「新居のニオイチェック!」日本デオドールのメールマガジン第三号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.3

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは!

日本デオドールメールマガジン担当の大嶋です。

いよいよ3月!
春一番も吹き、少しずつですが春の気配が感じられますね。

こうなってくると気になるのが花粉。
今年は例年より多いそうですねぇ・・・

今月下旬には桜の開花も始まります。
お花見の予定をそろそろ立てないと!

そして今月29日には大好きなプロ野球も開幕します~♪
おっとその前にWBCだ!

それでは今月のラインナップです!

- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:新生活に向けて~新居のニオイチェック!

2:〔デオドールからのお知らせ〕臭気調査サービスのご紹介

3:編集後記


……………………………………………………………………………………

 ◆ 1:新生活に向けて~新居のニオイチェック!

------------------------------------------------------------------

もうすぐ新年度!
新生活に向けて、3月は引っ越しする方が一番多い月でもあります。

そこで今回は、引っ越した後から「こんなはずじゃなかった!」とならないよう
新居を選ぶ際にココをチェックするのがおススメ!というポイントをご紹介します。

Point1:新居選びは暖かい日に

ペット可な物件は勿論ですが、不可の物件でもこっそり飼っている方もいらっしゃいます。
例え前入居者がこっそりペットを飼っていても、キレイに清掃されるとわからないこともあります。

今の季節はまだ気温が低いので臭いが分かりづらいのですが
夏場になり気温が高くなると部屋のアチコチから動物臭が・・・
なんてこともよく耳にします。

そこで新居選びは極力暖かい日、しかも気温が高くなる14時前後に行うのがおススメです。
手順としては

  1. 各部屋ごとに臭いを確認
  2. 扉の下(特に角)の臭いをチェック
  3. 壁の幅木と床の境目あたりの臭いを確認

2,3は当社の経験上、ペットの尿や体臭が付着している確率が高い場所です。

Point2:排水口のチェック

マンションなどで多いのが「排水口から下水臭が上がってくる」というトラブルです。

下水管の清掃が行われていない、ということもありますが
意外と多いのが「トラップの不具合」です。

排水口には下水管の臭いが直接上がってこないための「トラップ」がついていますが
トラップがうまくはまっていなかったり、
ゴミ受けトラップがなかったりすることもよくあります。
(ちなみに我が家もそうでした・・・)

特にキッチンは要チェック!です。

Point3:壁の中の臭いチェック

どこから臭うのかわからないけど、なんとなくカビくさい・・・
というトラブル、よくあります。

部屋の中を見ても原因がわからない場合は壁の中を確認しましょう。
といっても壁を壊して・・・というわけではありません。

コンセントや照明のスイッチのカバーを外すと壁の中の臭いが確認できます!
(できないタイプもあります)
比較的新しい物件であればできるはずなので、是非試してみてください。

以上3点、おそらく不動産屋さんには怪しい目で見られるとは思いますが・・・
快適な新生活のためにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


……………………………………………………………………………………………

 ◆ 2:〔デオドールからのお知らせ〕臭気調査サービスのご紹介

----------------------------------------------------------------------

日本デオドールでは国家資格「臭気判定士」の資格をもつ社員による
「臭気調査」サービスを行っております!

ご家庭やオフィス、大きいところでは商業施設や病院まで

「何のにおいかわからないけど、どこからともなく臭いがする」

「ある時間になると下水臭が漂ってくる」

などなど臭いトラブルが発生している現場に伺い
臭いの発生源の特定や対策のご提案を致しております。

最近は住宅の気密化に伴い、一般のご家庭からのお問い合わせも増えています。
もし気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください!


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

「臭気調査」と一言で言ってもその内容は千差万別
動物臭からカビ臭、有機溶剤臭と臭いの種類は勿論
建物の構造の問題だったりご近所トラブルだったり、裁判沙汰だったり

実際に調査に伺うこともありますが
お電話で内容をお伺いしてアドバイスさせていただいたらそれで解決した!
という例もよくあります。

お電話でのご相談は無料で承っておりますので
お気軽にお電話ください。
またメールでの相談も随時承っております。

皆さまにとって、身近な臭い相談所になれれば幸いです

それではまた次回!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(2013.3.8配信)

■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.2  メルマガNo.3  メルマガNo.4

このページのTOPへ