香りのブログ(かおりのこと)

香り発散の仕組み

デオドールの香り発散器。
『一般的なアロマディフューザーとどこが違うんですか?』
といったお問い合わせを頂きます。

最大の特長は香りビーズを使うこと。(※一部製品除く)

香りビーズとは、紙製のセルロースビーズの中に
香りのエキスを包み込むように閉じ込めたもので、
発散スピードが緩やかなため持続的に香らせることができます。
香りが気体となって空気中に漂います。

ビーズ断面図
(香りビーズの断面図:この小さな隙間に香りのエキスがぎっしり詰まっています)


一方、一般的なアロマディフューザー(業務用)の場合、
香りは液状の細かいミストとして噴霧されます。
噴霧量を変えたりして香りの強弱を細かく付けることができますが、
液体を扱っている分意外と調整が大変です。


細かい調節は面倒、気軽に香りを取り入れたいな~
という方には、デオドールの香り発散器がおすすめですよ!


香りビーズの詳細はこちら


(ホームページ担当 小林)

香り発散の仕組み のページへ移動する

ヒヤシンスで香りの演出

スーパーへ買い物へ行った時のこと。
お店に入ってすぐ強い芳香を感じました。 これはこれは。。。
気になって鼻をクンクンさせ、においの元を探します。

簡単に見つかりました~


ヒヤシンス!!

ヒヤシンスの香り


そうか、もうそんな季節なんですね。

入口近くあったヒヤシンスはすっかり花開き、濃厚な香りをまき散らしていました。
ユリのように重く、バラのように華やか、けれど少しグリーンなにおい。。。


さてこの香り、私の嗅覚によると少し濃すぎる判定です。
お店の入口は約20平方メートル。
程よい強さにするには、鉢植え二つでも十分なのでは?と思いました。
(実際は四つの鉢植えが並んでいました。)

ただし、これは空間の香り演出で考えた場合。
ヒヤシンスの購入を促すには、
これくらい強い香りの方が宣伝効果があるのかもしれませんね。


(臭気判定士 小林)

ヒヤシンスで香りの演出 のページへ移動する

ゆれるフレグランスディフューザー

今日はティーストレーナーを使った
『ゆれるフレグランスディフューザーの作り方』をご紹介します。

デオドールでは毎月1回メールマガジンを発行しています。
12月号は『新年のお客様には香りのおもてなしを』という特集でした。
(まずは メルマガバックナンバー第12号 を読んでね。)


と、文中に聞きなれない言葉が。。。

ティーストレーナー

皆さん分かります?
紅茶用の茶こしのことです。
たぶん普通の女子なら、でなくても英語力のある人なら分かるはず。。。
恥ずかしながら、私はすぐには分かりませんでした。

でも、これを使うのは面白そう!
ということで早速試してみました。


ティーストレーナーは、キッチン用品を扱う雑貨屋さんで手に入ります。
が、近くにそんなお店はなく、スーパーやコンビニで探したものの見つからず。
もしかして。。。ということで100円ショップに行ってみました。

ありましたティーストレーナー。さすが100円ショップ!
(出汁取りにも使えるのか!)
しかもチェーン付き。理想的な形状です。

100円ショップのティーストレーナー

(写真を撮る前にあわててパッケージを破ってしまいました。。。
見苦しくてすいません。)


【ゆれるフレグランスディフューザーの作り方】


①ティーストレーナーの中に、お好みの香りビーズを入れます。
わたしはオレンジフラワーを選びました。
ちょっと苦みも感じるオレンジの花の香り。これが甘すぎなくて良いんです。

ティーストレーナーと香りビーズ


②それをドアに吊り下げます。(我が家の場合、戸当りにひっかけました。)
ドアを開閉するたびにビーズの入ったティーストレーナーがゆらゆら揺れて、
香りが広がります。見た目もかわいいですよね。

ゆれるフレグランスディフューザー


取り付けると、すぐに子供が近寄ってきました。

「いいにおいだね~。草みたい。」

って、おいおい。。。
オレンジフラワーも草も同じにおいに感じるのか!


ティーストレーナーは、卓上に置くタイプもあります。
香りビーズを入れて空いたスペースにちょこっと置いておくと、
インテリアとしてもおしゃれですよ~。


(ホームページ担当 小林)

ゆれるフレグランスディフューザー のページへ移動する

年明けて気になることは・・・

明けましておめでとうございます。

皆様は年末年始いかがお過ごしでしたか?
旅行や親戚などへの挨拶回りなどでおいしいもの沢山食べて・・・
という方は多いのではないでしょうか。


お節料理イメージ


私も行く先々でご馳走になりまして、ちょっと体が重くなった気がします。。。
手軽に簡単なダイエットはできないかな~ということで、
アロマバス芳香浴をご紹介します!!


アロマバスは浴槽に下記精油を5滴以内ブレンドし垂らします。

<おすすめの精油>

  • グレープフルーツ・・・食欲のバランスを取り、脂肪燃焼作用が期待できます
  • ローズマリー・・・血行を促進し、代謝を高めてくれます
  • ジュニパー・・・利尿作用があり、むくみを排出します

寒い季節に身体も温まり、ダイエット効果も期待でき嬉しいですね。


芳香浴ではグレープフルーツやパチュリがおすすめで、過食を抑える作用があります。
アロマ加湿器やディフューザーなどで香りを広げて楽しんでください。


奈良岡 AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー

年明けて気になることは・・・ のページへ移動する

マンションで香りのおもてなし

ご近所のマンションで、素敵な香りの演出に出会いました。

共用の玄関を入ると少し広めのエントランスがあり、
天井は吹き抜けになっています。
そこに立派な花瓶が置かれ、色とりどりのお花が生けられていました。

ユリを中心に優しいフラワーな香りが広がります。
癒される~


生花のイメージ
(お正月にはこんな生花も良いですね!)


大家さんに伺うと、もともと竹を植えていたけれど、
日当たりが悪いせいか枯れてしまったとのこと。
代わりに花を生けるようにしたそうです。

竹は竹で落ち着いた和の雰囲気だったことでしょう。
でも、生花は見た目にも華やかできれいです。
季節感も出ますし。

住民の皆さんも疲れて帰宅した時、ほんわかした花の香りで迎えられれば、
きっとリフレッシュできるだろうと思いました。
こんなマンションに住んでみたいですね。


さて、花を生けるなんて大変よ。。。
という大家さんは、近所の花屋さんと契約して
プロに任せてしまう手もあります。

それも面倒な方は、どうぞデオドールの香り発散器をご利用ください。
香りビーズは種類も豊富で、
季節に合わせていろんな花の香りを楽しむことができますよ。


まずはエントランスから『香りのおもてなし』いかがでしょう?


(臭気判定士 小林)

マンションで香りのおもてなし のページへ移動する

前の5件 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17