香りのブログ(デオドールの庭)

メダカの巣立ち いつもより遅めの外デビュー

例年ならゴールデンウイーク明けに行っていた仔メダカ達の巣立ちですが、今年は出社日数が減った影響もあり、5月の最終週になってしまいました。

先週の金曜日に、真緑色だった水槽から一時的に洗面器に移し準備しておき、週明けの今日、外の水鉢に放流です。


メダカ2020-1


今期は暖冬だったので大分発育がいいようです。網で掬いながら、5ヶ所の水鉢に適当に振り分けて入れていきます。写真を撮ってみましたが、片手なので上手く撮れませんでした。


メダカ2020-2


メダカ2020-3


室内で育ったせいか最初のころは白っぽい体をしていますが、徐々に黒さを増して、先住のメダカ達みたいに見つけにくくなります。

やっぱりヒメダカを買ってきて専用で育ててみようかなと毎年思います。来年は水鉢清掃のサイクルの年なので、それまでに検討したいです。


先日のブログで紹介した、藤の花の手入れ方法です。


輪にした藤のつる


伸びてきたつるを剪定せずに、写真のように輪っかにして秋まで伸ばしたままにします。手の届く範囲だけですが、他の植木に絡みつかないようマメに行いたいと思います。(※参照 - 木下庭園管理様のYouTube)


おまけのハナショウブと今年の稚魚達です。


ハナショウブ(デオドールの庭)


メダカの稚魚2020


松村

メダカの巣立ち いつもより遅めの外デビュー のページへ移動する

藤の花を上手に咲かすヒント ~努力の成果~

新大保にある事務所の庭は、藤の花が満開を迎えとてもいい匂いです。

昨年の花芽は数が少なかったのですが、今年は本当にたくさんの花が咲きました。これも昨年の剪定の努力が実を結んだ結果だと素直に喜んでいます。

庭の藤の花はいずれも大きめの植木鉢なので、植え替えることは困難です。そこで、ネットで検索をして藤の花を上手に咲かすヒントをいただきました。なかでも(有)木下庭園管理様のYouTubeはとても参考になりました。おかげさまで、たくさんの花を咲かすことが出来、この場を借りてお礼申し上げます。

方法は、遡ること昨年の5月末。いつもは伸びてきたつるを剪定していましたが、これを秋まで伸ばしたままにして、葉が落ち始める前に剪定を行いました。合計6鉢の分なので、時間と手間がかかりました。最初は様子見ながらでしたが、慣れてくると結構楽しく作業が出来ました。本当はブログのネタにしようと思っていましたが、なにぶん一人で行っているので、その様子を写真に収められませんでした。今年は忘れずに載せれたらと思います。

この時期、満開の藤の花を見ていると、ここ数か月の自粛モードの憂さが晴れてとても心が和みます。


芽吹きから花の開花まで写真です。
写真ですが、少しでも和んでいただけたらと思います。

fuji-a1.jpg

fuji-a2.jpg

fuji-a3.jpg

fuji-a4.jpg

fuji-b2.jpg

fuji-b3.jpg

fuji-b4.jpg

fuji-c1.jpg

fuji-c2.jpg

fuji-c3.jpg

fuji-c4.jpg

fuji-d1.jpg

fuji-d2.jpg

fuji-e1.jpg

fuji-e2.jpg

今回多くの花を咲かすことが出来ましたが、課題もありました。一部の蕾が開かないまま枯れてしまったのです。今のところ原因はネットで調べても分からないままです。来年に向けて、もう少し勉強したいと思います。リベンジです!

おまけのヒメウツギです。

himeutsugi.jpg


松村

藤の花を上手に咲かすヒント ~努力の成果~ のページへ移動する

デオドールの庭 今年は期待大

新大保にある事務所の庭は、これからの季節が一番華やかです。

玄関脇の枝垂れ桜がきれいに咲いて、花ニラも咲き誇っていますし、花海棠も蕾が膨らみました。

DSCN3411s-.jpg

DSCN3410s-.jpg

DSCN3419s-.jpg


気候的には雨が多く肌寒い日が続いていますが、そんな中、今年はいい感じで藤の蕾が付き始めました。

DSCN3423s-.jpg

ここ数年で一番多く蕾を付けてくれました。これから徐々に咲いて満開を迎える頃が楽しみです。
折角咲いた花を見られるよう、コロナの影響で外出禁止令が出ないことを祈ります。

松村

デオドールの庭 今年は期待大 のページへ移動する

デオドールの庭 そろそろお別れの季節

先日の椿が開花しました。4輪が咲き始め、他にも2輪の蕾が確認できています。開花の喜びもつかの間、この後に悲しいことが起こりました。ヒヨドリに花びらを食べられてしまったのです。咲き切った写真を撮ろうとしたら無残な姿が・・・・

DSCN3368s-.jpg

DSCN3407s-.jpg


緋寒桜が早々に散り、気が付くと小彼岸桜が満開を迎えていました。


DSCN3398s-.jpg

DSCN3404s-.jpg

この小彼岸桜が散るとソメイヨシノがあちらこちらで咲き始めます。今年は暖冬でしたが、3月に入ってからは逆に肌寒い日があるので、昨年同様に長期間ソメイヨシノが楽しめそうです。基本花見には行かないので、通勤電車の中から見える桜を毎年楽しんでいます。

そうなるとあと2週間くらいでしょうか。桜が五分咲き以上になるとメジロが来なくなります。前から気になっていたんですが、ソメイヨシノの花の蜜ってどんな味なんでしょうか?そう思って検索してみたら、ありました。量的には少ないみたいですが、春らしい上品なハチミツだそうです。

最後に珍しく写真が撮れたシジュウカラの写真を載せます。たまに遊びに来てくれてメジロと一緒にいます。きれいな鳴き声なので来るとすぐに分かるんですが、エサになるものがないのかすぐに飛び去ってしまうので、カメラを構える暇もありません。

DSCN3380s-.jpg


松村

デオドールの庭 そろそろお別れの季節 のページへ移動する

デオドールの庭 緋寒桜と椿とボケと・・・

暖冬の影響で足早に開花の準備が進んでいる事務所の庭。毎日見ているつもりでもいつの間にか開花していて、シャッターチャンスを逃している今日この頃です。

前回載せた緋寒桜が僅かながら開花しました。なんとか鳥たちに食べられずに済んだようです。
来年はもう少し花芽を増やしたいので、肥料とかしっかり与えたいと思います。

niwa3283.jpg

今月からはまた庭木のお手入れが本格的に始まります。
緋寒桜もそうですが、これから花芽を付ける他の桜や藤の花などへの肥料やりに、雑草の駆除もあります。室内の観葉植物も何とかしたいのでやることは多々ありますが、仕事の合間に頑張りたいと思います。


1月末のブログに載せた椿ですが、4つだけですが花が咲きそうです。
今年は咲かないかと諦めていたので嬉しいですね。

niwa3287.jpg

葉っぱの色も植え替え前より断然よくなりました。苦労して植え替えた甲斐があります!
並べてみますので比べてみてください。

tsubaki.jpg

椿の木の黄色い葉 これが ↓ 下のように復活です。

niwa3288.jpg

ちょっと前はスイセンや冬バラが咲いていたりもしていたのですが、タイミングあるので全部は載せられません。今は満開のボケの花と蕾の馬酔木、ひっそりと一輪だけ咲いている山茶花、別の鉢の椿です。

niwa3290.jpg ボケ


niwa3291.jpg 馬酔木

niwa3293.jpg 山茶花

niwa3294.jpg 椿

松村

デオドールの庭 緋寒桜と椿とボケと・・・ のページへ移動する

1  2  3  4  5  6  7  8