シックハウス症候群の予防策

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

デオドールが配信する季節のお便り その14

シックハウス症候群の予防策

※画像の下にテキストでも掲載しています。

季節のお便り第15号

~これから気になるシックハウス症候群~

これから初夏にかけて、気温湿度の上昇とともに注意が必要になる「シックハウス症候群」コロナ禍の影響で『おうち時間』が増えたかた、新年度から新しい家にお引越しされた方は特に要注意です。

…シックハウス症候群とは…
近年、住宅の高気密高断熱化に伴い、建材から発生する化学物質や、高湿度によるダニや細菌の発生が原因となり粘膜への刺激症状や倦怠感などの健康被害が起こること。
嗅覚刺激を感じたり、個人差が大きいことが特徴です。

~この時期からできる予防策~

1.まず換気小まめに窓を開ける、24時間換気システムを正しく稼働する等室内の空気を入れ替えるよう心がけることが大切。換気口のお手入れも忘れずに。

2.部屋をきれいにする埃やカビ、ノミやダニの死骸から健康被害が発生します。掃除を小まめに行い、原因物質を除去しましょう。布製品は日光を当てると効果的。

3.できるだけ自然素材の物を選ぶVOC(揮発性有機化合物)の放散量の少ない家具や日用品を選びましょう。防虫剤の使い過ぎに要注意。

シックハウス対策は感染症対策にも繋がります。
しっかり対策をして快適なおうち時間をお過ごしください。

~ホルムアルデヒド低減に~
シックハウス症候群の原因物質でもあるホルムアルデヒドを吸着・分解する「ホルム吸着ビーズ」。交換時期も色でお知らせし、「燃えるゴミ」で廃棄ができるのでとても使いやすいですよ。
(ビーズの色が黄色から赤に変わったら交換時期です。)
ホルム吸着ビーズ ¥1,650(税込価格)
お問い合わせはこちらをクリック

このページのTOPへ