香りのブログ

液だれしない香り発散器

「お寺や神社でお参り」

このフレーズを聞いて、皆さんどんな情景が思い浮かびますか?

手を合わせて目を瞑り本堂に向かって拝む姿や、お賽銭をして鐘を鳴らす光景が浮かぶのではないでしょうか。同時に連想されるのは『線香の香り』。屋外がイメージされるせいか、家の仏壇の線香とは少し違う、気品と奥行きのある香りが想像できるかと思います。


参拝のイメージ
【お参りのイメージ】


最近では空調の効いた室内に参拝所が設けられ、煙がこもらないよう線香をたかない寺院もあるようですが、今回、香り発散器を購入いただいた寺院もそんなお客様。線香はなくとも祈りの場所に香りは付き物のようで、あるメーカーの噴霧器を使って室内に香りを放出していました。

しかし、液体の香りオイルを空調ダクトにスプレーするため、ダクト内に液だれするのが難点でした。改装工事をきっかけにデオドールにご相談です。


こちらの寺院で使用している白檀のような香り。この香りには思い入れがあり、できればそのまま使いたいとのご希望。そこで、お客様からご提供いただいたオイルをビーズ化し、香り発散器も特注で製作いたしました。


発散器にセットした香りビース
【ビーズ化した香りは不織布に入れて使用します】


ビースに閉じ込めたオイルは、徐々に気化して香りを放ちます。液だれが解消して使い勝手がよくなっったうえ、発散器本体で香りの調整がしやすいと好評です。この寺院を印象付ける白檀のような香りは、これからも参拝者の方々の記憶に残ることでしょう。


※デオドールの香りビーズ、数種類のブレンドをご用意しておりますが、条件によってはお客様ご希望の香りで製作も可能です。詳しくはお問い合わせください。


(ホームページ担当 小林)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加