香りのブログ

香りの好みは人それぞれ

先日、gooランキングから 『良い香りとはいえないけど実は好きなニオイランキング』 が発表されました。

選ばれた香りは、ガソリンスタンド、プールの消毒液、マニキュア、雨が降り出したときのアスファルトのニオイ、温泉街や火山の硫黄臭、銀行の行内、靴屋さん、古書店、紙袋や包装紙、歯医者さん、新車の車内、図書館・図書室・・・などなど。

ガソリンスタンドのイメージ

詳細はこちら(http://ranking.goo.ne.jp/column/article/2000/)を見ていただくとして、「分かる分かる!」と相槌を打ちたくなるものから「なぜ?」と疑問に思うものまで様々です。香りの好みは、その人の体験によるところが大きいな~と感じます。


あるフランスの香水会社では、衣服に残った匂いを分離させて香水を作り、亡くなった人の香りを再現することに成功したそうです。より個人的な好みで香りを選ぶ人が増えていくかもしれませんね。


とはいっても、商業施設などの公共スペースではなるべく万人受けする香りが望ましいでしょう。柑橘系や花の香りなどは一般的に良い香りと捉えられます。あまり強く出さず、においが分かるかどうかくらいの濃度で出しておくのがおすすめですよ。


(ホームページ担当 小林)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加