今週のスタートはというより

下半期のスタートは

つながりで売る!7つの法則出版記念セミナー #EXMA から走り始めました。

真夏のとろけるような暑さの中、今回のお台場も激アツでした。

       藤村先生

         [いつも笑顔の エクスマの創始者 藤村正宏先生]

学ぶことが大嫌いで大学も中退した私がなぜ学ぶのが好きになったかというと #エクスマ との出会いは欠かせません。

エクスマを学んでいると、どんなことが起きているのかっていうと

友達と繋がって仕事をするとクレームは起きませんよね。

「とりあえず先にお客さんの対応した後でいいよ」って声をかけてくれますが「いやいや、あなたもお客さんだから!」

なんてことが実際に起きてきます。

友達同士なら当たり前ですが、

企業に所属すると、相手を思う気持ちより、売り上げノルマを優先する気持ちが先行してしまって

相手が必要としていないモノまで売りつけてしまう・・・なんてことが起きている。

そうなると相手は離れていってしまいます。

そんな誰でもわかるようなことが未だに横行しています。

思えばエクスマに出会うまで、どうやって借り入れを返済しようかとか

売り上げを上げるためにはどうやろうかなど、

相手のことを考えず、自分の理論を優先していましたが

藤村先生の話を聞いて、ふ〜〜〜〜っと肩の力が抜けたんです。

「あ〜そうだよな」って!

でも、相手には、ちゃんと伝わるように話す力、書く力をつけないと仕事にはなりません。

これをちゃんと伝えていった人たちがこの二人

ぼっちこと石川県で宝生亭を経営されている帽子山宗さんと

マックスこと、大阪でクリーニング店を経営されている壁下さん

       ぼっちとマックス

        [全日本DM大賞の銀賞さん(左)とGPさん(右)]

考えるより行動している実践者。

しっかりと誰がお客さんなのか明確にしているから

相手に届いているということ。

二人ともコンサルタントが本業じゃないのに本当に話すのがうまい。

場をコントロールする能力がハンパない。

自分がなんて考えると100人の前だと思うと場に飲まれてしまいそう・・・

毎回、エクスマセミナーに参加すると進化を遂げていて、コレもアレもできてないって

感じるけれど、

できない理由よりできることから、とりあえずやろう。

ブログ毎日じゃないけど、たまに更新しよう!(^_^;)

とりあえず、新刊読もう!

先日、アングラの聖地・下北沢でひっそりと行われたフロリダセミナー・外伝

    フロリダ族外伝

「今夜がヤマダ」でおなじみ?の整骨院院長のサイモン山田先生(中)と

コーヒ大好き職人ワッキー立脇さん(右)

スペシャルゲストに神トーク、富士山カメラマンで酒屋の杉山さん(すぎちゃん)(左)の

3名が繰り広げるセミナーは果たして・・・

まず、冒頭は

     勝村夫婦

え?なになに??記者会見なの?

「ともちゃんはいつも可愛いね〜」

勝村夫婦のデレデレトーク、ラブラブ司会からスタート!

なぜだかいつも場が和む夫婦です。疲れた毎日にはこういう癒し必要ですよね・・・

     サイモンヤマダ先生

      【トップバッターはスーパー整体師サイモンヤマダ先生!】

いつもに増して熱血ぶりを発揮して、冷房の効きが悪くなるほどでした。

まるで、疲れた体を熱血治療でバキバキと整体されている感じ・・・

内容は、格闘技ダムの話。

残念ながらマニアックすぎて

私は、今後も興味を持つことはなさそうです・・・

     ワッキー

        【次のスピーカーはコーヒー大好きワッキー】

豆の選び方から、焙煎から、コーヒーのマニアックな話が

まるで、お寺での説法の時間のように流れておりました。

本当に好きな話ししているから、とても生き生きしてます!

みんな説法の後、香り高いコーヒー飲みたいって言ってましたね!今度はよろしくね!

     すぎちゃん

        【家族と富士山をこよなく愛する漢 すぎちゃん】

今回のゲストスピーカーは、伊豆で酒屋をしているけれど、富士山を撮影し続けたら

写真集やカレンダーをお客さんや仲間からの応援により作ってしまったという杉山さん!

大好きな家族との想いがとても伝わったなぁ。

写真にも彼のふわっとした感じが出ていて、私は写真集もカレンダーも持ってます!

三人に共通しているのは、何が好きなのかということをSNSで発信し続けていること。

オレの方が詳しい!っていう人もいるかもしれないけど、ちゃんと発信しているのかな?ってこと。

確かに専門家の集まりの中では普通なのかもしれないけれど

そこに向けて発信しているわけではなくて、

誰に向けて発信しているのか!というところが一番重要ですよね。

私もにおい香りをプロ向けに書いているわけではありません。

趣味や嗜好は人それぞれ、

価値観の押し付けをしないように

気をつけているのは売り込みにならないように

をいつも気をつけています。

なんか横道にそれたけど、好きな人に応援されるってとても素敵なことですよね。

     素敵な仲間

    【素敵な仲間との懇親会、共感できているから一斉に盛り上がる】

それにしても懇親会に9割行くって・・・ すごいね!

こんにちは、

先日、昼ご飯を食べに行ったら

帰りは雨に降られたにおい社長の柿本です。

この時期、カレー食べている人多いですね!

カレーのっけ焼きそば

大久保の鉄板焼はちの名物カレーのっけ焼きそば (ランチのみかな?)

気温はたいしたことありませんが、湿度が高いので汗をかきたい人が多いのかな?

におい・香りをあつかっている人は嗅覚が鈍ってしまうため、仕事中には食べれないのが難点です。

会社がある新大久保は韓流ブームで観光地化しているので、韓国料理、アジア系の飲食店ばかりなので

普通の定食屋さんやパンやさんはほとんどありません・・・

そうなるとコンビニが多くなってしまうんですね。

服ににおいが付いたりしてしまうということもアウトなので

天ぷらも目の前で揚げているうどん屋さんも残念ながら昼は行けません。

そんな理由で、においがつくと服も着替えます。

行ったらタバコが吸えるお店だったとか、換気が悪いお店だったとか・・・

そんな私が必ずお店に入る前にしていることは、

お店のガラスがキレイかどうか絶対見てます。

ガラスが端までキレイなところでは、においが付いたりしたことはほとんど記憶にありません。

潔癖性ではありませんが食べることが好きなので

綺麗な店内で、気分良く美味しく食べたいのです。

5月ももう終わりですね!

梅雨時期になると腐りやすいので、ちゃんとニオイを嗅いでから食べましょうね!

梅雨から逃げるために、というわけではないのですが

今月は、メキシコのカンクンという場所に行ってきました。

スクリーンショット 2016-05-30 15.56.34.png

場所はココです。日本からはアメリカ経由で20時間ほどかかります。

なぜ、往復で40時間もかけて行くのかというと、その場所の空気感、

つまり、「におい」を感じるためです。

実際に行かないと気づくことができないことがたくさんあります。

IMG_5509.JPG

カンクンリゾート!どこが他のリゾート地と違うかなんて写真からはわかりません。

「沖縄」って書いても違和感がないかもしれません。

次の写真は

この場所はカンクンならではかもしれません。

IMG_5471.JPG

ここはセノーテといわれる場所です。

我ながら、良い写真だなって思うんですが

水の温度、光の加減、水中で何枚撮影しても、肉眼で見るのとは違う!

カメラのレンズを通すとなんか違う・・・

何が言いたいかっていうと

「どんなに話を聴いても、その人のフィルターにかけられているので

その人の世界観を通して体験していることは

あなたが体験していることではない」ってこと。

想像することは、感性を豊かにするといわれますが

行ける場所であるなら、実際に行ってみて

良いところも、悪いところも感じてみましょう。

綺麗な表通りは無機質かもしれませんが

ちょっと入った裏通りには生活感に溢れたその街ならではのにおいがしますよね。

話をカンクンに戻すと

もし、カンクンに行く人がいたら、

伝えたいコトが一つだけあります。

氷に気をつけよう!

日本人は一発でやられます。

いかに日本の水道レベルが高いかってこと!

ペットボトルのまま飲みましょう!(※一流ホテルは安全だと思う。)

カンクンの旅が素晴らしいことになるように!

今日は雨の東京です。

雨の日は気分が上がってこないなぁなんて

コトありませんか?

気分を落ち着けてくれるので

リラックス効果で多くひとに知られている香りです。

IMG_5206.JPGラベンダーの香り

どんなときでもまずは落ち着いて、いきましょうね!

この香りを嗅ぐとこんな情景が頭に浮かびませんか?

30a90d7987d5e27277d2b22efd70db0d_s.jpgラベンダー畑

初夏に晴れ渡るラベンダー畑の風景が・・・

香りを嗅ぐとイメージがわきませんか?

こんな情景を思い浮かべながら仕事するって楽しくありませんか?

午後も楽しく笑顔でいきましょうね(^^♪

薫風って知ってますか?

五月も中旬を過ぎ、暦の上では夏。

こんにちは、におい社長の柿本です。

この時期に吹く風は薫風と呼ばれています。

若葉の香るこの季節に吹く風にぴったりの言葉ですね!

連休終わりで気分が晴れないなぁってひとは

この薫風に吹かれながら、外に出てリフレッシュしてくださいね。

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_m.jpg

いやいや、忙しくて外に行っている時間ないし!

っていう方には、オリバナムがいいかなって思います。

IMG_5199.JPG

ウッディ系の香りがするので、好きな香りのひとつです。

住んでいる地域によって、木々の香りは変わりますよね。

この時期にあなたが思い浮かべる香りはどんな香りですか?

こんにちは、連休終わりの金曜日です。

におい社長の柿本です。

今週はいかがだったでしょうか?

ここ何日かは晴れ渡る青空が続いていますが

連休終わりで、いつもの生活との時間のずれが出ていませんか?

ちょっと気分を落ち込んだ気分を挙げてくれるこの季節ぴったりな香りは

シトロネラです。

ちょっと、レモンに近い香りです。

じつは有名なのが、虫除け効果なので、薬屋さんとかで

虫除けスプレーのにおいを嗅いで、あぁこのにおい知ってるという人も多いと思います。

※ただ、猫には良くないようなので、飼っている方は注意してくださいね。

IMG_4878.PNG

良く蚊に刺されて困るってひとは、この香りが好きだったら

使ってみてくださいね(^^♪

今日ははっきりしない天気でしたね。

こんにちは、におい社長の柿本です。

今日は都内で打ち合わせがあり、電車移動でしたが雨が降らずにホッとしました。

ところで、自社の強みと弱みしっかり理解していますか?

そして、それは周りのお客さんに伝わっているんでしょうか?

じつは、都内でうろうろしているには、わけがあって

いろいろなプロの方の意見を聞きに行っていました。

IMG_4824.JPG

モノつくりするとき、何から決めていきますか?

デザイン、機能性、など各社によって違うと思いますが

デオドールの場合

消臭器も香り発散器も機能しないと意味がないので

一番初めに機能性を考えてます。

においやかおりを専門しているので

機械や電気にはそんなに詳しくありませんので

いろいろと話を聴きに行って、完成に近づけていきます。

何を得意にしているか発信していないと相手には何のプロかわかりません。

どうやったら、消臭できるかはわかりますが、そんな器械を自分たちで作らないといけませんが

製作する会社を知らないとどこにも頼むことができません。

SNSだったり、展示会だったり、交流会かもしれませんが

しっかりと自社の強みを発信していかないと

存在しないのと同じことです。

デオドールも楽しんで発信していきますね~

応援のコメント待ってます!

info@deodor.co.jp

それではまた!

連休中に5月に入って、あっという間に一年の1/3終わってました。

さぁ、また改めてスタートします!

それには訳がありまして・・・今日から名戻ってきてくれました。

子供を産んで、また戻ってきてくれるのは、5人目かな?

先月から産休に入った大嶋と入れ替わりで復帰してきてくれました。

会社は、同時期に二名いなくなるという緊急事態でしたが、

だからといって、すぐに代われる仕事ではありません。

なぜかというと、におい・かおりの提案型の仕事だからです。

「売れる香りがする空間にしたい!」とか「会議で意見がいっぱい出る香り」とか

ざっくりした要望を形にしていくので、慣れていないと見積さえできません。

また、「今においの苦情が起きているからすぐに対策したい」という依頼だったりと

スピード感が求められたり、そもそも図面が読めないといけないし、

当然自社製品のことに詳しくないといけません。

ですから、社長になって3年で第二新卒を3名採用して

ついに新卒者を4月に1名採用しました。

事業を拡大しているわけではないのに4名採用しているのはなぜか。

それはこうやって、いつ休んでも戻ってこれる環境つくりをしたいからです。

自分が働ける時間に働いて、におい・かおりの仕事に関わってもらえれば

期間が空いても、若い人を教えてくれたり、現場に行かなくても指示はできます。

13177117_819829044787931_2454343564451460832_n.jpg

におい・かおりの仕事は、お客さん一人一人に提案するので

好きじゃないと手間がかかる仕事かもしれません。

こうやって、出産後戻ってきてくれるととてもうれしく思います。

若手社員に教えていくことは、子供を育てることに通じるかもしれません。

産休明けの今日、不安とともに通勤してきたそうです。

いつもは絶対に写真に写らない社員ですが、今回メッセージボードを作って迎えたら

すこしはにかみながら、撮影OK してくれました。

一人一人個性を生かして、サポートしあって経営していけたら

それでいいと思っています。

会社説明会でもそんな雰囲気が伝わるように行います。

※必須条件はにおい・かおりに興味があって、スマホとSNSをやっていることにしています。

毎年、連休中はあまり電話が鳴らないので

かえって集中できる環境になります。

こんばんは、におい社長です。

こんな時期は、大学生に向けての資料作りです。

20年間新卒採用をしていなかったので

会社説明会はどうやっていいのか

というより

何をしていいのか自体わかりませんので、

若手社員と共に資料作りです。

若手社員の採用は、少し前に起こった就職氷河期の弊害で

第二新卒制度と云って、希望の仕事に就けなかった人たちと

企業がマッチングを行い、お互いに仕事をしてみて

合意のもと、社員になっていく制度を利用して

3名採用いたしました。

新卒者には、社長がどんなにいい会社だって伝えるより

若手の社員が輝いていなければ

魅力ある会社には見えないのではないかと思っています。

自分が20代のとき

40過ぎの人はかなり年上に見えて

身近な存在には感じませんでした。

ですから、若い人たちにとって、相談される存在でいたいと思いますが

若い世代の人が年が近い人と共に、希望が持てる会社作りをしていきたいと

考えています。

仕事を任せる、希望を持てる内容であるか?全ての社員にはそんな気概を持って

臨んで欲しいと常に考えています。

年功序列?成果主義?時代と共に流行り廃りがありますが

若い人がワクワクして、会社に行くことがたのしくなるような仕事に

私たちの世代がしていくと、自分たちも楽しくなると考えています。

日本デオドールの場合は、におい・かおりが商財なので、

応募するときにそこに興味がないと始まりませんが・・・