香りのブログ(日々のこと)

白バラの香りと共に

今日はバレンタインデー。
『義理チョコはそろそろ要らないんじゃないの?』という風潮を追い風に、プレゼントと言いつつ、家族みんなで食べるチョコを用意しようともくろむ小林です。


手作りバレンタインのチョコ
【娘が作った友チョコ】


中学生ともなればチョコを自分で作って誰かにあげたいと思うのでしょうか。
特に気になるお相手はいないようですが、お友達に配りたいといそいそとチョコを作っていました。といっても、溶かしてナッツを刻んで、タルト型に入れて固めるだけの簡単手作りでしたが・・・ナッツが入った分、お味はなかなかのものでしたよ。


さて、そんな娘と休日に近所を散歩していた時のこと。

どー見てもおしゃれなおじ様(といっても私よりはきっと若いであろう男性)が、さっそうと車のトランクから何かを取りだしています。


白いバラのイメージ
【白バラ・・・こんな感じのがどっさりと】


な、なんと、バラの花束!
しかも両手に抱えきれないほどの白いバラ。


いやはや、やることがジェントルマンですなー


娘と一緒に思わず顔を見合わせてしまい、

「きっと奥さんが誕生日なんだよ」

「いや、もしかしたらお母様にかもよ。だって昼間に家を訪ねてるんだよ。」

「いったい何本あった?」

などと話が盛り上がりました。


何10mか通り過ぎた後も、バラの香りがふわりと追いかけてきて鼻をくすぐります。香りのあるプレゼント、花束って素敵ですよね!小粋なご家族です。


帰ってからバラの花言葉を調べてみました。全般に通じるのは「愛」と「美」。そして、白バラには「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」といった意味があるそうです。

花言葉の意味まで考えてプレゼントされたかは分かりませんが、きっと"尊敬する誰かに愛をこめて"贈られたのだと思います。


私もいつかもらえるよう人間力上げないと!
ありがとうおじ様。休日の散歩で幸せを分けてもらいました。


(ホームページ担当 小林)

白バラの香りと共に のページへ移動する

まつぼっくりで香るクリスマスツリー

こんにちは。
12月に入り10日以上が過ぎました。師走は時が過ぎるのが早いですね。あっという間に年越しを迎えてしまいそうなのに大掃除も何もやってなく焦り気味の奈良岡です。

私は先日、まつぼっくりでクリスマスツリーを作る講習に参加してきました。自分で作ると愛着が湧いてきますし、とっても簡単に作れるのでおすすめです。私はほんのり香りをつけたいと思い、ツリーの裏の見えにくいところに香水をひと吹きしました。


まつぼっくりのクリスマスツリー
【まつぼっくりのクリスマスツリー:私は一番右を作りました】


まつぼっくりのツリーの作り方はこちら↓

1. まつぼっくりに絵具やマニキュアを使って色を付けます。きれいに塗るより、むらがあって松ぼっくりが少し透けてみえた方が味があるかなと思います。)

2. 乾いたら、ビーズやスパンコールを木工用ボンドで貼り付けます。

3. 土台をフエルトや折り紙でデコレーションします。

4. 最後にグルーガンで松ぼっくりと土台をくっつけて完成です。土台とまつぼっくりの境に綿をつけて雪のように見せてもOKです。


まつぼっくりは拾ってきたものをそのまま使っても良いですが、煮沸してから日光に当てて乾かすと消毒もされてきれいになるので良いそうですよ。煮沸した時はかさがしぼんで小さくなりますが、しっかり乾かすときれいにかさが開くそうです。おもしろいですね。

まつぼっくりで香るクリスマスツリー のページへ移動する

旬の味覚みかん、香りも味わうと嬉しい効果?

こんにちは。親戚から新米が届き秋のおいしい収穫に感謝しつつ、健康診断を受けて食べ過ぎに注意しなくてはと日々葛藤している奈良岡です。

この時期の果物といえばみかんですよね。先日、社長の元にみかんが届いたのでお裾分けでいただきました。皮を剥いた時の香りも良く、甘くてジューシーでとってもおいしかったです。


みかん
【ツヤツヤのみかん】


みかんの香りは爽やか且つ温かみがあってどこか懐かしく癒されます。

香り成分は90~93%がリモネンという成分で、下記のような効果があると言われています。
①交感神経を活性化させるので、眠気を覚まして頭がすっきりします。
②免疫力を高めてくれます。

みかんを食べると元気になる気がするのは、この香りのおかげだったのかもしれないですね。食べる時は味だけでなく香りも楽しんで食べるようにすると、体にとってよりプラスに働きそうです。


冬が旬のみかんですが、この香りを春も夏も嗅ぎたいという場合もありますよね。国産みかんの精油(アロマ)も販売されているようなのでいつか試してみたいなと思っています。

元々アロマセラピーはヨーロッパ発祥なので、海外産の精油ばかり販売されていましたが、最近は国産の精油も流行っています。地域特有の植物を精油にしたものが多く、有名なのは青森ヒバや沖縄月桃などです。国産精油の種類が徐々に増えていく中、和歌山県産の温州みかんの精油も作られたようです。自分が日本人だからか、国産精油の香りはなんとなくしっくりと体に染み入る香りに感じています。きっとみかんの精油もすてきな香りなのでしょうね。


〔杉山商店様、おいしいみかんをご馳走様でした。面識がないのでこの場を借りてお礼を言わせていただきます。〕

旬の味覚みかん、香りも味わうと嬉しい効果? のページへ移動する

やらず嫌いはもったいない?!ウォーキングイベントに参加してきました

こんにちは、松本です。
気温が高くなったと思ったら12月並みに冷え込むなど、相変わらず不安定な天気ですね。みなさんは元気にお過ごしですか?私はお腹にくる風邪にかかってしまいまして...。栄養のあるものを食べて、しっかり睡眠をとって、適度な運動をして、とこの季節は特に体調管理に気を付けなくてはいけませんね(><)


運動、といえば先日ウォーキングイベントに参加してきました。

その名も「TOKYOウォーク2017」

東京都、東京スポーツ文化事業団、日本ウォーキング協会が主催するイベントです。年に5回、都内の様々な場所で行われます。都民の健康づくりとスポーツへの興味、関心を喚起するという目的とあって、速さを競って順位がつくような大会ではないので、誰でも気軽に参加できるのが魅力です。第4回大会である今回は、多摩川エリアで行われました。


東京ウォーク1
【スタート地点/下丸子公園】


距離に応じたコース選択制で、私はAコース(22km)を選びました。多摩川河川敷と自由が丘周辺を歩くコースです。当日は生憎の雨で、レインコート+傘という格好で歩きました。22kmを歩くのは人生で初めてなので未知の世界です。


東京ウォーク2
【多摩川河川敷を歩く参加者たち】


私は運動が得意ではなく(たとえば高校生の時は5段階評価で「2」を取ってしまうほど)、自ら運動することはずっと避けてきました。それでも今回この距離にしたのは、最近始めた山登りで少し自信がついたことや、走って息が上がる苦しさがあるわけではないし!と楽観的に考えて、チャレンジしたい気持ちが大きかったからです。


実際歩き始めてみると......

体がぽかぽかと温まってくる感じ、ほどよく汗をかく感じ、それを乾かすように吹く涼しい風、ゆっくりと移ろう景色、これらすべてがとても心地の良いものでした。(晴れていればもっと最高だっただろうな笑)

さらに、完歩した時の達成感は気持ち良く、普段味わうことのできないものでした。


東京ウォーク3
【完歩証Aコース22km/4時間ちょっとかかりました】


今まで何で頑なに運動を避けてきちゃったんだろうと心から思います。

運動に限らず、やらず嫌いはもったいない!何事にもチャレンジ!という精神でこれからも過ごしていきたいです(^^)

やらず嫌いはもったいない?!ウォーキングイベントに参加してきました のページへ移動する

子供にも楽しいハーブの収穫

こんにちは。雨が降り寒い日が続いてますね。我が子は雨が楽しいようで、わざと水たまりに入りピチャピチャと足踏み。内心は洗濯物がまた増えたと思いつつ、子供の遊びにつきあっている奈良岡です。


我が子には色々な経験をさせたいなと思い、私自身も興味があった家庭菜園に挑戦しようと、今年の夏はプランターでミニトマトを育ててみました。しかしやっと実が赤くなったらカラスに食べられてしまい、しかも代わりにカラスが落とし物をしていき掃除をする羽目に。散々な思い出となりました。

そこで実のならないものを・・・ということでハーブを育ててみることにしました。
そろえたのは以下のものです。


  • イタリアンパセリ
  • ローズマリー
  • バジル
  • ディル
  • アップルミント
  • しそ

どれも食することができます。ハーブは香りが強いので、全然虫がつきません♪ 虫嫌いな私でも安心して触れますし、使いたい時に収穫できるので新鮮なものがいただけます。料理では少ししか使わないハーブも、スーパーで買うと結構お値段しますのでお得です。


バジル
【収穫したバジル】


特にバジルは結構使えました!イタリアン料理には欠かせないですね。パスタに入れたりカプレーゼを作りました。我が子も一緒に収穫しているうちにバジルという名前を覚えたようです。しかしまだ2才ではっきりと話せないので「パイルとる?」と聞いてきます(笑) いい匂いのする葉っぱをとるのは楽しいみたいです。


時期が終わってしまったのか、今元気なのはローズマリーとイタリアンパセリの2種類となりました。今後は他の種類のハーブにも挑戦してみたいと思います。

子供にも楽しいハーブの収穫 のページへ移動する

お問い合わせはこちら
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9