香りのブログ(2017年4月)

デオドールの庭 春爛漫

次々と花が咲き始めた庭は、一年の中で一番華やかな景観です。
しだれ桜や花海棠も満開になり、濃いピンクのしだれ桜も少し遅れて開花です。

niwa-26.jpg

↑ しだれ桜

niwa-27.jpg

niwa-28.jpg
↑ 花海棠

niwa-29.jpg

↑ しだれ桜(濃いピンク)

他にもミツバツツジ、君子欄、シャガ、さつき、もう少し先ですが藤の花が控えています。

niwa-30.jpg

↑ ミツバツツジ

niwa-31.jpg
↑ 君子欄

niwa-32.jpg
↑ シャガ 

春爛漫の言葉通りに庭は綺麗ですが、少し残念なこともあります。
ソメイヨシノが満開になったこの時期になると、メジロが来なくなるからです。
今頃は近くの新宿御苑あたりで桜花の間を飛び回っていると思います。
淋しいですが、また今年の冬までメジロとはしばしのお別れです。

niwa-33.jpg

話は変わりますが、気温も上がり始めたのでそろそろあの作業が待っています。
メダカの移動です。いままで室内の日当たりの良い場所でぬくぬくと育って
きた仔メダカ達ですが、外の水鉢に移す時が来ました。
その前に水鉢の清掃をしなくてはいけません。茂った藻を取り除き、
増殖した貝類も排除し、水も入れ替えます。一日がかりですね・・・


松村

デオドールの庭 春爛漫 のページへ移動する

デオドールの庭 雑草

庭にたくさんの鉢植えがありますが、暖かくなってくると
雑草がはびこりだします。
顧問に言われ少しずつ抜いてきましたが、中には根が張って
素手では対処しきれない大物もあります。
本来なら2月の終わり頃、まだ雑草の芽が小さい時に対策を
すれば楽だったのかも知れませんが、3月下旬から始めたので
苦労しました。
そこで、室長にお願いして秘密兵器(?)を買ってもらいました。
雑草抜き専用の道具です。

niwa-21.jpg

はさみとニッパー、両方合わせたような道具で、なかなか使えます。
大きな雑草はこれでも難しいのですが、それ以外は面白いくらい
抜くことができて楽しいです。手でやっていた時に比べると
その差は歴然です。特に指では摘まみにくい小さい芽もこの道具を
使うと簡単に挟めて便利です。
また、この道具のおかげで爪の間に土が入ることも無くなりました。

niwa-22.jpg

niwa-23.jpg

niwa-24.jpg

この道具を駆使して雑草抜きに励みたいと思います。


niwa-25.jpg
おまけ。雑草を抜いてスッキリした苔です。

松村

デオドールの庭 雑草 のページへ移動する

デオドールの庭 開花

前回のブログで書いた小彼岸桜が葉桜に変わり、つぎに開花したのは
玄関わきにある枝垂桜(薄いピンク)です。

niwa-13.jpg

niwa-14.jpg

もう一つある濃いピンクの方は、同じ枝垂桜でも品種が違うのか
開花時期がずれているようです。

niwa-15.jpg

他にも花海棠や藤の花、さつきなど蕾が膨らんできているので
これから楽しみです。

niwa-16.jpg

花海棠↑

niwa-17.jpg

藤の花↑

niwa-18.jpg
さつき↑


また、大島桜が咲いているところを見たことが無いと書きましたが、
顧問に聞いたところ、前は咲いていたけど鉢植えなので木自体が
弱って花を咲かせないかもしれないと言ってました。
今日現在葉っぱしか開いてないので、今年も見れそうにありません。

niwa-19.jpg

取り敢えず、今年は肥料やりと水やりを改善して来年まで様子を
みたいと思います。ネットで「鉢植えの桜が咲かない」で検索すると
たくさん対策が出てきますので参考にします。

niwa-20.jpg
おまけ。手形のようだったので。

松村

デオドールの庭 開花 のページへ移動する

緩和ケアとしてのアロマ活用方法

こんにちは。最近、私の友人が妊娠したと報告を受け、嬉しいなと思うとともに、自分の出産時の経験を思い出しました。

あれは今までの一生の中で一番の激痛!!特に私は陣痛が長かったので大変でした。そんな苦しかった時に看護師さんがアロマを焚いてくれたので気持ちが少し和らぎました。陣痛の時はクラリセージを中心にしたブレンド、出産の時はオレンジベースのブレンドでした。でも、産まれてしまえば赤ちゃんがかわいくて、苦しさや痛みは安心と幸福感に変わりました。


さて、アロマは他の医療現場でどのように活躍しているのでしょうか?


高齢者や終末医療の方に対し、ハンドマッサージやフットマッサージをして緩和ケアを行っているケースもあるようです。

寝たきりになると筋肉が衰えてしまいますが、マッサージによって筋肉を刺激することができます。血行やリンパの流れを良くして老廃物を流すことで、むくみの改善効果が期待できます。

また、好きな香りを使うことにより落ち込んだ気分が高まったり、リラックスして安らいだ気持になることもできます。何よりも人が直接触れると患者は心が温かくなり、生きる力が沸いて自然治癒力が高まるともいわれています。大好きな家族がやってあげたらなおさら良い影響がありそうですよね。

※病気によってはマッサージしてはいけない場合もありますので、お医者様に確認してから行ってください。


ハンドマッサージイメージ
【ハンドマッサージ】


マッサージオイルの作り方レシピです。


【準備する物】

  • 精油 体に使用する場合 1~6滴(皮膚の弱い方には少量で)
       顔に使用する場合 1~3滴
  • 植物油(マカダミアオイルやホホバオイル等)30ml
  • 遮光性保存容器
  • ガラスのビーカー、ガラス棒等

【作り方】

①ビーカーに植物油と精油を入れる。
②ガラス棒でよく混ぜる。
③保存容器に入れる。


これで完成です!!


マッサージオイルは簡単に作れますね。マッサージのやり方も難しくはありません。優しく心をこめれば気持ち良いはずです。周りにちょっとつらそうな方がいた時にやってあげられるよう覚えておきたいですね。


奈良岡

緩和ケアとしてのアロマ活用方法 のページへ移動する

環境の変化に対応するお役立ちアロマ

こんにちは。
桜が咲き天気の良い日が続いてきれいな季節ですね。近所の小学校の前を歩いた時、桜をバックに入学式の写真撮影している親子を見てきっと素敵な写真になるだろうなと感じました。

私の子も保育園を転園したので入園式に行ってきました。今週は子供のストレスや負担を最小限にするよう、少しずつ預け時間を伸ばして徐々に環境に馴染ませていくという慣らし保育を行っています。預ける時も迎えの時もうちの子は大泣きしていて、家に帰ってからも不安でなかなか私から離れようとせず、「だっこーだっこー」と言ってきます。慣れていた環境を変えるのは大変ですね。


さて、4月は大人の環境も変わります。新入社員が入ったり、人事異動などもあるかもしれませんね。大人も不安に感じたり、気持ちがついていけなくなったり・・・いろいろあるかもしれません。そんな時は気分転換にアロマを活用してほしいなと思います。

環境の変化におすすめのアロマをご紹介します。エッセンシャルオイルを2、3本持ち歩いて休憩の時にティッシュに垂らして嗅ぐのも良いかもしれませんね。


アロマポットイメージ
【アロマオイルとアロマポットのイメージ】


  • 気分を前向きにしたい時・・・スイートオレンジ、レモン、ローズマリー
  • 気持ちを落ち着かせてリラックスしたい時・・・ラベンダー、ネロリ、スイートマジョラム
  • 心のバランスをとりたい時・・・ベルガモット、ゼラニウム
  • イライラや不安を鎮めたい時・・・カモミール、サンダルウッド

また、心の不安定にフラワーエッセンスを活用している方も周りにいます。フラワーエッセンスとは、簡単にいうと花から抽出した物質で、直接舌に垂らしたり食事に入れて服用します。私はアロマの勉強をしている時に学校からもらったものを試しただけなので効果があるかどうかはちょっと分からないのですが、はまっている方はかなりはまっていて体調も精神面にもすごく良いと言っていました。

時々、自然の力を借りて心のバランスをとるのも良いと思いますよ。


奈良岡

環境の変化に対応するお役立ちアロマ のページへ移動する