日本酒に含まれる香りについて/メールマガジン第34号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.34

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!

今月は大嶋に代わりまして、
ホームページ担当の小林がお送りいたします。

過ごしやすい秋晴れが続いていますね。
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・
皆様はどの秋を満喫していますか?

先日、頂きものの玄米を土鍋で焚いたところ、これがとてもうまい!!
噛むほどに味わいが増して、おかずなしで何杯もいけそうです。
食べ過ぎに気をつけないと。

それでは今月のラインナップです!


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:~日本酒の香り~ お馴染みのあんなにおいも

2:HOSPEX Japan2015 出展のお知らせ

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:~日本酒の香り~ お馴染みのあんなにおいも
---------------------------------------------------------------------------------

10月1日は日本酒の日。
この季節になるとビールより日本酒や焼酎を飲みたくなりませんか?

和食ブームのせいか日本酒が世界で注目されるようになり、
今年6月には日本酒のブランド力を高めるために、
『国産米や国内の水を使って国内で醸造された清酒だけを「日本酒」
として販売できるようにする方針』が国税庁から発表されています。

そんな日本酒の「香り」についてご紹介したいと思います。

日本酒(清酒)は料理に使われるものも含めて色々ありますが、
中でも原料や製造方法にこだわったお酒は特定名称酒に分類され、
本醸造酒、純米酒、吟醸酒に分けることができます。

この中で香り高いと言われているのが「吟醸酒」
4割以上精白した白米を原料に用い、5~10度の低温で長期間発酵させて作られます。
味は淡麗辛口なタイプが多いようです。

主な香り成分は、バナナのような香りの酢酸イソアミル
リンゴのような香りのカプロン酸エチル
また、バラの香りを象徴するβ-フェニルエチルアルコールなども含まれています。
いずれも酵母が発酵中に生成する香りです。

一方、お酒に含まれる不快な香りはオフフレーバーと呼ばれ、
清酒の貯蔵・流通過程で生じる酸化・劣化の他、
酵母が発酵中に生成されるものもあります。
メチルメルカプタン、イソ吉草酸、イソバレルアルデヒドなど
環境分野でも特定悪臭物質として指定されている成分が確認されており、
何だか身近に感じてしまいます。

さて、香りが良いなら吟醸酒を飲もう!と思った方、
本醸造酒、純米酒で使う白米は、吟醸酒で使うものより精白されておらず
脂質やミネラル、ビタミンがより多く含まれています。
そのため、甘さや旨味は一般的にこちらの方が強いと言われているんですよ。
特にお酒好きの方にはおすすめです。

香りをとるか味をとるか・・・
どちらにせよ、これからの季節ゆっくりとお酒を楽しんでみたいですね。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:HOSPEX Japan2015 出展のお知らせ
---------------------------------------------------------------------------------

このたび当社は、HOSPEX Japan2015に出展することになりました。

医療機器や病院、福祉設備機器が一堂に集う専門展示会にて、
介護中のにおい問題に焦点をあて、
ご本人やご家族も笑顔になるような消臭の提案をしたいと考えています。

事前に来場登録すると無料で入場できます。
(当社でも展示会入場券をお配りしていますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。)

名 称:HOSPEX Japan 2015
会 期:2015年11月25日(水)~27日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場:東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)東展示棟(4, 5, 6ホール)
主 催:一般社団法人 日本医療福祉設備協会/一般社団法人 日本能率協会
入場料:¥3,000(税込)
※ただし、展示会入場登録カード、事前登録証持参者および学会参加者は無料

■日本デオドールのブース番号は 5ホール104(5H-104)になります。

 

- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

お酒の香りを楽しむにはワイングラスがおすすめと聞き、
早速自宅で試してみました。(香りが溜まりやすい形なんだとか)

用意したのは紫芋を100%使用した焼酎。
普通の焼酎よりも香り豊かと言われている季節限定品です。

お湯割りしたものをワイングラスとワンカップの空コップへ注ぎ、
飲み比べてみました。

確かに!!

どちらも紫芋特有の甘い香りを感じますが、
ワイングラスの方が香りに奥行きがあり、鼻孔に優しく広がります。
マロングラッセを思わせる、より贅沢な香りでした。
幸せ・・・

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(2015.10.27配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.33  メルマガNo.34  メルマガNo.35

このページのTOPへ