香りのブログ(2019年2月)

デオドールの庭 メジロは以外に大食漢

先月のブログで、暖冬の為かメジロが訪れないと書きました。
その後、1月末あたりから寒さが厳しくなり、
メジロが毎日遊びに来るようになりました。


デオドールの庭にきたメジロ
【デオドールの庭に遊びに来たメジロ】


例年はハチミツを水で薄めたものを好んで飲んでいたのですが、
今年はミカンがお気に入りのようです。
半分に切って、写真の様に細い針金で吊るします。


メジロのエサ(みかん)
【メジロ用のみかん】


朝吊るしておくと夕方には下記の様に実までキレイに食べます。
あの小さい体でなかなかの大食漢です。
番いで来るので一日ミカン一個を完食です。
今年はミカンがお高いのですが・・・まあ可愛いので良しとします。


メジロが完食したみかん
【メジロが完食したみかん】


メジロ食事中
【メジロの食事の様子】


今年は訪れが遅かったので、いつまで庭に遊びに来てくれるでしょうか。
いつもは桜の花が咲く頃に訪れなくなりますので、
今から桜の開花時期が気になる今日この頃です。



おまけの写真(食事後の羽繕い)
寒いのか2羽がピッタリと寄り添ってイチャついています。


メジロのつがい
【仲良しメジロのつがい】


松村

デオドールの庭 メジロは以外に大食漢 のページへ移動する

香りで安心感(葬祭場エントランス)

こんにちは、技術室の島田です。
1月が終わったと思ったら、節分、立春、が来て暦の上ではもう春です。いやいや春はまだ早いでしょ?と思ったら案の定、降雪... かと思えば一転、桜の咲くころの陽気だったり、気温も上がったり下がったりのジェットコースター状態で..."春一番"が吹く?なんて噂もありました。さすがに関東で春一番の知らせはありませんでしたね。


さて、先日香り発散器の試運転調整に伺ってきました。葬祭場のエントランスにほのかに香りをだし、訪れるお客様をお出迎えする香りの演出です。今回は天井内に機器を設置し、四つの吹出口から香りを室内に発散させます。点検口を設けてその後の調整やメンテナンスに備えました。


吹出口と点検口
【香りの吹出口と点検口】


点検口を開けると、天井内にはこのように香り発散器が設置されております。自分の腕の大きさを見てもらえば分かるように、片手で抱え込めるほどの大きさです。


天井内に設置した香り発散器
【天井内に設置した香り発散器】


香りカートリッジを機器にいれます。ちなみに香りは"オレンジフラワー"です。さわやか且つ優美なオレンジの花の香りです。不安を和らげ安心感をもたらしてくれる香りと言われています。


香りビーズのカートリッジ
【香りカートリッジ】


香りの発散量を機器のダイアルで調整して、室内で香りを確認、エントランスにはオレンジフラワーのさわやかな香りが広がっています。この香りが色々な方の安心感になってくれると嬉しいですね。


香りは訪れた人の心理に影響を与えます。会社や施設のブランディングに興味のある方はお気軽にご相談くださいね。


(島田)

香りで安心感(葬祭場エントランス) のページへ移動する