香りのブログ

香りは見えないのもいい

こんにちは!暑いですね。紫外線も気になる眩しさです。急激な気温の高まりに、植物の成長も早まっている気がします。そんな中、今年も甘い香りで私の足を止めたのは、スイカズラ科のハニーサックル。

ハニーと名付けられているだけあって、とても良い香りがします。香りは夜の方が断然強く、こんな香水があったら付けてみたいと思わせる少しフルーティな匂い。地中海沿岸部を中心に分布しているそうですが、星空の下こんな香りのする夜道を散歩できたら素敵でしょうね。


ハニーサックル
【昼のハニーサックル】


さて、ビジネスシーンに香りを取り入れることも珍しくなくなりました。雑貨店などでは、取扱い中のアロマ製品を香らせてこのお店ここに有り!』と印象付けている所もあります。


先日、社内のリフレッシュルームに香りを導入したいというお客様からお問い合わせを頂きました。ご要望は『置き型芳香剤のようにずっと香りを出すものではなく、時間などで香りを出すようなものがいい』とのこと。タイマー機能付きの香り発散器をご提案すると、早速導入が決まりました。採用していただけるのは、やっぱりうれしいです!


でも、タイマー運転できるアロマディフューザーなどは他社でも扱っています。デオドールにしたその決め手は何だったのか?気になりませんか。


担当者曰く、

・見えないところに機器を設置できること
・各エリア個別に香りを出せること

これが加点ポイントだったそうです。


お店や病院の待合室など香りに気づくとその元をつい探してしまうのですが、大体アロマディフューザーか芳香剤が置いてあります。手軽な導入方法なんですが、どーんと大きな機器だったり、パッケージがおしゃれじゃなかったり・・・見栄えが気になるところでもありますね。


今回、お客様にご提案した機種は『業務用 香り発散器 PE-101STシリーズ』


香り発散器 PE-101STシリーズ
【天井裏に設置した香り発散器 PE-101STシリーズ】


機器は表から見えないよう天井裏や物置などに設置し、香りは配管を通して各エリアに発散させる仕組みです。この方法なら『あれ?このお部屋何かいい匂いするね!』といった状態を自然に演出することができます。


香りって主張しすぎてしまうと邪魔に感じることもありますよね。そして、その元を見つけるとやっぱりね~って思ったり。


『見えない、目に入らない』けれど『香る』


そんなアロマ空間もいいものです。(o´▽`o)


(ホームページ担当 小林)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加