デオドールの庭 8年越しのオオシマザクラ

香り空調システム

香りのブログ

デオドールの庭 8年越しのオオシマザクラ

百人町の雑然とした街中にあっても、ここデオドールの庭は四季折々の風情が楽しめます。なかでも、春の季節は次々と花が咲き華やかです。桜だけでも7種類もあるんですよ。


本来なら初春に開花するのが緋寒桜。一昨年枝を切ったので今年も花を付けず葉っぱだけです。2番手は小彼岸桜。こちらが散り始めると、次いで、佐藤錦、ナポレオン、枝垂桜(白)と枝垂桜(濃いピンク)が咲き始めます。

7種類目は大島桜です。この事務所に越してきたのが2011年の5月で、その間7回の春を迎えましたが、オオシマザクラだけは一度も花をつけず葉っぱしか見られませんでした。ですが、今年は嬉しいことにオオシマザクラが開花しました!8年越しの開花です。


オオシマザクラ
【8年越しに開花したオオシマザクラ】


なぜ今まで咲かなかったのか、なぜ今年は咲いたのか理由は分かりませんが、折角花を咲かせたので、今後の為に何か手入れを検討中です。植え替えるには鉢が大きすぎるので、インターネットで検索しながら良い方法を見つけたいと思います。


おまけ:今年ようやく開花を確認できたオオシマザクラですが、若木が2本育っています。顧問曰く、買った覚えがないそうなので、種が飛んで来て根付いたものと思われます。この若木の片方にも今年は花が咲きました。庭の植木鉢で桜が種から育って花を咲かせるなんて、儚く散るイメージの桜ですが、案外逞しいのかも知れません。


オオシマザクラの若木
【オオシマザクラの若木】


桜以外にも、馬酔木、花海棠、ミツバツツジ、シャガなどが咲いています。その後も、サツキ、藤、花菖蒲と花盛りは続きます。来社されるお客様にも喜んでもらえると嬉しいです。


(松村)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加