「洋服に優しくアロマを香らせる術」日本デオドールのメールマガジン第十号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.10

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは!

日本デオドールメールマガジン担当の大嶋です。

道を歩いていると、どこからともなくキンモクセイの香りがフワァ~
春の沈丁花、梅雨のクチナシと並んで
街中に季節をもたらす、甘くうっとりする香りです。

30年ほど前に「トイレの芳香剤」として大量に使われて以来
以前は「キンモクセイ」=「トイレ」と認識されることも多かったようですが・・・

最近は「和のアロマ」として人気が高まってるそうです。
デオドールでも「キンモクセイ」の香りビーズを大好評販売中!

玄関先に秋の香りを漂わせてみてはいかがですか?

それでは今月号のラインナップです!


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:衣替えの季節におススメ!洋服に優しくアロマを香らせる術

2:〔デオドールからのお知らせ〕慶應義塾大学三田祭に協賛します!

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:衣替えの季節におススメ!洋服に優しくアロマを香らせる術
---------------------------------------------------------------------------------

10月といえば衣替えの季節!
今年はまだ暑い日が続いているので
衣替えはこれから・・・という方も多いのでは?

衣装ケースから出したばかりの洋服は、なんとな~く独特のニオイがすることが・・・

防虫剤のにおいがすることもありますし
ニオイの出ない防虫剤を使われたとしても、籠った空気のニオイがついてしまうことがあり
「一度洗濯しないと着れない!」という方も少なくないようです。

そんなときにおススメなのが「タンスを優しく香らすアロマ術」です!

用意していただくものは2点

・日本デオドールの香りビーズ
・お茶パック(100均などで販売されているお茶の葉を入れる小袋)

1.お好きな香りのビーズを大匙1杯程度お茶パックに入れる。
2.タンスの引き出しに1~2個入れる。

以上!

ポイントは「ちょっと香りがするかしないか」程度の強さに止めることです。
ですのでビーズの入れすぎは禁物。
タンスの中はちょとした密閉空間になりますので
ほんの少しの香りで充分服を香らせることができます。

ビーズを置く位置はできるだけ端のほうへ。
白いシャツなどのそばに置かれる際は、
念のためビーズの入った袋をハンカチやガーゼで覆うと
万が一ビーズから香料・精油が染み出た際にも安全です。

今の季節ならキンモクセイ、冬はちょっと華やかにローズの香りなど
季節によって香りを変えても素敵ですね。

香りビーズではなく、お手持ちの精油を使いたい!という場合は
脱脂綿に精油を1~2滴垂らし、それをハンカチ・ガーゼにくるんで使用されると
同様の効果が得られますよ。

セーターやシャツに香りをつけるのもよいですが
個人的におすすめなのが「下着入れ」。
香りは温めると強く感じる傾向がありますので
体温によって下着につけた香りがフワ~っと漂います。
服の内側から優しく香りますので、周りの印象も◎。
香水をつけにくい背中からも香りが出せるので一石二鳥ですよ。

是非お試しください!


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:〔デオドールからのお知らせ〕慶應義塾大学三田祭に協賛します!
---------------------------------------------------------------------------------

このたび日本デオドールでは11月21日(木)~24日(日)に行われます
慶應義塾大学三田キャンパス学園祭「三田祭」に協賛させていただくことになりました!

当日行われます「福引」の景品として、
弊社商品「ティフラ」を使用していただくことになりました。

お近くの方は是非足をお運びください。
私も将来わが子の母校になる(あくまで願望)大学の下見に行ってまいります!


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

香水好きだったのですが、小さい子供がいるのでなかなか香りの強い香水が使えず。
でも少しは香りで楽しみたいな、と思い「下着を香らせる」ことを思いつきました。

ちょっと華やかかな~と思う香りのほうが、意外と良い気分になりますよ。
ちなみに私は「白梅」を使用しています。
ちょっと走ったりして汗をかいたとき、フワ~と香るのが嬉しいです。

それではまた次回!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(2013.10.17配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.9  メルマガNo.10  メルマガNo.11

このページのTOPへ