白梅の甘い香りの正体は?/メールマガジン第50号

サイトマップ
日本デオドール株式会社
においや消臭に関する問い合わせ

臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

    臭気判定士がお届け!においと香りの豆知識 No.50

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


こんにちは!
メールマガジン担当の大嶋です。

早いものでこのメルマガも今号でなんと50号目!
始めた当初、100号までは続けたいな~と思いましたが、もう折り返し地点。
せっかくなので目標を200号にしたいと思います。

これもひとえに支えてくださる皆様のおかげです。

これからも少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できるよう努めたいと思います。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

それでは今月のラインナップです。


- * - * - * - * - INDEX - * - * - * - * - * -

1:梅の花の香りの正体は?

2:期間限定「梅の香り」発売中!

3:編集後記


……………………………………………………………………………………………………
◆ 1:梅の花の香りの正体は?
---------------------------------------------------------------------------------

2月になりました!
まだまだ寒さが厳しいですが、そんな時期に楽しめる花といえば梅です。
花言葉通り、上品な佇まいがなんとも美しいですよね。

ただ梅の香りというと梅ガムの香りを連想する方が意外と多いそうですが、
あれは梅の実から発する香りを再現したもので、実際の梅の花の香りとは全く異なります。

梅の花の香り(特に白梅)の主成分は「酢酸ベンジル」という甘い香りの化合物です。
甘い香り・・・といっても、バニラのような香りなのか?
それとも、はちみつみたいな香りなのか?
いまいちピンとこない方も多いかと思います。

酢酸ベンジルは「ジャスミン」や「クチナシ」「イランイラン」などの香りの成分であり
精神を高揚させ、多幸感をもたらす効能が期待できるとも言われています。
また、シタバチ類のオスを誘引するフェロモンの一つともされています。
ジャスミンやクチナシの花の香りを嗅いだことがある人は、
なんとなく想像がつきやすいのではないでしょうか。

梅とジャスミンとクチナシは同じ「酢酸ベンジル」を含む香りではありますが
梅の花の香りは、ジャスミンのような色気のある甘さとは違いますし、
クチナシのように離れた場所まで届く強い甘ったるさもありません。
「気品があり、儚げだけど優しい、甘く柔らかな香り」という表現が
一番近いように私は思います。

ちょうどこれからの時期、各地で梅まつりが開催されますので、
是非足を運ばれて、実際の梅の香りはどんなものなのか
堪能されてみてはいかがでしょうか。
都内ですと、梅の名所で有名な湯島天神の梅まつりが
2月8日~3月8日まで開催されていますよ。


……………………………………………………………………………………………………
◆ 2:期間限定「梅の香り」発売中!
---------------------------------------------------------------------------------

素敵な香りの梅の花ですが、実は精油の採取が非常に難しいとされており
なかなか自宅で気軽に香りを楽しむことができませんでした。
が、手前味噌で恐縮ですが数年前に弊社では努力の結果、
この香りの再現に成功し「白梅」の香りとして販売することができました。

そしてちょうど今、期間限定商品として森のカプセル「梅の香り」を販売しています!
こちらはもう一つの梅「金沢の香り」をベースに、柑橘系の精油もブレンド、
よりフルーティで成熟したオリエンタルな梅の香りとなっております。

忙しくて実際の梅の香りを嗅ぎにいけない方、
病気治療中で外出できない方、
ご自宅でも香りを楽しみたい方に是非オススメです。

楽天ショップ限定、数量限定になりますので、
お早目にチェックしていただけると嬉しいです。

こちらの商品は販売を終了いたしました。ご愛用ありがとうございました。


- * - * - * - * - 編集後記 - * - * - * - * - * -

先日、人生初めてバリウム検査をしました!
年齢的にはもうとっくに経験していていい歳ではありますが、
出産やらなんやらを理由にいままで未経験でした。

周囲から「まずい」だの「ゲップを抑えるのがつらい」だの
散々聞いていたので戦々恐々としておりましたが
個人的には普通に美味しく飲むことができましたし、ゲップも特に出ませんでした。

が・・・台に寝転んでグルグル回ることになるとは知らなかったので、
そちらが正直衝撃でした。
また担当の技師さんが結構スパルタと言いますか、
「違う!もっと横!」とスポ根のような口調で責め立てられてしまい
こんな厳しい検査だったとは。。。とビックリしました。

何事も経験ですね。

それではまた来月!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(2017.2.9配信)


■掲載記事を許可なく使用することを禁じます。(免責事項の著作権を参照のこと)

メールマガジンをご希望の方は
メールマガジン配信をご希望のお客様は、氏名(必須)、会社名・部署名(任意)をご記載の上 magazine@deodor.co.jp までご連絡くださいませ。

メルマガNo.49  メルマガNo.50  メルマガNo.51

このページのTOPへ