですが、我が家は先週末、近所のイベントに参加してお菓子をたくさんもらってきました。

「ハロウィン終わったね~」

たっぷり満喫した息子は、今日が本当のハロウィンとは気付いていません。


ハロウィンのイメージ
【ハロウィンイベントにて】


そんな我が子、受け口の治療のために1年程前から歯の矯正を行っています。定期的に確認する必要があるので、ほぼ毎月歯医者さんへ通っているのですが、女医さん&スタッフも女性ばかりの矯正歯科だからでしょうか、待合室にいつもアロマの香りが漂っています。

子供を待つママのためにソファもゆったりと大き目で、女性用のファッション誌もたくさん置いてあり、ちょっとした美容院かエステサロンのよう。

私にとって歯医者(矯正歯科)と言えば、あのレモングラスをベースにした落ち着いたアロマの香りと、『Domani』(小学館発行のファッション&ライフスタイルマガジン)のイメージが定着しつつあります。


一方、息子が持つにおいの印象は違うようです。噛み合わせ用のミント味のガムを噛んだとたん、

「歯医者さんのにおいがする~」

と言っていました。

矯正器具を取り外したり、消毒する時にいつもそんなにおいがするのでしょうか。まあ、ミントの方がレモングラスよりも歯医者さんっぽいですが・・・


歯医者のイメージ
【歯医者さん診察台のイメージ(フリー素材より)】


同じ数だけ同じ場所に来てるのに、体験している事や嗅いでいる香りが違うと、記憶に刷り込まれるにおいも違ってしまうんですね。彼にとってミントの香りは『歯医者さん』を連想させるものとなってしまいました。でも、悪いイメージじゃないみたいだから、まあ、いっか!


ところで、歯医者さんを嫌がるお子さんもいると思いますが、うちの子は大丈夫です。小さなころから定期的に検診へ連れて行っていたのが幸いしたのか、先生や看護士さんが優しいからか、怖くないようで一人でも診察台に上がれます。

虫歯が出来てから慌てて連れて行くと、痛みと共に、慣れない機械音や病院のにおいもきっと嫌なものとしてインプットされてしまうと思います。普通の歯医者さんなら乳歯が生え始めてから、矯正歯科なら5~6歳までに一度受診すると良いようですよ。


(ホームページ担当 小林)

2017年10月31日
歯医者さんのにおいってどんな? のページへ移動する
自然の中で癒される☆

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。


奥多摩の河川
【奥多摩の河川】


ひざ下くらいまでの浅瀬で、釣りや水遊びを楽しむ人たちがいます。
ゆったりとした時間が流れています。

左手前に二人の釣り人がいます。
何を釣っているのでしょうか?5mくらい長―い竿を使っていました。
やっぱりアユですかね?


右中央には、水遊びをする家族連れがいます。
子ども二人は、夢中で水面をのぞき込んでいます。
何か見つけたのでしょうか?きれいな石ころ?小魚かな?

真ん中上部には、マンションの屋上付近が見えます。
この辺りは、きれいな自然が豊かなので、ロハスを地でいけますね。
どんな人が住んでいるのでしょうね?落ち着いた人?それともせっかちな人?
単身かな?それとも家族?


写真の1/3くらいを占める、緑濃い木々たち。季節が変われば色づくかな?

空を見上げれば、透き通った水色に秋の雲。

日差しが強くても、湿度が高くないのでカラッとした陽気です。
雨は降っていませんが、マイナスイオンやフィトンチッドが降り注いでいそうに感じます。


あーーー、気持ちいい(^^)


自然の中にいると、心身ともにリフレッシュしますね。

さあ、また色々がんばるぞっと(^^)


(おわり)


<後記>
■東京ウォーク
青梅市内、青梅鉄道公園、青梅丘陵ハイキングコースを巡る
アクティブウオークコースに参加してきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年9月22日
自然の中で癒される☆ のページへ移動する
アロマのおかげ? 合格の香り☆

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。


受験用手作りアロマ
【受験のために作ってくれたオイル】


〇年かけて挑んできた、中小企業診断士の一次試験が、今年やっと通過しました~♪ うぅ~、やりましたーーー。これで二次に進めます(;。;)


今より時間があったはずの学生時代には受からず、社会人として職務を全うする日々の中、ようやく合格を手にしました。あきらめずに、チャレンジしてよかった!

中小企業診断士一次試験は、全7科目あり、今年は免除申請をしたので、受けたのは3科目です。年一回のチャンスにかけていました。試験開始の合図とともに、設問文と選択肢を一通り見て回ります。どんな問題があるか、即答できそうな問題はあるか、どれが時間かかりそうか、頭の中で目星をつけます。全体的に難しそうだなって感じると、やはり焦ります。


でも、そこで深呼吸。


意識的に顔を上げ、柱の時計をみると、まだ開始から5分しか経っていない。まだ大丈夫。この日のために、勉強は続けてきたのだから、問われていることを正しく解釈すれば解けるはずと信じて、再び解き始めました。そこからは、集中力がグっと高まりましたね。


こう書くと、受験に強い人のように思われるかも知れませんが、決してそうではありません。試験会場にただよう独特の雰囲気って、実はちょっと苦手です。

周りの受験生が、みんな賢そうに見える(実際にもそうだと思いますが)ので、気持ちが内向きになって、変に過敏になっちゃうんです。でも一度決めた試験に何としても合格したかった。


今年は、いつもと違います。お守りとか願掛けだけに頼るのではなく、アロマを取り入れてみました。アロマはリラックスできるという、うわさを聞いていたからです。

最初はお店で購入しようと思ったのですが、せっかくだからアロマテラピーアドバイザー奈良岡さんに、「合格する香りが欲しい」って頼んだのです。奈良岡さんは快諾してくれ、後日私のために作って来てくれました。


奈良岡さんが考える、合格の香りは、


  • 気分をリフレッシュさせる。
  • 集中力を高めさせる。

というもの。

受験時に、持てる力を最大限引き出すには、普段の勉強で培った文章読解力、計算力、記憶力などを倍加させる、「脳の活性化」と「集中力」などが大切ですね。

使い方はカンタン♪ 指先に数滴たらして、首筋や左右のこめかみにすりこむように指圧します。使ってみたところ、私は気分がすーっと楽になって、平常心になりました。

これはいいなと感じたので、受ける科目ごとに、たびたびアロママッサージをしました。それはイチロー選手のようなスポーツ選手に例えれば、最高のパフォーマンスを発揮するために、意識して行うプレー直前のしぐさ(儀式)のように。


ミントとローズマリー
【ミントとローズマリーのイメージ】


アロマオイルには、何が入っているの?と、奈良岡さんに訊ねたところ、ペパーミントとローズマリーだと教えてくれました。それらのおかげで、私は気持ちを落ち着かせることができたのかも知れません。クールダウンしながらも、頭がスッキリし程よく回転するような気がしました。

通常エッセンシャルオイル(精油)は、原液をそのまま肌につけることはしません。"合格の香り"は、ホホボオイルなどの植物油で希釈されています。


今回の受験は、周りの応援に支えられながら、「会場には解答するために行くんじゃない。合格の手続きをしに行こう」という、何か悟りに似た境地にもなりました。

手作りのアロマが、私を後押ししてくれたのかも知れません。


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年9月15日
アロマのおかげ? 合格の香り☆ のページへ移動する
前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15