香りのブログ(デオドールの庭)

デオドールの庭  こんなはずでは・・・

先月のブログで枝が伸びすぎたパキラのことを書きましたが、その後に予定外のことがおきて困っています。

DSCN3896s-.jpg


上の写真のように伸びすぎた枝を切り取り、スッキリさせたまでは良かったのですが、切り落とした枝をコンシンネの支柱代わりにしたのが間違いでした・・・ただ鉢に差しただけなのに、芽が出てきてしまいました。


DSCN3957s-.jpg

DSCN3963s-.jpg

DSCN3971s-.jpg


2つの鉢に差したのですが、両方とも芽が育っています。このまま育てるには差した枝が長すぎてアンバランスですし、適当な長さに切って植え直すか・・・そもそもそういうつもりではなかったので思案中です。コンシンネを昨年増やしたばかりなので、パキラまで増やしてどうするんだと、ここ2週間悩んでいます。


DSCN3962s-.jpg

DSCN3970s-.jpg

DSCN3972s-.jpg


観葉植物は生命力が強いことを改めて認識しました。そういえば、先月植え替えたゴムの木も勢いが良くなって枝が急成長中です。玄関先なので邪魔になる前に何とかしなければなりません。剪定する場合はもう適当に植木鉢に差したりしないよう気を付けます。


おまけ 今年のブドウは豊作みたいです。

DSCN3947s-.jpg

DSCN3949s-.jpg

昨年は生った実が少なかったうえ、早々に鳥に食べられてしまいましたが、今年はたくさん実が生ったので2つほど食べる用にネットで保護しました。残りは鳥用にそのままです。小粒なのに種があるので少し食べづらいですが、味は甘くて濃い味なので秋に実が熟れるのが楽しみです。

松村

デオドールの庭  こんなはずでは・・・ のページへ移動する

デオドールの庭  季節外れの藤の花

梅雨の合間にお庭の手入れをしていたら、何故か藤に花のつぼみが付いていました。
2ヶ月以上前に花を終え、葉と蔓を伸ばしている最中なのですが、小振りながら
しっかりとしたつぼみが二つもなっています。

DSCN3953s-.jpg

二日後には無事開花し始めました。春先よりちょっと色が薄く白っぽい感じでが、香りはとても良かったです。本来なら木の生育の為には切り落とした方が良かったのかも知れませんが・・・

DSCN3954s-.jpg


季節外れのせいなのか、花の盛りは短く3日ほどで花びらを落としてしまいました。


DSCN3955s-.jpg

DSCN3961s-.jpg

おまけ シャンデリアリリーシトロネラとストケシア(和名:ルリギク)

DSCN3936s-.jpg

DSCN3945s-.jpg

松村

デオドールの庭  季節外れの藤の花 のページへ移動する

デオドールの庭  オオシマザクラの挿し木

先月の中旬にオオシマザクラの挿し木を行いました。根詰まりのせいか他に要因があるのか分かりませんが、今年は枝先に花や葉を付けなかったので根元あたりから伸びている脇芽を使い挿し木を試してみることにしました。成功率は素人でも五分五分とあったので、取り敢えずチャレンジです。

DSCN3928s-.jpg
 

DSCN3929s-.jpg


顧問が以前買ったジフィーポットがあったのでそれを使います。こちらは挿し木後、無事に根が張った時にそのまま他の鉢に植えられるから根を傷めずに済みます。そこに赤玉土や鹿沼土の小粒とバーミキュライトを混ぜた用土を入れ、水をたっぷり含ませます。

DSCN3932s-.jpg


挿す枝は太さが3~4mmくらいで、葉に艶のある元気そうなものを選び、10~15cmの長さで切ります。

DSCN3937s-.jpg

DSCN3940s-.jpg


上の写真のように切り口を斜めに切った後、水に1時間から2時間ほど浸けて水揚げします。

DSCN3941s-.jpg


葉の数を1~3枚くらい残して、あとは取り除きます。蒸散を防ぐために葉も半分以上カットしてしまいます。

DSCN3942s-.jpg


切り口の先端を更に鋭角にカットし、発根促進剤をまぶします。

DSCN3944s-.jpg


全部で7つ分挿し木しました。最初の3日間は水を切らさないようこまめに水やりをします。

DSCN3975s-.jpg


1ヶ月が経ちました。7つの内3つはダメになってしまいましたが、残り4つは頑張っています。ちゃんと根付くまで油断はできませんが、気長に見守りたいと思います。

おまけ 悲しい出来事(注意:虫が苦手な方は見ないでください)

DSCN3920s-.jpg

DSCN3927s-.jpg

ふと気づくと山椒の鉢にアゲハの幼虫が3匹いました。このまま成長を楽しみにしていたのですが、いつの間にか全部いなくなってしまいました。どうやらスズメに食べられてしまったようです。山椒の側からすると害虫(?)から守ってくれたのに、愛着のあった幼虫達を思うと複雑な心境です。もしまた見つけたら、防鳥ネットでも張ってみようかと考えています。


松村

デオドールの庭  オオシマザクラの挿し木 のページへ移動する

デオドールの庭  ゴムの木の植替え

この事務所に移ってから9年目の初夏を迎えていますが、ずーっと気になっていた玄関のゴムの木の植え替えを行いました。

DSCN3901s-.jpg


鉢の底から根が2m近く伸び、鉢の周囲にも巻き付いています。

DSCN3903s-.jpg


何とか根や鉢を傷つけずに引き抜こうと10分以上格闘してみましたが、諦めました・・・
そこで、細川さんの手を借りて鉢を壊すことにしました。ハンマーで少しずつ崩して、鉢を取り除きます。


DSCN3905s-.jpg

DSCN3906s-.jpg


新しい鉢に移すにあたって、伸びすぎた余分な根を適当なところで切ります。

DSCN3908s-.jpg


切り口からは白い樹液が出ます。葉や茎、根から出るこの液に素手で触れると、かぶれることもあるそうなので手袋は必須です。

DSCN3909s-.jpg


根を丸めながら新しい鉢に移して、いい感じに納まりました。

DSCN3907s-.jpg


後は用土を入れていきます。観葉植物用の土と赤玉などを適当に混ぜながら木がグラつかないように均等に埋めていきます。

DSCN3910s-.jpg


土を入れ終わりました。この後、水を鉢の底から出るまでたっぷり与えます。

DSCN3913s-.jpg


玄関先に戻して完成です。

DSCN3914s-.jpg


おまけのパキラです。こちらも枝が伸びすぎたので、剪定して整えました。


DSCN3896s-.jpg

DSCN3897s-.jpg


松村

デオドールの庭  ゴムの木の植替え のページへ移動する

メダカの巣立ち いつもより遅めの外デビュー

例年ならゴールデンウイーク明けに行っていた仔メダカ達の巣立ちですが、今年は出社日数が減った影響もあり、5月の最終週になってしまいました。

先週の金曜日に、真緑色だった水槽から一時的に洗面器に移し準備しておき、週明けの今日、外の水鉢に放流です。


メダカ2020-1


今期は暖冬だったので大分発育がいいようです。網で掬いながら、5ヶ所の水鉢に適当に振り分けて入れていきます。写真を撮ってみましたが、片手なので上手く撮れませんでした。


メダカ2020-2


メダカ2020-3


室内で育ったせいか最初のころは白っぽい体をしていますが、徐々に黒さを増して、先住のメダカ達みたいに見つけにくくなります。

やっぱりヒメダカを買ってきて専用で育ててみようかなと毎年思います。来年は水鉢清掃のサイクルの年なので、それまでに検討したいです。


先日のブログで紹介した、藤の花の手入れ方法です。


輪にした藤のつる


伸びてきたつるを剪定せずに、写真のように輪っかにして秋まで伸ばしたままにします。手の届く範囲だけですが、他の植木に絡みつかないようマメに行いたいと思います。(※参照 - 木下庭園管理様のYouTube)


おまけのハナショウブと今年の稚魚達です。


ハナショウブ(デオドールの庭)


メダカの稚魚2020


松村

メダカの巣立ち いつもより遅めの外デビュー のページへ移動する

1  2  3  4  5  6  7  8  9