天然香料は何がいいの? 日本デオドールのメールマガジン第15号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.15

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

日本デオドールメールマガジン担当の大嶋です。

ただいま絶賛花粉症でございます。
「今年は花粉が少ない」との甘い情報に安心しきっていた結果
目が結膜炎寸前という残念な事態に・・・

医学的根拠はありませんが、なんとなく年によって症状が強く出る場所が変わりませんか?
今年はどうも目に強く反応が出るタイプな気がします。
私の周囲の人でも同意見の人が多いのですが、皆様はいかがですか?

それでは今月のラインナップです!


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:天然香料と合成香料のメリット・デメリット・~天然香料編~

2:消臭DRYスプレーがリニューアルします!

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:天然香料と合成香料のメリット・デメリット・~天然香料編~
---------------------------------------------------------------------------------

先日知人から
「天然香料と植物精油とエッセンシャルオイルってどう違うの?」
「天然のほうが安全なの?合成は良くないの?」
との質問を受けました。

以前、同様の質問をお客様よりいただいたこともありましたので
今回と次回は「香料」について書きたいと思います。


香料は大きく分けて「天然香料」、「合成香料」、そして天然香料と合成香料を
調合して作った「調合香料」の3つに分かれます。
天然香料とは動植物から抽出・圧搾などをして得た精油や樹脂。
合成香料は石油などから合成された化合物になります。

天然香料のほとんどは植物由来のもので、
中でも植物から抽出された精油を植物精油と言います。
(ちなみにエッセンシャルオイルは植物精油を英語に言い換えたものです)

動物由来のものですと有名なものはジャコウジカから得られる「ムスク」がありますが
近年では動物保護の観点からほとんどは合成品を使用しているそうです。
その他チキンや鰹節、エビなどの抽出物が動物性天然香料として使用されています。


天然香料のメリットといえばズバリ「香りの良さ」だと思います。
自然が生み出した複雑な香りは本当に素晴らしい。
日頃天然と合成の両方を扱うことが多いですが、やはり天然の香りは違うな~と感じます。


対してデメリット。
とにかく「不安定」なことです。
同じ植物でも産地によって香りが全く異なることがありますし
また同じ産地でも年(気候)によって香りが変わってしまいます。

悪天候により収穫量が減ると、突然価格が高騰することも珍しくありません。

このメーカーのこの精油が好き!とお気に入りの香りを見つけても
また来年、同じものを手に入れることができる保障がありません。

そのため商品に利用するため安定的に仕入れることが必要な場合
天然香料を使用するとリスクが大きくなるのが悩ましいところです。


長くなってきましたので今回はこの辺で。
合成香料と安全についてはまた次回にお届けします!


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:消臭DRYスプレーがリニューアルします!
---------------------------------------------------------------------------------

長年皆様にご愛顧いただいておりました「消臭DRYスプレー」ですが
今年の4月よりリニューアルすることが決定しました!!

これまで「このスプレーはどんな時に使えばいいの?」
とのお声をいただくことが多かったことから
「いつ」「どんなにおいの消臭に」など用途に合わせてお選びいただけるよう
より分かり易い商品名に変わりました。

またパッケージデザインも一新、インテリアに溶け込むシンプルなデザインになりました。

現行品のお取扱いは今月末日までとなり、
リニューアル商品は4月中旬発売を予定しております。

商品発売まで今しばらくお待ちくださいませ!


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

最近100円ショップにすっかりはまってしまいまして・・・。
本当は今月のテーマを「100均素材で作るアロマグッズ!」にしようと考えていたのですが
残念ながらそこまでアイデアが浮かばず。

アイデアが溜まり次第、このテーマを発表したいと思います。

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2014.3.24配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.14  メルマガNo.15  メルマガNo.16

このページのTOPへ