香りのブログ

ストレス解消にロウリュウで汗をかく

みなさーん、こんにちは。

経理の瀬田(たなばた)です。
第6回目の投稿です。

日頃、たまった疲れやストレスを解消するのに、どんなことをしていますか?

甘いものを食べるとか、買い物をするとか、
泥酔するとか、カラオケで歌いまくるとか、マンガを読むとか、
それぞれの解消法があると思います。


ぼくからのおすすめは、サウナです\(^。^)/

サウナのイメージ
(サウナイメージ写真)


スパの施設内には、サウナをはじめ、天然温泉、露天、水風呂、ジェットバス、
寝湯など、色んなお風呂があります。
サウナ室は、熱したストーンの熱と蒸気で、室温は100度前後に保たれます。


大量の汗が出るので、リフレッシュ感が得られ気持ちいい(^^♪
疲労回復、血行促進、デトックス効果など期待でき、それを聞くだけでも気分上昇ですね!


ところで、
「100度って冗談でしょ?!水が蒸発するくらい熱いじゃないか」、と思われた方、
大丈夫!安心してください。

確かに水の100度は、熱くて一瞬でも触れませんが、
室温100度は、短時間なら大丈夫ですヨ。

 ※熱伝導率が、水より空気の方が低いから。(たぶん)


3~10分くらいサウナ室に入り、体温上昇、汗が猛烈に噴き出して来たら、
外の水風呂で一気にクールダウンさせます。これまたいい♪


水風呂が苦手という方もいますが、
ぼくは、サウナと水風呂はセットだと思います。


それくらい好きなサウナですが、
特に話題の「ロウリュウ」が、ストレス解消にいいですね。


ロウリュウは、通常通りサウナに入るのですが、
熱されたサウナストーンに、「アロマオイル」をかけるのが、ポイントです。

発生した蒸気を、タオルやうちわなどで扇いで、その熱波で一気に発汗を促します。
サウナの本場フィンランドでは、白樺の葉で扇ぐそうです。
優雅ですね。


体がぼろぼろに疲れたある日、ロウリュウを体験しました。

その日の香りは、ヒノキでした。


お店のスタッフがアロマオイルを、サウナストーンにかけると、
部屋に檜(ヒノキ)の香りが充満します。ロウリュウの開始です。

ヒノキは、リラックス効果があり、気分を落ち着かせてくれる。

タオルで空気を対流させ、瞬間温度100度近い熱風で体が熱くなる。

階段上の席では、下の方から埋まるが、入室が遅れると上の方しか空いていなく、
最上段に座ったら、上昇した熱との距離が近くて、とても熱い。

呼吸も苦しい。
熱が、頭や背中に降りてくる、感じ。

でも一瞬で過ぎ去るのが分かっているから、
我慢するが、なんとも修行のようです。

これが10分間に、2回くらい行われる。


汗をたっぷりかいた後、少量でいいから、冷水を口に含ませると、
水ってうまいと思う瞬間!

体のほてりと、休憩室のベッドの心地よさで、
横たわると、眠気に誘われる。ぐうぐぅ。

2~3時間も寝ちゃうと、もう気分すっきり♪

寝起きのドリンクは、のどの渇きをとってくれるけど、せっかく汗を出したので、
飲みすぎにはご注意を(^^)


従来、サウナ室は高温低湿が男性に好まれていましたが、
女性利用者の増加や、アロマオイルを使ったロウリュウの普及とともに、
中温高湿が人気のようです。


現代人は、様々なストレスを抱えて生活しています。
気軽に楽しめる、サウナやロウリュウはおすすめですよ。


(おわり)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

瀬田(たなばた)のブログは、隔週火曜(+α)に更新予定です。


■樹木類は深呼吸したくなるすっきりした香り
http://www.deodor.co.jp/kaori/effect.html
当社で取り扱いの香りの一例(日本デオドール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加