香りのブログ(2017年12月)

まつぼっくりで香るクリスマスツリー

こんにちは。
12月に入り10日以上が過ぎました。師走は時が過ぎるのが早いですね。あっという間に年越しを迎えてしまいそうなのに大掃除も何もやってなく焦り気味の奈良岡です。

私は先日、まつぼっくりでクリスマスツリーを作る講習に参加してきました。自分で作ると愛着が湧いてきますし、とっても簡単に作れるのでおすすめです。私はほんのり香りをつけたいと思い、ツリーの裏の見えにくいところに香水をひと吹きしました。


まつぼっくりのクリスマスツリー
【まつぼっくりのクリスマスツリー:私は一番右を作りました】


まつぼっくりのツリーの作り方はこちら↓

1. まつぼっくりに絵具やマニキュアを使って色を付けます。きれいに塗るより、むらがあって松ぼっくりが少し透けてみえた方が味があるかなと思います。)

2. 乾いたら、ビーズやスパンコールを木工用ボンドで貼り付けます。

3. 土台をフエルトや折り紙でデコレーションします。

4. 最後にグルーガンで松ぼっくりと土台をくっつけて完成です。土台とまつぼっくりの境に綿をつけて雪のように見せてもOKです。


まつぼっくりは拾ってきたものをそのまま使っても良いですが、煮沸してから日光に当てて乾かすと消毒もされてきれいになるので良いそうですよ。煮沸した時はかさがしぼんで小さくなりますが、しっかり乾かすときれいにかさが開くそうです。おもしろいですね。

まつぼっくりで香るクリスマスツリー のページへ移動する

デオドールの庭 ゼニゴケ

久しぶりのブログです。
今回は植木鉢に繁殖したゼニゴケ退治をご紹介します。

今夏以降も雨が多く、ジメジメした気候が続きました。
その結果、気が付くとゼニゴケなるものがいつのまにか繁殖していました。

niwa-92.jpg

ゼニゴケの繁殖条件は、日当たりが悪い、風通しが良くない、水はけが悪い等があるようです。去年まではその姿を見かけなかったので、雨が続いた結果の水はけ悪化によるものだと思います。


苔は苔でも ↓ のような苔は肌触りもよくお気に入りなのですが、

niwa-25.jpg

今年はそれらに覆いかぶさるようにゼニゴケが蔓延りだしました。
最初は正体が分からずにいましたが、ネットで検索するとゼニゴケと判明しました。
その退治方法も上位のキーワードで表示されているところを見ると、皆さんも
お困りの厄介者なのかもしれません。

退治方法としては、石灰を撒く、除草剤を撒く、熱湯をかける等ありますが、
他のフカフカの苔たちは残したいので、お酢を使う方法を選びました。
用意したのは普通のお酢と小筆です。両方とも100円ショップで買いました。

niwa-93.jpg

ゼニゴケの表面にお酢を塗るだけです。ただし、ゼニゴケ以外にお酢が極力付かないよう
こまめに塗っていきます。こういう細かい作業は結構好きなので楽しくできました。

niwa-94.jpg

塗り終わった後は、そのまま放置です。
ほぼ、2~3日で枯れていきます。

niwa-95.jpg

niwa-96.jpg

ゼニゴケが少量の鉢は1回の塗りで十分でしたが、写真の様に広範囲にわたって繁殖している鉢はお酢塗りの作業をもう一度繰り返します。

niwa-97.jpg

半月経ちましたが、その後ゼニゴケは復活もせず良い感じです。
もちろん周りの苔達に影響もなく、元気にフカフカしています。
今後もゼニゴケを見かけたら、まめにお酢を塗って退治しようと思います。


おまけ

niwa-98.jpg

11月中旬に咲いた小彼岸桜の花一輪。
寒暖差を春と勘違いしたようです。


松村

デオドールの庭 ゼニゴケ のページへ移動する