竹富島の海と花のかおり (かおり風景100選 Part100)

香り空調システム

香りのブログ

竹富島の海と花のかおり (かおり風景100選 Part100)

こんにちは。
今日は「かおり風景100選」沖縄地方のご紹介です。
かおり風景100選シリーズ、今回が最後の記事です。

【 竹富島の海と花のかおり   】

サンゴ礁の海に囲まれた竹富島は至るところで潮のかおりが感じられます。草木、ハイビスカス、ブーケンビリア、青い空、赤い煉瓦が見られる竹富島は、沖縄県の古い町並みが残っています。


 ◇所在地 / 沖縄県竹富町
 ◇香りの源 / 潮、花
 ◇季節 / 一年中


Taketomi_竹富島_25 / ajari


Taketomi_竹富島_07 / ajari


< 竹富島 >

竹富島は自転車を借りて回れば半日もかからないような小さな島です。面積は5.42平方km、周囲が9.12kmの山のない平坦な地形で、展望台を除けば集落の家の屋根が島で一番高いと言われているそうです。この島では「タキドゥン」とも呼ばれ、昔ながらの家並みが大切に守られていて、赤瓦の民家やシーサー、白砂を敷き詰めた道と琉球石灰岩の塀や一年中咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビレアといった、誰もがイメージする沖縄の風景が島民の努力によって今もそのまま残っています。石垣島から高速船で約10分程の最も近いという地理的条件にも恵まれ、八重山諸島のなかでは石垣島に次いで訪れる観光客が多い島です。島内では、三線の音が心地いい水牛車で島を一巡りできます。潮の香りとブーゲンビレアで彩られた風景の中で、
のんびりと漂う竹富の島時間を楽しめます。


『かおり風景100選』とは・・・「香り」と「記憶」をテーマに日本全国から選ばれた100ヶ所の風景が紹介されている、環境省「かおり風景100選選考委員会」事務局監修、フレグランスジャーナル社発行の書籍です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加