なにがあっても人が好きって言えますか?

こんにちは、臭気判定士の柿本です。

昨日から、セミナーに来ております。

どんなセミナーかというと

個人の発信力をあげていこう!ということを学んでいます。

どんなにいいことをしていても

どんなに素晴らしい取り組みをしていても

周りの人が知らないかぎり

利用することができません。

発信していけば周りの人が気付いてくれるかもしれないし

応援してくれるかもしれません。

というような考えを持った仲間とともに合宿中です。

今回、触れさせていただくのは、そんな仲間の男性美容師さんの話です。


いま、美容室は

どこの街に行っても

とても数が多くて

どのお店に行けばいいのか

私たち消費者には、はたしてどこのお店に行けば良いのかわかりません。

それというのも聞いたところ

全国に美容室は22万〜23万店あるそうです。

安川さん

今日、紹介する安川さんは、大宮で美容室を経営されています。

美容業界で30年の経験がありますので、

多くの地域の方に愛されて経営されていますが

男性美容師として、40歳を過ぎてくると技術は高くても

年齢のギャップを感じることも多くなり

この先のことを考えると

不安に感じることも、出てきたそうです。

(私自身は、経験が積み重なっていくと消臭対策の事例が増えて

もっと仕事の依頼が増えてきそうだと思うのですが、)

美容室に来られるお客さんは、技術だけで来店してくれるわけではなく

同世代の美容師さんに切って欲しいということもあるそうです。

大宮駅前も美容室激戦区であり、そのなかで

他店と違うことに取り組んでいる美容室ですが

なかなか知ってもらうということも難しいということ でした。

美容室というのはただ髪を切りに行くところではなく

コミュニケーションの場ということもあり

安川さんは長く通っているお客様から髪の悩みから

その他の悩みも効くそうです。

そんな中で

髪の悩みを持っているお客様に共通していることとして

巻き爪の悩みが持たれている方が多いことに気付いたそうです。

そこで、そんな悩みを持っている方に

安川さんは、巻爪補正士という資格を取ったそうです。

足が痛いとせっかくおしゃれしても外に行くこともできないし

なにより、気分が盛り上がりませんよね。ですので、

人が好きなことが災いして

騙されたりしたこともあったそうです。

しかし、そこでまた安川さんを支えてくれたのも

また、人であったということでした。


長い年月を美容業界にいると多くの人に出会い悩みを聞く中で

私たちが属する消臭の業界

全然、ビジネスモデルとしては違いますが

悩んでいる方に対し、

プロとして解決していくという姿勢に

同じ思いを感じました。

パソコンを教えているところ

夜のスライド作りの風景です。

パソコンが苦手な仲間にやり方を教えているところ。

こんな感じで

いかつい風貌とは違い...

とっても面倒見が良い兄貴分の安川さんの紹介をしてみました。

どんな状況におかれても人が好きってなかなか言えないですよね。

すごい覚悟を持っている人だな。

お近くにお住まいで髪に悩んでいる方は相談してね。

ブログはこちら

http://ameblo.jp/customhair-replay/