フィトンチッドのことアーカイブ 1ページ目

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールのブログ「フィトンチッドのこと」その1

においのブログ
自然の中で癒される☆

日本デオドール株式会社、経理の瀬田です。


奥多摩の河川
【奥多摩の河川】


ひざ下くらいまでの浅瀬で、釣りや水遊びを楽しむ人たちがいます。
ゆったりとした時間が流れています。

左手前に二人の釣り人がいます。
何を釣っているのでしょうか?5mくらい長―い竿を使っていました。
やっぱりアユですかね?


右中央には、水遊びをする家族連れがいます。
子ども二人は、夢中で水面をのぞき込んでいます。
何か見つけたのでしょうか?きれいな石ころ?小魚かな?

真ん中上部には、マンションの屋上付近が見えます。
この辺りは、きれいな自然が豊かなので、ロハスを地でいけますね。
どんな人が住んでいるのでしょうね?落ち着いた人?それともせっかちな人?
単身かな?それとも家族?


写真の1/3くらいを占める、緑濃い木々たち。季節が変われば色づくかな?

空を見上げれば、透き通った水色に秋の雲。

日差しが強くても、湿度が高くないのでカラッとした陽気です。
雨は降っていませんが、マイナスイオンやフィトンチッドが降り注いでいそうに感じます。


あーーー、気持ちいい(^^)


自然の中にいると、心身ともにリフレッシュしますね。

さあ、また色々がんばるぞっと(^^)


(おわり)


<後記>
■東京ウォーク
青梅市内、青梅鉄道公園、青梅丘陵ハイキングコースを巡る
アクティブウオークコースに参加してきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2017年9月22日
自然の中で癒される☆ のページへ移動する
ワンルームのジメジメ対策

勤続20年、ニオイ一筋で頑張っております田中です。
きょうもニオイに関してあれこれと皆様のお役に立てそうな(お役に立てたらうれしいな~)情報をご披露していきます。


恵の雨は人間の生活にとってとても大切なものです。しかし、これからの1ヶ月間はジメジメとした不快な気候でとても嫌ですね。

近年、省エネや節電思考が高まり、エアコン(特に冷房)は極力使わないようにしようという意識があります。そんなとき、扇風機でほのかな風を部屋の中に回すのが最近好きで、いっしょにフィトンチッドも飛ばしています。


サーキュレーターと森のカプセルクローバー
【フィトンチッドの飛ばし方】


植物由来成分をビースに包埋した消臭剤を専用のケース(森のカプセルクローバー)に入れ、サーキュレーターの前に吊るして使っています。シトラスミント系の消臭剤でジメジメとしたニオイも無くなり、とても涼しげな感じがします。


消臭ビーズ
【森のカプセルの中身】


ビーズ化して不織布の袋に入っているので取り扱いがとっても簡単!


エアコンの吸込口に取り付けた消臭剤
【エアコンにも使えます】


エアコンに吊せば、気流に乗って消臭成分がお部屋に広がります。
エアコンのカビ臭さも気になりません。


せっかくなら気持ちの良い風にあたりたいですよね。
この一工夫で差が付きますよ~


(田中)

2016年6月 8日
ワンルームのジメジメ対策 のページへ移動する
レモンユーカリのありがたい効用

猛暑が続き日中は外に出たくない毎日です。

そんな時、気持ちを和ませてくれたのがレモンユーカリ
(ユーカリ・シトリオドラとも言います。)

洗濯物を干すために庭に出てしばらくすると、
なんだか落ち着くいい香りに包まれてることに気づきました。


レモンのようだけど、もう少し草くさくて複雑。
周辺の空気が確かに浄化されている感じのするにおいです。
(葉と枝とにおいを嗅ぎ比べてみましたが、
枝の方がよりレモンぽくフラットな印象でした。)

後ろを振り返ると、2年前に庭に植えたレモンユーカリを発見。
こんな暑さなのに葉が生き生きとしています。

レモンユーカリその1

ご覧ください。
葉の表面から精油があふれ出んばかりにプツプツとしています。

レモンユーカリその2


レモンユーカリの主な成分はシトロネラール。
虫を寄せ付けない作用があると言われています。
そのおかげでしょうか、
例年、日中でも庭に出た途端蚊に刺されていたのが今年はゼロ。
レモンユーカリ様様です!

今年の夏はこの香りのおかげで庭に出るのが楽しみになりました。


(ホームページ担当 小林)

2015年8月 8日
レモンユーカリのありがたい効用 のページへ移動する
雨音は昭和ノスタルジック

こんにちは!

いやいや、梅雨です。当たり前と言えば当たり前なのですが、毎日毎日雨ですねぇ。さすがに少しうんざりしますが、これがないと夏には水不足と考えると、仕方がない気もします。でもここ数日のゲリラ豪雨のような雨は勘弁してほしいものですが...。

さてさて、ここ数日と言えば、私、割と都内を飛び出す仕事が多いのですが、ここのところは都内近郊での仕事に終始しておりました。

その一つに「タバコのニオイ」が問題の現場がありまして。完全禁煙のマンションなのですが...何故かタバコ臭がするらしく(不思議です)。

その不思議なタバコ臭の消臭目的で数年前にミニフォレストを導入して頂きました。

ミニ・フォレスト タバコ臭

当初はタバコ臭が供給されていた(?)らしく、消臭剤(タバコ臭用の秘密のブレンドです!)を交換した当初は効き目絶大!でしたが、やはり消臭剤の減りとともにタバコのニオイが...。

しかし、現在、、消臭剤がさわやかに香り、タバコ臭はほとんどありません。

どうやらタバコ臭の供給が止まったのと、消臭剤の効果で壁に染みついたタバコ臭が落ちてきたのです。現場に伺うたびにイイ香りになって嬉しい限りです。

ところで...東京の象徴と言えば

東京タワー

昭和生まれ世代には東京タワーですよね。

当社、全員昭和生まれなもので(笑)

技術室:島田

2015年6月20日
雨音は昭和ノスタルジック のページへ移動する
年輪の数え方

「あっ いい匂いがする!」
とある建物の近くを通ると清々しい木の香りが・・・
鼻を頼りににおいの元をたどると・・・ありました!!


樹齢270年の天然杉その1
(約160cmの妖精と大きさを比較)

においはこの根本から漂っています。
思い切り吸い込んでフィトンチッド満喫しておきました。 (^O^)


こちらは樹齢270年の天然杉。
岡山県の『勝山木材ふれあい会館』の横に飾られていました。
平成16年の台風で倒壊したそうですが、
10年も経っているのに良い香りがぷ~んと広がっています。


それにしても立派な年輪ですね。
ほんとに270あるのか数えようとして、さて、困った。
内側と外側どちらから数えればいいの?


そこで年輪の数え方、調べてみました。


・・・


内側から数えるそうです。
つまり木の中心部が一番古く、外側が新しい年代となります。
木は外側に外側に向かって育っていくんですね。


樹齢270年の天然杉その2

内側の色が濃い部分は心材とも言われ強度も強い!
精油の量も多く、最も腐りにくい部分なんですね。
なるほど、時間の経過とともに強くなっていくのか!
(人もそうありたい!!)

皆さんも年輪を数えることがあればお間違えなく。
内側からですよ!


(ホームページ担当 小林)

2014年8月18日
年輪の数え方 のページへ移動する
1  2  3