香りのブログ(2015年10月)

香りの好みは人それぞれ

先日、gooランキングから 『良い香りとはいえないけど実は好きなニオイランキング』 が発表されました。

選ばれた香りは、ガソリンスタンド、プールの消毒液、マニキュア、雨が降り出したときのアスファルトのニオイ、温泉街や火山の硫黄臭、銀行の行内、靴屋さん、古書店、紙袋や包装紙、歯医者さん、新車の車内、図書館・図書室・・・などなど。

ガソリンスタンドのイメージ

詳細はこちら(http://ranking.goo.ne.jp/column/article/2000/)を見ていただくとして、「分かる分かる!」と相槌を打ちたくなるものから「なぜ?」と疑問に思うものまで様々です。香りの好みは、その人の体験によるところが大きいな~と感じます。


あるフランスの香水会社では、衣服に残った匂いを分離させて香水を作り、亡くなった人の香りを再現することに成功したそうです。より個人的な好みで香りを選ぶ人が増えていくかもしれませんね。


とはいっても、商業施設などの公共スペースではなるべく万人受けする香りが望ましいでしょう。柑橘系や花の香りなどは一般的に良い香りと捉えられます。あまり強く出さず、においが分かるかどうかくらいの濃度で出しておくのがおすすめですよ。


(ホームページ担当 小林)

香りの好みは人それぞれ のページへ移動する

よみがえる記憶 ~プルースト効果~

ある香りで記憶がよみがえることをプルースト効果と言います。

フランスの作家マルセル・プルーストの作品中で、
主人公がマドレーヌを紅茶に浸すシーンがあるのですが、
その香りで幼少期を思い出したことから名付けられています。


先日、久しぶりにプルースト効果を体験をしました。


家族で老舗の料理旅館に泊まった時の事。
案内されたのは築何十年も経つであろうこじんまりとしたはなれ。
その玄関をくぐった途端、懐かしいあのにおいがしたのです。

旅館 懐かしい和室


少し湿り気のある埃っぽいにおい。
子供の頃、時々訪ねていた母の実家と同じ香りでした。

お正月に親戚一同が集まったこと・・・
おばあちゃんの煮物は最高においしかったこと・・・
廊下がぎしぎしと音を立てていたこと・・・
〆のお汁粉作りはおじいちゃんの担当だったこと・・・

小学生の頃の記憶が一気によみがえります。

懐かしいな~


ちなみにこちらの旅館、トイレにも懐かしいものがおいてありました。↓

トイレの防臭剤


今時珍しい防臭剤。
汲み取り式や和式トイレには、
よくこんな形のものが吊る下がっていましたよね。

この香りも懐かしい。
防虫効果のあるパラジクロルベンゼンも入っているらしく、
香り控えめな最近の消臭剤に比べて強烈です。

おばあちゃん家のトイレもこのにおいがしていたな~


皆さんの懐かしい香りはどんなものですか?


(ホームページ担当 小林)

よみがえる記憶 ~プルースト効果~ のページへ移動する