香りのブログ(かおりのこと)

香りで知らず知らずのうちに加害者に?!

こんにちは、松本です。
お盆が過ぎて夏も後半、といったところですね。
みなさんはもう夏らしいことは何かされましたか?
私はというと花火を見に行ってきました。


足立花火
【足立の花火大会】


どちらかというと、人ごみはちょっと・・・と思ってしまうのですが(汗)
誘われれば喜んでついていくタイプです(笑)
やはり近くで見ると、胸にドーンと響いて迫力があるのでいいですね。
8月下旬でも東京近郊で花火大会はあるので、また行こうかな、と考え中です。


さて、ヤフーニュースを見ていたらこんな記事を見つけました。
『衣類の柔軟剤の香りで体調不良、退職に追い込まれる例も...「香害」電話相談、切実な声』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00006515-bengocom-soci


「香害」とは、柔軟剤などの人工的な香料が原因で体調不良を引き起こすことです。
日本消費者連盟というところが「香害110番」として電話相談窓口を設けたところ、
2日間で全国から213件の相談が寄せられたそうです。


それほど香料で悩まされている人がいるということですね。
苦手な香りだな、と思うだけで我慢できる範囲ならまだ良いのですが・・・。
頭痛や吐き気のような体調不良を起こしてしまっては問題ですね。


洗濯物
【近隣の、洗濯物の柔軟剤の香りに悩まされている人も】


人の鼻は同じにおいをずっと嗅ぎ続けていると、感じにくくなってしまう性質があります。
たとえば、人の家に遊びに行ったときに、"家のにおい"を感じたことはありませんか?
でも自分の家のにおいは特に感じませんよね。
それは毎日生活していて常に嗅いでいるからです。


香水や香りのある整髪料など、自分が感じないからといってたくさんつけてしまうと、
他の人にとってはとんでもなく香ってしまっている場合があるということです。
せっかく自分の好きな香りで幸せな気持ちになっているのに、
知らず知らずのうちに「香害」の加害者になってしまっていたら悲しいですよね。
最低限、商品のパッケージに表示されている一回の使用量を守ったり、
家族など身近な人に香り過ぎてない?と確認してもらうといいかもしれません。


ヘアフレグランス
【香りのつけすぎ注意!】

という私にも思い当たる節がありまして・・・。
大学生時代にカフェでアルバイトしていたのですが、喫煙スペースもあって、
数時間働くと髪の毛にものすごくタバコのにおいがついてしまう状況でした。
バイトの後に大学へ行くこともあったので、その時はヘアフレグランスを
自分でもはっきり香りがわかるくらい髪の毛につけていました。
もとのタバコ臭さを消す、というよりかは違う香りでごまかす、いわゆる"マスキング"です。
きっと知らず知らずのうちに加害者になっていたかもしれない、と今になって反省しました。


恐らく最近顕在化してた問題だと思うので、これからどうなるのか気になるところです。
香りとうまく付き合える世の中になってほしいなぁと願っています。

香りで知らず知らずのうちに加害者に?! のページへ移動する

緩和ケアとしてのアロマ活用方法

こんにちは。最近、私の友人が妊娠したと報告を受け、嬉しいなと思うとともに、自分の出産時の経験を思い出しました。

あれは今までの一生の中で一番の激痛!!特に私は陣痛が長かったので大変でした。そんな苦しかった時に看護師さんがアロマを焚いてくれたので気持ちが少し和らぎました。陣痛の時はクラリセージを中心にしたブレンド、出産の時はオレンジベースのブレンドでした。でも、産まれてしまえば赤ちゃんがかわいくて、苦しさや痛みは安心と幸福感に変わりました。


さて、アロマは他の医療現場でどのように活躍しているのでしょうか?


高齢者や終末医療の方に対し、ハンドマッサージやフットマッサージをして緩和ケアを行っているケースもあるようです。

寝たきりになると筋肉が衰えてしまいますが、マッサージによって筋肉を刺激することができます。血行やリンパの流れを良くして老廃物を流すことで、むくみの改善効果が期待できます。

また、好きな香りを使うことにより落ち込んだ気分が高まったり、リラックスして安らいだ気持になることもできます。何よりも人が直接触れると患者は心が温かくなり、生きる力が沸いて自然治癒力が高まるともいわれています。大好きな家族がやってあげたらなおさら良い影響がありそうですよね。

※病気によってはマッサージしてはいけない場合もありますので、お医者様に確認してから行ってください。


ハンドマッサージイメージ
【ハンドマッサージ】


マッサージオイルの作り方レシピです。


【準備する物】

  • 精油 体に使用する場合 1~6滴(皮膚の弱い方には少量で)
       顔に使用する場合 1~3滴
  • 植物油(マカダミアオイルやホホバオイル等)30ml
  • 遮光性保存容器
  • ガラスのビーカー、ガラス棒等

【作り方】

①ビーカーに植物油と精油を入れる。
②ガラス棒でよく混ぜる。
③保存容器に入れる。


これで完成です!!


マッサージオイルは簡単に作れますね。マッサージのやり方も難しくはありません。優しく心をこめれば気持ち良いはずです。周りにちょっとつらそうな方がいた時にやってあげられるよう覚えておきたいですね。


奈良岡

緩和ケアとしてのアロマ活用方法 のページへ移動する

環境の変化に対応するお役立ちアロマ

こんにちは。
桜が咲き天気の良い日が続いてきれいな季節ですね。近所の小学校の前を歩いた時、桜をバックに入学式の写真撮影している親子を見てきっと素敵な写真になるだろうなと感じました。

私の子も保育園を転園したので入園式に行ってきました。今週は子供のストレスや負担を最小限にするよう、少しずつ預け時間を伸ばして徐々に環境に馴染ませていくという慣らし保育を行っています。預ける時も迎えの時もうちの子は大泣きしていて、家に帰ってからも不安でなかなか私から離れようとせず、「だっこーだっこー」と言ってきます。慣れていた環境を変えるのは大変ですね。


さて、4月は大人の環境も変わります。新入社員が入ったり、人事異動などもあるかもしれませんね。大人も不安に感じたり、気持ちがついていけなくなったり・・・いろいろあるかもしれません。そんな時は気分転換にアロマを活用してほしいなと思います。

環境の変化におすすめのアロマをご紹介します。エッセンシャルオイルを2、3本持ち歩いて休憩の時にティッシュに垂らして嗅ぐのも良いかもしれませんね。


アロマポットイメージ
【アロマオイルとアロマポットのイメージ】


  • 気分を前向きにしたい時・・・スイートオレンジ、レモン、ローズマリー
  • 気持ちを落ち着かせてリラックスしたい時・・・ラベンダー、ネロリ、スイートマジョラム
  • 心のバランスをとりたい時・・・ベルガモット、ゼラニウム
  • イライラや不安を鎮めたい時・・・カモミール、サンダルウッド

また、心の不安定にフラワーエッセンスを活用している方も周りにいます。フラワーエッセンスとは、簡単にいうと花から抽出した物質で、直接舌に垂らしたり食事に入れて服用します。私はアロマの勉強をしている時に学校からもらったものを試しただけなので効果があるかどうかはちょっと分からないのですが、はまっている方はかなりはまっていて体調も精神面にもすごく良いと言っていました。

時々、自然の力を借りて心のバランスをとるのも良いと思いますよ。


奈良岡

環境の変化に対応するお役立ちアロマ のページへ移動する

アロマトリートメントでストレス解消!

こんにちは。
暖かい日や風の強い日が段々と増えてきて、花粉の飛散量も多くなりましたね。春が近づいてきたことは嬉しいのですが、花粉症なので鼻水とマスクが煩わしく感じ、若干ストレス気味の奈良岡です。

ところで、皆さんのストレス解消法は何ですか?

私は甘いものを美味しいコーヒーと一緒に食べたり、子供と遊んで癒されています。また最近はご無沙汰になってますが、独身時代にはアロマトリートメントもよく利用していました。アロマオイルを使ったマッサージと言った方が伝わりやすいでしょうか。

(厳密にいうとマッサージはあん摩、針灸、指圧の資格を持った人が施術するもので、資格がない人が施すものはトリートメントと表現しなくてはならないと決められています。またマッサージは直接手で体を触ることから、手を当てる→手当てという意味もあり治療の一環になるようです。)


エステ
【アロマトリートメントのイメージ】


そもそもアロマテラピーの定義は芳香療法(アロマ=芳香、テラピー=療法)で、自然治癒力を高め健康を増進するという目的があり、フランスでは医療現場で使用されています。

アロマトリートメントは良い香りに包まれながら体と心がほぐされて、施術後はコリや精神的な疲れが取れて癒されます。女性の為というイメージが強いですが、男性向けのお店もありますよ。

ちょっと疲れているなーとか、ストレスたまってるなーと感じている方は試してみてはいかがでしょう?体も心もきっとぽかぽかになりますよ!


(奈良岡)

アロマトリートメントでストレス解消! のページへ移動する

自然の力で花粉症対策

こんにちは。
東京は冬の晴天、乾燥して寒い日が続いてますね。
朝晩、段々と日が延びてきて春は近づいてきているのかなと感じます。

春と言えば、、、あの嫌なものも飛んできているようです。・・・スギ花粉です。ピークは2月から4月だそうで3か月間もあります。長いですね~。

私は花粉症なのでこの期間はつらく感じます。薬を使わずなるべく自然の力を借りた対策ができればと思い、アロマオイルの活用方法についてまとめてみました。


花粉症のイメージ
【花粉症のイメージ】


花粉症による鼻水や咳の不調に有効と考えられるアロマオイルは、ユーカリ、ティートリー、ペパーミント等です。これらのうち1種類または数種類をブレンドして室内で焚くのも良いと思いますがスプレーも便利ですよ。気になる時に室内にシュッシュと噴けますし、持ち歩きもできるので手軽です。またマスクに少量噴いておくと、呼吸がしやすくなり気分もスッキリします。


スプレーのレシピ↓↓↓

<材料>

  • 精製水      45ml
  • 無水エタノール   5ml
  • アロマオイル  5~10滴
    (ユーカリ2滴、ティートリー2滴、ペパーミント1滴がおすすめです。)

<作り方>

1.スプレーのボトルにアロマオイルと無水エタノールを入れてよ~く振ります。
2.精製水をその中に入れてよ~く振ります。

できあがり!!

マスク用としてスプレーを作るのであれば、濃度は薄く作ってください。アロマオイルが直接肌につかないよう、スプレー後にガーゼを1枚引いた方が良いと思います。


その他花粉症対策について調べ、私がいいなと思ったことを下記に載せます。

●食生活を整える
ヨーグルトを毎日取るようにし腸内環境を整えて、様々な食材の栄養が吸収しやすくなるよう体の土台作りをしたいですね。青魚やしょうが、大根、ごま等々が花粉症に良いとされる食材です。

●ハーブティーを活用。
ハーブティーや緑茶等、花粉症に良いとされるお茶があります。エキナセア、ネトル、ルイボス、エルダーフラワー等。免疫力を強めて花粉症に効くそうです。ハーブティーは香りも楽しめますしね。

●睡眠時間の確保
アレルギー症状を発生させる原因物質ヒスタミンの分泌を押さえれば、症状を緩和することができます。寝不足はヒスタミンが出やすくなるので、質の良い眠りの環境を作りたいですね。リラックスできるよう、ネロリ等のアロマを寝室に漂わせようと思います。

今年は症状が軽く済むといいなと思います。


奈良岡

自然の力で花粉症対策 のページへ移動する

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11