香りのブログ(2013年3月)

河浦崎津天主堂と海 (かおり風景100選 Part92)

こんにちは。
今日は「かおり風景100選」九州国地方の8か所目のご紹介です。


【 河浦崎津天主堂と海 】

崎津天主堂を中心とした港町で、海のかおりが漂う場所です。天主堂の周りには物静かで教会の鐘の音が聞こえます。


 ◇所在地 / 熊本県天草市
 ◇香りの源 / 潮
 ◇季節 / 一年中


Sakistu Cathedral / Norio.NAKAYAMA


< 崎津天主堂 >

崎津は小さな港町で大江と同様に隠れキリシタンの里でした。1569年にキリスト教が伝わって教会が建てられ、天草におけるキリスト教はここを中心に栄えたそうです。大神学校天草学林が開かれたり、金属活字印刷による「天草本」が出版されるなど、キリシタン文化が花開いた町です。禁教令により長い間弾圧を受けながらも「隠れキリシタン」達によって信仰が守られてきました。今の教会は1934年にハルブ神父によって再建されたものでゴシック建築様式のコンクリート造りです。天主堂は波静かな羊角湾の中の海辺に建っているため、「海の天主堂」と呼ばれているそうです。

河浦崎津天主堂と海 (かおり風景100選 Part92) のページへ移動する

大学山の照葉樹林(かおり風景100選 Part91)

こんにちは。
今日は「かおり風景100選」九州国地方の7か所目のご紹介です。


【 大学山の照葉樹林 】

国有林に残されたシイやカシの大木のある照葉樹林に入ると、土や木の香りがします。水俣市久木野地区では、市民も参加して大学山の緑を倍増すべく「水源の森」において植樹、下刈りを行っているそうです。


 ◇所在地 / 熊本県水俣市
 ◇香りの源 / 照葉樹林の森、下草苅り
 ◇季節 / 夏


IMG_1167-7D / gtknj

※写真はイメージです

< 大学山の照葉樹林 >

昔は照葉樹林だった山が、昭和の初期に行われた大量の伐採と、その跡に植えられた杉や檜の造林で、照葉樹林部分はわずかになってしまいました。その後、照葉樹林を増やそうと1996年から市民参加で「水源の森づくり」を行い、毎年植林を続けているそうです。春に植えた木の周囲の草を刈るための合宿「働くアウトドア」を夏に行っていて、草刈りで感じる草いきれの香りと森の香りを感じることができます。


< 照葉樹林 >

照葉樹林(しょうようじゅりん)とは、森林の群系の内の一種で、温帯にある常緑広葉樹林を指します。「照葉」という名称は、育成する木の種類に葉の表面の照りが強い樹木が多いことからその名が付けられたそうです。針葉樹などと比べて比較的根が深いため水源涵養林として適性が高いなどの特長があります。

大学山の照葉樹林(かおり風景100選 Part91) のページへ移動する

春のしだれ桜

東京では急に温かくなり、町では春のファッションに移り変わってきました!

以前にもブログで書いたことがありますが、嗅覚は季節によって感覚が違います。
冬は濃厚な香りを好み、夏はさっぱりとした薄めの香りが好まれます。

しだれ桜イメージ春・・・私のオススメは「しだれ桜」です。
すーっと風が吹いて新しい風を運んでくれるような、爽やかなフローラルの香りで季節感を感じます。

私の家では、玄関に森のカプセルに入れたしだれ桜を置いてます。森のカプセルは、ただ置いておくだけで香りが広がるのでとても便利!
お手入れいらずで重宝しています。

毎日の忙しい生活の中で季節を感じる瞬間、なんとなく素の自分に戻るというか
ちょっとした心のゆとりが嬉しい気分になります。

(企画:奈良岡)

春のしだれ桜 のページへ移動する

野母崎水仙の里公園と潮(かおり風景100選 Part90)

こんにちは。
今日は「かおり風景100選」九州国地方の6か所目のご紹介です。


【 野母崎水仙の里公園と潮 】

水仙の里公園には約1000万球の水仙が植栽されていて、開花期には水仙の甘い香りと潮風がまざりあい、独特の香りが楽しめます。海岸線の花・海・空のコントラストが非常に美しい場所です。

 ◇所在地 / 長崎県長崎市
 ◇香りの源 / 水仙、潮
 ◇季節 / 12月~1月(水仙)、潮(一年中)


Daffodil / Narcissus / 水仙(スイセン) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)
※写真はイメージです


< 野母崎水仙の里公園 >

野母崎町は長崎市から南西にある長崎半島の最先端にあります。三方を東の天草灘、南の東シナ海、西の五島灘に囲まれ、年間平均気温18℃という温暖な気候の中で、四季を通じて亜熱帯の植物が咲き誇っています。五島灘を望む「水仙の里公園」には約1千万本の水仙が植えてあり、毎年12月から1月にかけて花が咲き誇ります。水仙の甘い香りと潮風がまざりあい、独特の香りがあたり一面に立ちこめるそうです。野母崎の水仙の特徴は、花丈が長い、はかまと言われている茎立ちの部分の白いところが長いなど、一輪挿しや生け花用に珍重されています。

 

『かおり風景100選』とは・・・
「香り」と「記憶」をテーマに日本全国から選ばれた100ヶ所の風景が紹介されている、環境省「かおり風景100選選考委員会」事務局監修、フレグランスジャーナル社発行の書籍です。

野母崎水仙の里公園と潮(かおり風景100選 Part90) のページへ移動する