香りのブログ

入浴と香り成分

こんにちは。

先週末、東急ハンズさんの店頭で販売応援に行ってきました。

ハンズさんのエプロンを付けていると、「○○の売り場はどこですか?」とよく聞かれます。

今回とても多かった質問が湯たんぽ売り場についてでした。

節電の冬、湯たんぽのような手軽に活用できるアイテムは揃えておきたいですよね!

 

さて、香りの研究に関する専門誌があるのですが、そちらに入浴法に関する研究結果が載っていました。

水道水、ゆず湯、みかん湯、ドクダミ湯に入浴し、体温がどのように変化するかサーモグラフィで

測定したそうです。

水道水に比べゆず、みかん、ドクダミいずれも体温上昇の効果が見られました。

特にゆずとみかんは出浴後の体温保温効果も高かったようです。

柑橘系のみかんやゆずには"リモネン"という精油成分が含まれています。

その成分の芳香により血管拡張作用の働きがあって体温が上昇したと推測されていました。

 

ゆずをお風呂に浮かべたり、みかんの皮を入れて、

香りを楽しみつつ寒い冬を乗り切って健康に過ごしましょうnote 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加